今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

昨日は節分。

我が家の豆まきはとっても楽しい。

ボ  ス:鬼は外(バサッ)
     じゃっ いくよっ
     みんな並んで スワレ
     ダイゴ 前に出すぎだぞ

     福は内(バサッ)

090203-1.jpg

去年の豆まきもこんな感じ。

090203-2.jpg

いつもイチロに負けてるダイゴも今日は違うよ。

090203-3.jpg



090203-4.jpg

ダイゴは急ぐあまり拾い残しが多い。
それをくまなく拾って食べるイチロ。
やはりポンだね…

ダ○ソンの吸引力より勝ったか

           ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

またしばらくご無沙汰してしまいました
それはね…

土曜の早朝4時。
目が覚めた。
「明いた」のではなく「覚めた」のだ。

ん…
いっ
いったたたたっ

急いでトイレに駆け込んだがカラブリ。
下痢ではなかったのだ。

また布団にもぐりこむが眠れない。
どうしようもないほど痛む腹痛のせいで。
その後も何度かトイレにいってはみるがうんともすんともなく、ただただ腹痛が続く。
あんかを引っ張り出してきてお腹を温めても変化なし。
そのまま朝日が昇った。

朝の散歩へも行けないぽぺこはボスを起こし、散歩を頼んだ。
で、病院へ連れてってもらうことに。

ぽぺこの担当医は「診察日でなくても何かあったらすぐに来なさい」
といつも言っているので窓口で頼んでみたら担当医がすぐに来てくれた。

診察室に入り、事情を説明。

担当医:そういえばさぁ
     以前もあったよね、こんなこと
ぽぺこ:えっ
     先生覚えてるの?
担当医:覚えてるよっ
      すっごい顔色でやってきたのを覚えてるよ
      いつだったけ
ぽぺこ:えっと いたたたっ
     3、4年前だったと思うよ
担当医:あっ あったあった
      そのときと同じ感じかな?

今から3年半前、治療中に急性胃腸炎で胃痙攣をおこし入院をした。
担当患者なんて数え切れないほどいるんだろうけど、覚えてるものなんだね。
すごくビックリ。

今回は熱も37度台で吐き気はなく、前回よりはゆるい感じ。

担当医:どう?
      点滴は効いたかな
ぽぺこ:うっ うん
担当医:じゃ、入院は…
ぽぺこ:大丈夫そうだから帰る
担当医:あっはっは~
      言うと思ったよ
      ちゃんと当直の先生に話しておくから急変したら来なさいよっ
ぽぺこ:は~い

本当はあんまり点滴が効いていなかったんだけど、入院だけはイヤだ。
処方してもらった頓服薬を限界3回までのみ、とにかく寝た。
翌朝にはだいぶ良くなってきたが胃痛は続きゲンナリ…

で、やっと昨晩から普通にご飯を食べれるようになったのよ。
いやねぇ、
年末から続いてた咳、検査をしたら肺炎だったとわかったのがつい最近でしょ。
で、今度は胃炎。
ぽぺこの厄年、ハンパないわよ

じゃ、復活を祝って
ポチッと↓一押しお願いします。

テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記