今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

「ホンモンのバイク乗りはなぁ
 寒ーい冬に走り回るんだよっ」
と豪語していたボス。

それがさっ、年末くらいだったかなぁ
ぱったり乗らなくなった。
が、あまり気にも留めていなかった。

春になって久しぶりにエンジンかけてるかと思ったら
そのままフラリ旅をすることもなく、
ぽぺこに何も言わなかった。

んん?
なんか怪しい。

ぽぺこ:バイクで出かけないの?
ボ  ス:うっ うん
     忙しいしさっ
ぽぺこ:ふ~ん
ボ  ス:やることいっぱいあるしさっ
ぽぺこ:で?
ボ  ス:実は調子悪いんだ…

修理に出せばいいのに、近所にハー○ーをみてくれるお店を見つけたといい、
そのお店に通ってみたり。

そのお店のおじさんがとっても無愛想。
「個人とはかかわりたくない」と言われたがめげないボス。
犬の散歩ついでにまた顔を出した。

そしたらおじさんの態度がガラリ180度変わった。

ダイゴだ。
おじさんは犬が好きなんだそうで、ダイゴが気に入ったらしい。
だから
「これからは気軽に遊びにこいよ」
と言われたそうな。

でも、バイクは重症でそのお店まで乗っていくことができない。
事情を話し、部品をわけてもらうが、
もともといじることをしないボスでは直るはずがない。

で、レッカーの登場。
都内にあるいつものお店まで運んでもらった。

はぁっ…

で、昨日ボスは朝からソワソワ。
何事かと思ったら愛し恋しいバイクが帰ってくるとのこと。
バイクが戻ったら取引先まで行ってくると張り切っていた。

電話が鳴った。
レッカーの方が道が細すぎて通れないから近くのコンビにまできて欲しいとのこと。
ウカレポンチボスはオケツフリフリ出かけた。

出かけた途端
  ポツンッ
  ポツンッ

ボスがバイクを引き取ったとき
  ポツポツッ…

バイクにまたがり家に向かって出発
  ザーーーーーーーーーーーッ

このタイミングのよさ
どんだけ雨オトコなんだよっ

090728-1.jpg

もうボスの我慢は限界に達したらしく、今日は仕事が手につかず、
空を眺めては、ネットで天気予報を見て、
外に出て雨の降り具合を確認。

昼過ぎにポツポツの雨になったのを機に出かけることを決意。
どうせボスが走り出せば降り出すだろうに…

  アーメン

テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記
この前までボスが
「ダイゴに大きなぬいぐるみを買ってあげたい」
と言っていた。

以前、スヌーピーとミニーのぬいぐるみがあったんだけど、
チクチク噛みのイチロが切り傷を負わせ、
その傷口からダイゴが綿をピヨョョョ~ン。
度重なる手術を施したが、葬ることになった。

ダイゴは大きなぬいぐるみが好きで、
何かにつけてくわえてくるんだけど、
ぬいぐるみ自体が重いから頭フリフリよちよち歩きになってかわいかった。

大きなぬいぐるみをゲットするためにUFOキャッチャーに挑むが、
お札がヒラヒラ~ヒラヒラ…

で、アドベンチャーワールドのお土産コーナーでボスの目がキラリッ
パンダのぬいぐるみが山積みになっていた。
残り時間10分の中でボスはダイゴのために購入。

090727-1.jpg

クーラーが効いてて寒かったときにちょこっとパンダを抱えていたら
ダイゴがパンダのオケツを噛みながらジリジリ引き寄せ、ぽぺこをチラ見。
「オレのものだもん」
ってな感じのケチっぷり。

いつまで白黒パンダでいるんだろうね

さて、今回の大阪&和歌山行きで一番気がかりだったことといえば、
ぽぺこが丹精こめて育てていた
  ゴ吉&ヤ吉&きゅう太郎&トマ子

そのまま帰宅したボスに彼らをたくした。
きゅう太郎は上から4/5程枯れてしまい、それでも水撒きをしてくれと頼んだ。
ゴ吉とヤ吉は無事。

ヤ吉1号もすくすくと育ち、ぽぺこが戻ってから収穫。

090722g-1.jpg


090722g-2.jpg

まっ、小さかったけど食べれるまで成長してくれてよかったよ。

このままでは今回のゴーヤセットの元がとれない…
なんてぼやいていたら

090722g-3.jpg

ゴ吉にも1号が

それにね、
枯れてしまった4/5を切り取って小さくなってしまったきゅう太郎もまた成長を始め、

090722g-4.jpg

きゅう太郎3号も見つけっちゃった

090722g-5.jpg

トマ子にも双子が2組いるのを確認。

まだまだ諦めないで頑張るわよっ
でなきゃ、ゴーヤもきゅうりもスーパーで買ったほうが全然安いんだもん


テーマ:はいキタ━━━(゜∀°)━━━!!!!!!!!!!! - ジャンル:日記
ぽぺこ、これまた勘違いをしていた。
HPで見てみるとパンダ舎は円形ドームになったいた。
だからてっきり見る側も屋内だろうと思ってたんだよね。
それがさっ…
屋根はついているものの風も通らないどうしようもない蒸し暑さ。
パンダ舎にはり付くこと45分。
限界だね

まっ、そんなこともあってサファリワールド1周のバスに乗り込んだ。
だってクーラー効いてるんだもん

アナウンスに言われるがまま、その方向を見るが、
案の定、動物たちは日陰にこもり動こうとしない。
 「そうよね、この暑さだもんっ
  覚悟はしてたわよっ」

ボ  ス:おいっ ぽぺっ
ぽぺこ:けっ 
ボ  ス:あっちあっち
ぽぺこ:なによっ 暑いんだから休ませてっ
ボ  ス:イチロだっ
ぽぺこ:はぁ?

090722z-1.jpg

ボ  ス:イチロもどきが水飲んでるじゃん
ぽぺこ:イチロなら浸かってるよ…
ボ  ス:そっか…

ボ  ス:今度こそイチロだっ
ぽぺこ:けっ どれどれ

090722z-2.jpg

ぽぺこ:ふむふむ
     これならイチロかも
ボ  ス:なっ だろっ
     あっ あーーーーーっ
ぽぺこ:だーーーっ
     なんなのよっ

090722z-3.jpg

このオスワリしているクマは前方から飼育員が餌を投げているので
口でキャッチしてるのよ。
3匹行儀よく並んでね。

ウチのバカトリオはクマに負けてるのか…

そんなこんなでグデグデのサファリワールドを見終え、
ボス父母はイルカショーへ行くとのこと。
ぽぺこはどうしても仔パンダの動画が欲しい
「じゃ、席をとっててあげるからみてきていいわよ」
っとボス母。
その言葉を聞くか聞かないかのウチにパンダ舎へGO
だって、 ミルクタイム の時間なんだもん

今度こそ仔パンダ動画を。
きっとみんなコレを待っているんだもん。
ティンクのママンに偵察してこいって言われたもん。

汗をかききって流れる汗がないほど。
パンダ舎へつくとロープが張られていた。
ミルクタイムは前方が子供ゾーン。
真ん中と後ろは大人ゾーン。

なんで子供だけが特別扱いなんだよっ

お姉さんに「座って見ましょう」って言われたって無視。
ピーピーギャーギャー騒ぎ立てて動き回るし
よっぽどチビぽぺこの方がオリコウサンに見ていられるのに
親も何も注意しないしさっ。

けっ
上等じゃんっ
だったらぽぺこだって
      スルスルスルーッ

ちょっと出遅れて真ん中ゾーンに入れなかったぽぺこだが、
小ささを武器に真ん中ゾーンに侵入成功

まだ?
まだなの??
まだかよっ!!

待つこと20分。
ミルクの匂いに反応したのか、腹時計が正確なのか、
仔パンダがヨチヨチ動き出した。
出入り口に座り込んだのよ。










かわいかったぁ
ほんとっ かわいかったぁ

さてっ
残り時間はわずかだけど、この調子で仔パンダちゃんたち…

090722p-4.jpg

また座り込みかよ

笹を渡されたがポイッ
で、このまま。
終始このまま。

横のパンダ舎にいた2年先輩の双子パンダさん。
2匹でじゃれあったりしてかわいいしぐさも見せてくれたが、
ご飯を食べ終わると

090722p-5.jpg

コレ
本物のパンダ?
きぐるみ着たおっちゃんじゃないのかぁ…

ま、こんなパンダさんもかわいい

かれこれ1時間費やしてしまい、急いで父母の待つイルカショー会場へ。
もう暑さで気が朦朧。

白くまやアザラシのいる海獣館へ。
クーラーが効いてるだろうプール付きの部屋で白くまがヘタっていた。
悪臭が鼻につき断念。

フッギャーーーーーーッ
駅行きのバスは出ちゃったし、
タクシー乗るにしても残り10分じゃん。
パンダグッズの楽園だったのに…

もう精根尽き果てたぽぺこは駄々をこねることもなくタクシーに乗り込み撃沈…

教訓:クーラー完備でも夏の動物園はNGです

わかってますよね…
身をもって体験しなくても…


テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記
行ってきましたぁ
      オーサカッ

          090722o-1.jpg

ボス弟のお店には夕方集合だったので、
ボスと2人で大阪観光へ。

って言っても暑いのなんのって
普段、犬とクーラーの効いた部屋にヒッキーぽぺこには耐え難い。
なんとか通天閣の『ビリケン』へは会いに行ったものの…
その後はホテルへ直行。

ぽぺこね、勘違いだらけ。
『ビリケン』って『゜』で『PIRIKEN』だと思い込んでいたら、
『゛』の『BIRIKEN』なのよね。
大声で言わなくてよかったよ。
それにビリケンさんのたっぷりとしたお腹にご利益があるもんだと思い込んでいたら、
足の裏なんだってね。
穴が掘れてたよっ。

なんか足の裏ってご利益なさそうなんだけど…

一緒に写真を撮ろうと思ったら電池切れ。
まっ、カメラを忘れなかっただけましよねっ。
パンダさえ撮影できればいいのよっ。

ボスはまだフラフラしてくると言い、ぽぺこはちゃっちゃと部屋へ。
6時には部屋をでなきゃなのにボスが戻ってこない。
もしかして自分だけ先に行ったのか?
電話してみると裏道へ迷い込みホテルへ戻れなくなって、
コンビニで地図を見てるんだってさ。
ってな訳で遅刻。

まぁね、ぽぺこのせいじゃないからいいわよ。

大阪ファミリーと食事をし、
嫁さんの父が「もう一軒」と言い出し、繁華街へと…
でもね、帰りたかったぁ。
酒好きぽぺこだが、パンダだけは譲れない。
それにさっ、
ボス母が「明日の和歌山は滞在時間2時間半しかないからねっ」って言うんだもん。
「いいわよね」って言われて「イヤだっ」なんて言ったって滞在時間は延びないし…
どうしたら効率よくアドベンチャーワールドを満喫できるか、
それしか頭にないのよ。
どんなに考えたって無理なんだけどね

嫁父の前で大きなアクビをし、帰りたい度をアピール。
何度も、何度も。
が、無視された…

やっと解放され、ホテルに着いたらHPでチェックしようと思ったのに、
睡魔に負けた…

翌朝、天気予報がはずれ、雨は降らず。
なんだよっ、折りたたみ傘まで用意してきたのにさ。
反対に日焼け止めやボディシートを忘れたんだよ、ぽぺこは。
あーぁ…

なんて凹んでらんないわよね

パンダ  パンダッ  パンダァ

特急電車に乗り込みソワソワ。
ボスに話しかけられても上の空。
ぽぺこに相手にされないボスが何やらゴソゴソ…
前日の通天閣でもらったパンフレットに紙工作が付いていた。
通天閣の貯金箱。

090722o-2.jpg

ボスったら図体がでかくて手もでかい。
細かい作業がヘタクソで見てらんないわよっ。
結局ぽぺこが完成させた。

白浜駅に到着と同時に貯金箱とはサヨナラ。
バスに乗って移動なんだけど、なかなか出発しないバスにイライラ。
やっとアドベンチャーワールドに着き、ぽぺこはボスと父母をおいて猛ダッシュさっ

愛おし、恋しのパンダちゃ~ん

090722p-1.jpg

へっ
お昼寝タイムなの

動画で見ると、キャッキャキャッキャとはしゃいでんじゃん…
なぁに このグズグズ感漂うパンダ舎…

たった2時間半の滞在時間、
30分仔パンダにはり付いていたが動かず。

090722p-2.jpg

伸びかよっ。

サファリワールド行きの車の出発時間が迫り、
泣く泣くボスたちの乗ってるバスへ…

パンダーーーーーーーッ


                                       次回へ続く

テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記
090711-1.jpg

ジャーン
立派なキュウリでしょ。
これは、キュウリ2号。

実は数日前にキュウリ1号は収穫して食べちゃった。
初物でウカレ過ぎたんだなぁ。
写真撮るのを忘れてた。

で、2号はちゃんと収穫前にと思ってね。
花が落ちるのをずっと待ってた。

090711-2.jpg

そしたらさっ
待ちすぎたんだかね…
毎朝チェックして花が落ちたことを確認し、収穫。
で、いざ食べようと思ったらイチロに齧られ、
プリプリ怒りながらぽぺこも一口っと思ったら、
もう中は種が存在してた

けっ

さてと本題のゴーヤ。
『ゴ吉』と『ヤ吉』と命名した2本のゴーヤ。
花は咲くけどゴーヤらしきものが何も見当たらず、
今年も失敗か…
とふて腐れ気味だったが。

なっ、なんとヤ吉に実がついた

090711-3.jpg

今年の目標は『ゴーヤトンネル』

090711-4.jpg

トンネルを通ったらゴーヤが頭にゴツゴツあたるような感じね。
この調子でどんどこツルが伸びてくれればいいなっ。


って、こんなに成長を楽しみにしていたぽぺこ。
大ピンチなのよ

ボス父母から「一緒に大阪へ行こう」と誘われた。
ボス弟のお店でご飯を食べようって。
1泊2日の旅で、前もってぽぺこの実家に犬を預けに行かなきゃだしさ。

「このままじゃゴ吉とヤ吉の運命は…」

ちょっと凹み気味だったぽぺこ。
でもね、でもね、でもね
ボス母が
「2日目は和歌山までパンダを見にいこうね」
って

ヤッターーーーーッ

パンダとゴーヤを天秤にかけたら当然パンダの勝ちでしょ。
だってまだまだコロッコロのムニュムニュの双子仔パンダなんだもん。
暑さなんかに負けてらんないわよっ。
サファリパークもあるらしいが、パンダオンリーで攻めてやる

   ゴ吉とヤ吉よ、
   たくましく育っておくれ。
   それに梅雨時なんだもん、
   きっと雨が降ってくれるさ。

が、週間予報では雨マークがない。
きっとボスが移動しちゃうからだっ。

けっ
これで関西が雨だったりして。

ま、ボスはゆっくりしてられないって言ってたから、
ボスだけそのままとんぼ返りになるな。
だからゴ吉とヤ吉の運命はボス次第ってことだ。

枯れませんように…



テーマ:ヤレヤレ ┐(´ー`)┌ マイッタネ - ジャンル:日記