今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

昨日のこと。

またしても赤いランプを搭載した車が我が家に入ってきた。
お巡りさんだっ

急いでボスを呼びに。

外から聞こえてくる声は明るく、談笑しているようだ。

しばらく立ち話をして、お巡りさんは帰っていった。


110831-1.jpg


巡回中だったお巡りさん。
ふとウチの方を見るとバイクがあり、釣られて入ってきてしまったそうな。
チラ見で気付くほど姿が道路から丸見えで置いていたわけじゃない。
木陰に隠れてたのに気づくなんてねっ

犬も好きだがバイクはもっと好きなんだって。
自身もハーレーに乗り、いじるもの大好き。
ボスの老ハーレーは30年以上前のだから知っている人はあまりいないようだが、
車種を言い当て興味津々で眺めマイナーな話をしていたそうな。

お巡りさんってあまり親密な関係になりなくない存在のような気もしますが(笑)
まぁね、ウチとしてはこんな山の中で他に住んでいる人もいないから
ちょくちょく覗きに来てくれるのはありがたいからね。
なんなら工具もって遊びに来て欲しいよっ

ハーレー話で盛り上がっていたら無線で呼び出され、パトに乗って帰っていった。


「ふぁー お巡りさんが来てくれてよかったよっ
 たっぷり昼寝しちゃったー
 起こされなきゃ いつまで寝てたんだろう」



  ぽぺこの好きなようにすればいい。
  ぽぺこのために建ててやるんだ。
  オレは仕事でそっちにはそんなに行けないだろうし…
  犬と快適に暮らせばいいよっ
  オレはたまに遊びに行ければいいし。


110831-2.jpg


なぁーんて言ってた設計当初。
ボスは打ち合わせが面倒になり、ぽぺこに一任し、まったく同席しなくなった。
そのおかげで家はぽぺこの意思で決めることができたのはよかった。
とってもよかったよ。

が、蓋を開けてみたらその真逆。
バイクを持ってきて好きな時に走りに行き、
静かだなっと思ったら本を読んでいるか昼寝。
足音が近づいてくると「お腹すいたっ」とぽぺこに向かって言う。

ってか住んでんじゃん!
ガッツリぽぺこハウスにーーーっ!!


ココは『ぽぺこハウス』じゃーーーっ

次回、上京した時にボスはボスハウスに括り付けてこようかしらねっ


数か月前、シープドッグ2匹がウィリーに嫉妬したり、
お互い火花を散らしてもめたり。


110829-1.jpg


ま、それもぽぺこをめぐって繰り広げられる騒動。
面倒な反面、ボス争奪戦なんて一切起こらないから勝った気もする。


110829-2.jpg


そんな低レベルな紛争が沈静化。
あの時期はいったいなんだったんだろう…


110829-3.jpg


最近は落ちてこないか目を凝らして待っているが、
ネタの欠片も見当たらない。


110829-4.jpg


ま、こんな日もあるさっ




昨日は月に一度の点滴治療の日。


110822-1.jpg


朝、ぽぺこハウスを出発し、そのまま病院前で捨てられた。

点滴中、いつもはなんだかんだで眠れないのに、
今回はマシンガントークもバズーカイビキもなく、快眠できた。
3時間後、まだ眠気は残りダルさはあるが少しはラクだった。

病院を出るときボスに電話をかけ、迎えに来てもらう。
するとボスのご機嫌がとってもイイ。
何事かと思ったら…

「今日さ、仕事しようと荷物を出したら置くとこ全て何かモノがあって、
 どかしてもどかしても平にならなくてさぁ
 思い切って片付けをしたんだっ」

だって。
普段から散らかしっぱなしのボス部屋。
大掃除だってモノを動かしたらわからなくなるって言って一切手付かず。

なんだか気味が悪いが、きれいになることに越したことはない。
帰宅後、ボス部屋を覗いてみると本が山積みだ。

「これを段ボールに詰めてブック○フで引き取ってもらうんだ」

と大はりきり。

夕食後、ブック○フへ行くと言い出した。
「いってらっしゃーい」と手を振ると
「ぽぺも来いよっ」だって。

引き取りコーナーに出し、査定を待つ。
20分ほどで呼ばれ、総額5000円弱。
「なかなかの金額だ」なんて喜んでいるボス。
ぽぺこは査定の間に見つけたゲームソフトの会計をしに行こうとした…

が、ぽぺこは財布を持っていなかった。

で、「ついて来てあげたんだからお駄賃で」と言ってボスに買ってもらった。


110822-2.jpg


「オマエはどんだけ高給取りなんだよっ」

だって!

けっ
今さらナニ言ってるんだかっ
ぽぺこにタダ働きさせようなんて甘いわよっ
「気持ちがまったくこもってないなっ
 どうせ本心じゃーないんだろっ」

ばれたかっ


110821-3.jpg


昨日の昼過ぎ。

突然、ボスがぽぺこ農園の拡張を始めた。
自分の畑が全滅じゃーねーっ

しばらくするとバタバタ家の中に入ってきて

「ぽぺーーーっ 刺されたーーーっ」

と大騒ぎ。

何事かと覗いてみると、ボスの左まぶたが赤く腫れてきている。

当人、いつ刺されたのか分からなかったが、
痛いなぁっと思ったらまぶたが重くなってきたそうな。

「ぽぺっ 買い物行かないの?」
「何か薬を買ってきてよっ」
「あーっ 腫れてきたーっ」
「気になって目をこすっちゃうから眼帯が必要だっ」

ぴーちくぱーちく大騒ぎさっ

「大人なんだから目をこすらないように気をつければいいでしょっ
 あっ ぽぺこが買ってきた抗菌目薬を注しときなよっ
 保冷剤をタオルで巻いて冷やしておけばっ」

「オイワさんになっちゃうよーーーっ」


110821-4.jpg


きゃははっ
ボスのオイワさん、見てみたいよっ

「あっ これネタにしていいよっ
 よかったねー ネタ考えなくていいじゃん」

マジかっ
じゃー写真でも。
待てよっ
まだオイワ指数は低い。
もっと腫れあがって目が明いてないくらいじゃーないと面白くないじゃん。

なーんて考えて写真は保留にしていた。


きっとさっ
スズメバチのタタリなんだよっ
作りかけの小さなマイホームを無惨にも踏みつぶされ、
おまけに家族も抹殺された。

小さな、ほんとっ小さな幸せを木端微塵にされたんだもん。
成仏できないでしょっ

で、ブスッと。
おー こわっ


110821-5.jpg


「へへへっ
 ぽぺっ みてみてー」

夕食のとき、ボスの声が弾んでいた。
巻いていたタオルを外し、近づいてくる。

えっ?
えぇーーーーーーーーっ!!

腫れあがっていたはずの左まぶたがちょっと赤っぽいだけになっている。

「あー よっ よかったじゃん」

けっ
オイワ写真を載せようと思ってたのにっ

なーんて思いながらのコメントだったから表情にでちゃったみたいで…
あまりにもギャップがあったらしく感づかれたってわけ。

ほほほっ

ぽっかーん


高校野球決勝戦が終わり、ぽぺこの夏も終わった。

今年は最終回まで目が離せなかったなぁ。
「ちょっと掃除をして」なんてテレビから離れたら、
戻ってきたときには逆転なんてザラだったし。
トイレにもおちおち行ってらんないんだもん。

充実した夏を過ごせてよかったよっ
高校球児のみなさん、
ありがとうございました!


で、もぬけの殻と化したぽぺこ。
今日は披露するネタもない。



唯一、目に留まったものと言えば…


110820-1.jpg

                           シャトルをぶら下げてスタスタ歩いているヤツ

違和感ないのかよっ
あと1試合。
明日はいよいよ決勝だっ!

今日の準決勝。
序盤はどちらが勝つのか全くわからない展開。
流れを引き付けるとすごいねっ
「あれまっ」でリード。

第二試合、9回表。
さぁーどこまで意地を見せつけるのか!?

でも緊急地震速報に切り替わり、そのまま津波情報。

しばし待てども高校野球に切り替わらず…

最終回は観たかったなぁ。
監督の談話も楽しみだったのになぁ。

でも、地震の情報じゃーしかたなし。


110819-1.jpg


そうそう。
最近さっ
ウチに不法占拠し始めたフトドキモノがいたのよっ

猪ではないよ。

シュッとした小顔、手脚は長くスリムな体に黄色と黒の縞々模様、
不穏な音を響かせながら縦横無尽に飛び回るヤツ。

そう、アイツよっ アイツっ
スズメバチ

ウチの軒下に巣を作り出していた。

ボスが見つけて「退治する」と言いだした。

えっ?
自ら!?
業者呼んだ方がいいんじゃーないの??


ボスの目つきはハンターに変わり、一切ぽぺこの助言など聞こえていない。
じゃーほっときましょっ

外から棒を持ってきて、屋根に上る。
しばらくすると頭上からドタドタ響く足音。
そのまま外に出ていき、バンバン踏みつける足音が聞こえてくる。

「やっつけてきた」

マジですかっ!?

屋根の上から巣を叩き落とし、落ちた巣を踏み潰し、
そこに現れたスズメバチ4匹も踏みつけ、巣に帰ってきた1匹もあの世行きにしたと。

って言われたって、ヤツラが報復してくるんじゃないかと思い、
ぽぺこは外に出るときは毎回、左右の確認と耳を澄ませるようにしている。
今のところ、仲間たちが旋回している様子はなし。


110819-2.jpg


それにしてもボスがこんなに野生児だとは思わなかったよっ
飛び回るヤツラにまさか勝つとはねっ
どんだけ動体視力がいいんだよっ!

ちなみに体が湿っぽいヌターっとしたヤツは一切ダメなんだって。

ぽぺこは一切受け付けませんけどね。

サプライズ…

まぁね、期待はしてなかったのよ。
昔はぽぺこの誕生日を一日間違えてケーキ買ってくるようなボスだから。

プレゼントもさっ
「オレは忙しいから」
って言って当日にはもらえない。
もらえたらマシだなっ

今年は最初から
「自分で気に入ったのを選ぶ方がいいだろう」
ってことで、ボスハウスに行ったときにどこかで買ってもらう予定。

ほんとはさっ
知らないうちに用意していて、当日びっくりさせて欲しいよっ
でもま、こんなものかっ


で、昨日は。

ケーキを買いに行こうと出かけたが、よーく考えてみた。
ぽぺこはケーキ1個は食べきれない。
だから結局ボスの胃袋に流れていく。
だったら買わない方がボスの横幅が伸びなくていいんじゃないかと。

今さら気づいたかって感じでケーキは中止(笑)


出かけたついでにスーパーで買い物をすることに。

ぽぺこの子供の頃からのご馳走ってエビフライ。
今日くらいは料理を作りたくなかったから惣菜コーナーでエビフライを買うことに。

他に2~3日分は食材を買うつもりでふーらふら。

「サザエ食べる?」
ボスが突然言いだした。

何かしてあげられることもないし、だったら外で炭火焼きしてあげるって。
でも、サザエっていつ焼けたがわかんないんだよね…

肉より魚派のぽぺこはシシャモを選んだ。


110818-1.jpg


ってな感じで手羽先やナスなんかも焼いて食べた。
以前買っておいたカルビがあったから解凍し、一緒に焼いた。
結局、一番ご機嫌だったのはボスだなぁ。
んん?
もしかして自分が焼肉したかったから思いついたように言ったのか!?
あり得る…

そうそう、ぽぺこ農園で初収穫したピーマンも食べたんだ。
美味しかったなぁあ。

ボス農場の収穫は…
荒れ狂った暴雨&生い茂った葉のおかげで全滅しましたっ


110818-2.jpg


そして!
ミョウガに枝豆。
枝豆は2つだけだったから何もできず。
ミョウガ、美味しかったぁあ。

それと秋のお楽しみ!


110818-3.jpg


昨秋植樹したばかりの小さな栗の木なんだけど、実がなったんだ!!
3つだけだけど、栗ごはんにするつもり。
もちろん栗はぽぺこのお茶碗に入れちゃうけどね(笑)

ハッピバースディ ぽーぺーこぉー


本日無事に38歳を迎えることができました。

無事に?

相変わらず左目には傷があるようで充血。
だが、まだ病院が始まっていないんだなぁ…

ま、ちょっとは痛みもひいてきたし、目薬でなんとかなるでしょっ


110817-4.jpg

              ぽぺこ母から届いたプレゼントのパンダモップスリッパを狙うダイゴ

それとね…

「お昼は外で食べよっか」
で車で出かけたら車が多いこと。

まだ夏休みなんだよね…

大打撃だったのは行きたかった店が夏休み!


「なんて不運な誕生日なんだっ」
と嘆き、渋々ファミレスにいったら駐車場が大混雑。

あーぁ



話は変わって!

昨日の大文字焼き。
ちゃんとボスが開始時間前に帰ってきたので、屋根に上って観賞。


110817-1.jpg


以前の桜のお花見のときと違って木には葉がボーボー!
視界を遮る枝ばかりでどうなることかと思いましたが…


110817-2.jpg


「たまやー」
なんて屋根の上で大きな声出してキャッキャキャッキャ騒いでいたら、
お向いさんが外に出てきて、花火を観ようとしていた。
が、屋根に上らなきゃー見えないんだなっ


110817-3.jpg


約20年ぶりの花火大会。
リンゴ飴やたこ焼き、チョコバナナがなくて寂しい気もしますがっ

人ごみなんて無縁、場所取りも問題なし、「空を見上げて首が痛い」なんてこともなく、
きれいな花火が観れて大満足。


さーっ
ぽぺこの誕生日も終盤だ!

何かサプライズでもあるかしらぁー





ないよなっ
いやぁー
いいねっ

今日の第一試合の金沢vs習志野。
観れたらいいなってくらいだったのに、最初から観ればよかったよっ
いい試合だったねーーー

それに習志野のブラスバンドの演奏がすごい!
聞き応えがあるわっ

監督の談話を聞いて、ファンになっちゃった。

お気に入りが増えて、まだまだ忙しい日が続くわぁ


110816-1.jpg

                                           一緒に野球観戦中

第三試合、能代商vs如水館。
これまた引き締まった戦いに目が離せないのに、目を逸らしたくなる試合。
延長のサヨナラって言葉が出なくなるね。

ぽぺこのお気に入りだった横浜と能代商が敗れ、
今からの第四試合智弁和歌山が残ってくれるかどうか…

うーん
熱い夏を満喫だーーーっ!!


そうだった。
夏といえばお祭り。
今日は箱根の大文字焼きなんだ。

うふっ
ぽぺこハウスの屋根から大文字焼きが見えるの。
楽しみにしてんだよねっ

だが…
今日、ボスが用事が出来てバイクで上京。
始まるまでに帰ってきてくれないと困るのよっ

なんでって…
ぽぺこ一人じゃー屋根に上れないんだなぁ…

ボスは出かけると素直に帰ってこないのが常。
寄り道必須なんだよなっ

困った、困った。


110816-2.jpg


                      お祭りの花火の音が聞こえ、雷嫌いなダイゴはビクッ

今日も朝から楽しみにしていた高校野球。
本命の横浜高校だからね。


9回表に3点差があり、大丈夫だろうと思ってはいても気になる高校野球。
夕食の支度と重なり包丁での作業は止め、もやしの根を取りながらの観戦。

ヒットが続くたびに胃がキュゥキュゥ。
まさか逆転されるとはね…

ザンネン…


ほんとっ
ゲームセットするまでは気が抜けないよっ


明日は能代商に智弁和歌山だーーーっ


110815-1.jpg

                              イチロを枕にグーピー昼寝をするボス

話は変わってちょっと困ったことが…
『なんか目が痛いなぁ』と思い鏡で見てみると、左目の白目の部分が充血。
なんてこったっ!

本日、盆休みの真っただ中。
個人医院は休みだし、ましてやこの町には眼科がない。

しかたないから薬局へ。

「診察はできないけど、痛みがあるようなら傷がついているのかも
 抗生剤の入った目薬で対応して、病院へ行って下さい」

と言われても、病院がやってないしさっ


110815-2.jpg

                                           あきらめたイチロ

あーぁ
なんでこんな時になるんだか…

11日、1泊2日でぽぺこ両親が泊まりにやってきた。
12日には入れ替わりでみのぽん&ぽんぽん、バーディーママ&バーディーが
1泊2日の小旅行に。

怒涛の3日間にクッタクタのバカルテット。


110814-3.jpg


ぽんぽんとバーディーが着いたときは敬遠していたウィリー。
散歩であったメス犬も飛び跳ねて逃げる程だからほっといた。

が、翌朝。
なにがきっかけだったのか!?


110814-1.jpg


ウィリーの初恋だっ

でもさっ
相手は12歳過ぎた老婆一歩手前のバーディーだ。
一生懸命アピールするが、バーばぁさんは一切無視。
背中はウィリーのヨダレで苔むしたよう。

ブルーと同じく熟れ過ぎた熟女が好きらしい…


110814-2.jpg


山生活でオンナに接する機会はないが、まさかそっち路線に走るとはね…

はぁーっ



高校野球も今日でベスト16が出そろった。
ぽぺこが好きな智弁和歌山。
今日の第二試合。

第一試合の能代商も気になっていた。
昨年、2年生でエースだったピッチャー、初戦敗退だったんだよね。
そして今年は1回戦完投勝利。

朝、ちょっと寝坊しちゃってさっ
それでも途中から見れるかと思いきや、1時間21分で終わってしまい、
寝ぼけ眼がすっきり目覚めた。

観たかったぁ…

いつかやるのではと思い『白球の記憶』を見ながら待つ。
が…
寝坊をこんなに後悔したことはないねっ


そして第二試合が始まった。
胃がキュゥキュゥなる試合だったね。
相手の白樺学園のピッチャーが小柄でかわいらしい顔立ち。
だが、投球スタイルはとっても強気。

後半は勝敗がつくのが観てられなくてチャンネルを変えてみたりするが、
やはり気になり、キュゥキュゥなりながらの観戦だった。

延長10回。
まさか…
エラーでサヨナラになるとはね。

智弁が勝ったけど、大きな声で喜べないよっ

でも勝敗つけなきゃーならないしね。
勝った智弁がこれからも勝ち進むことを祈るよっ

そして横浜。
初戦、これまた胃がキュゥキュゥ。
延長って胃によくないねっ

ぽぺこの胃に負担をかけないためにもスカッと勝ってもらいたいものね。

さーっ
胃薬飲んで明日も応援頑張るぞーーーっ
はじまったーーーっ

夏の高校野球だーーーっ

開幕、第一試合から『今治西』の登場にぽぺこの緊張は最高潮さっ!

4回裏に逆転をし、ぽぺこの応援にも熱が入る。
「一緒に頑張るんだっ」
なんて言い出しちゃって、腹筋と背筋を始めるほど。


110806-1.jpg

                             イチロ:なになにー みんなで集まってさー

が、今日は友人とランチの約束をしていた。
集合時間は12時50分。
家から車で15分程の場所で待ち合わせだった。
5回が終わってグランド整備中に準備をし、時計をチラ見しながらの野球観戦となった。

8回表、ぽぺこの出発時間だ。
渋々車に乗り込み、地デジ化していない車でラジオを聞いていた。

もう今治西が逃げ切ると思ったんだぁ。

が、高校野球ってのはほんとっ目が離せないねっ
9回表にヒットが続き同点。
ボスが「打っちゃって逆転なんじゃーないのっ」なんてぽぺこをからかったつもりが…
「カッキーン」と響くバットの音が聞こえた。

逆転だ。

ぽぺこは集合時間になり、凹んだまま車から降りた。
冷たいビールでも飲みたいと思っていたが、その気も失せた。

ダメねっ
最後まで見届けて、応援していたチームが負けてもテレビの前で拍手を送らないと、
なぁーんか中途半端なんだなぁ。


110806-2.jpg

                                イチロ:って なんで走り出すんだよっ

ま、次は横浜との対戦になるから、ぽぺこはどっちを応援するのか板ばさみで
悩むことは避けられたんだしっ
そうだ、そうだっ
気持ちを入れ替えてっ!

今年は初戦2試合見ることが出来ず、出場校全部を見ることが出来なくなっちゃったけど、
明日からは気合入れて応援するぞーーーっ!

昨夜のこと。

お風呂から出てグズグズしていると、裏の笹藪がガサゴソガサゴソ…


110802-1.jpg

                                          ボスが砂利を投げる

窓から手をだし、風が吹いているのか確認してみるが、
まったく風はなく穏やかだった。

ってことは…

ガサゴソ…

ガサッガサッ ザザザザザーーーッ


もしかして!?
猪一家のお出ましか!?


110802-2.jpg

                                  ダイゴが砂利を捕えようとジャンプ

ウチの周りには外灯もなければ、近隣も住んでる人がいない。
まったくの暗闇に懐中電灯の明かりを照らすが見えるはずもなく。

と、その時に地震が起きた。

野生の感で地震の前に動き出していたのか?


それから音がすることはなくなった。


110802-3.jpg

                                       イチロは目を瞬かせて…

そして今日。
どうしても猪の存在を確認したいボス。
そういえばボスはまだ一度も野生動物に遭遇したことなかったんだっ

ぽぺこは車に乗ってる時にハクビシンやら狸やら、猪にもあったことがある。
先日も近所で見かけ、写真も撮れた。

なにがなんでも自分の目で確認したいらしく、
「猪を探しに行こうよっ」
だって。

なにが楽しくて野生の猪を見に行かなくちゃいけないんだよっ
どうせ猪に遭遇したら「ぽぺっ早く走れっ」と言いながら、
ぽぺこを見捨てて走り去ってくせにっ


110802-4.jpg

                                 大口開けて逃げ腰で砂利の雨直撃

「そんなことないよ」
なんてどの口が言ってるんだいっ
その左口元が微妙に上がったのをぽぺこは見逃さないんだからっ


ぽぺこに断られ、バカルテットの顔を見ていた。
「よしっ ウィリー一緒に行こう」
と言いだし、ウィリーだけ連れて出かけた。

が…
念願の猪を見つけることはできず。


110802-5.jpg


犬選が間違ってるよ、そもそも。
アフガンはサイトハウンド、目で捉えて追うんだからさっ
ダイゴやイチロは必要以上に鼻をフガフガさせて歩くんだから、
姿はわからなくても、住処はわかったかもしれないのにさっ


110802-6.jpg


あーっ
ザンネン君だっ


昨晩のこと。

ボスが「ご馳走してやる」と言ったのが2回分たまっていたので、
お鮨をご馳走してもらうことにした。

けっこうな雨。
前日の雨は雷も鳴っていた。
出かけてしまって雷が鳴るようならダイゴは大変だっ

ということで届けてもらうことに。
こんな場所でも、唯一『やまひこ鮨』だけは配達してくれるんだ。

以前、夜に食べに行ったが、他の常連客がうるさかったことと、
店員のおばさんが態度が悪いのが気になるところ。
ま、配達してもらえば何も問題はない。


110801-1.jpg

                             イチロ:なぁなぁっ オレいいモノもってるぜっ

が、電話をかけたボスが憤っている。

ボ  ス:もう頼むのやめようかと思ったよっ
ぽぺこ:へっ?
     今晩のお鮨は中止ってこと??
ボ  ス:違うよっ ちゃんと頼んだっ
ぽぺこ:ふーっ
ボ  ス:あのおばはん 態度悪すぎだっ
ぽぺこ:どうしたの?

以前、隣の家に配達に来ていて、その配達のおじさんと話をし配達区域だとは知っていたが、
電話に出たおばさんにボスが地名を言って配達してもらえるか聞いたそうな。
「どこっ」
とぶっきらぼうに言うだけ。
「どこって住所を言えばいいのかっ」
「だからどこっ」
相当怒ってたが、その辺は割愛して…
「もういいよっ 配達のおじさんそこにいるなら代われっ」
でおじさんと話をして無事注文したそうな。
きっと以前来店したときも態度悪くて腹が立ったあのおばさんだろう。
お店が有名だからって、客商売をなめてるよっ

ま、ぽぺこが話をしたわけではないから、適当にボスの話は右の耳から左の耳へ。

世界水泳を見ながら待っていた。
すると車が止まる音がした。


110801-3.jpg

                         イチロ:ほれっ羨ましいだろ… あれっ誰もいないっ

とっても愛想のいいおじさんだ。
ボスは代金を支払いながら何やら会話をしている。

品物を引き取り、ウチに入ってくると

ボ  ス:出たってっ
ぽぺこ:はぁ?

当然でしょ、このリアクション。
お化けでも出たというのかっ!
いつも主語がないんだなぁ…

ぽぺこ:なにが出たっていうの?
ボ  ス:シシだよっ シシ
ぽぺこ:シィシ?
ボ  ス:おじさんがウチの駐車場に入るときに見たんだって

興奮して品物を持ったままで身振り手振りで伝えようとするが、
お鮨が転がっちゃうのではないかと、ぽぺこはヒヤヒヤさっ
そっちが気になっちゃって、ボスが言う『シシ』は単なる虫の名称かと思ってた。


110801-2.jpg

                       その場を去ってしれーっとしているブルー&ウィリー

ボ  ス:下の道にねー
ぽぺこ:うんうん…(お鮨を引き取りながら)
ボ  ス:親が1匹に子供が6匹
ぽぺこ:うんうん…(ネタは何かを確認しながら話を整理すると…)
     えーーーーーーっ
ボ  ス:ウリボウが6コだよっ
     みんな並んでテケテケ歩いてたんだってー
     ぽぺっ 飼いたいでしょー
ぽぺこ:猪が出たっていうの!?
     それも親子連れでなのっ
ボ  ス:捕まえてきてウリボウ飼おうよー
ぽぺこ:ふざけたこと言わないでよっ
     デカくなったらかわいいなんて言ってらんないんだかっ
     シシはイチロだけで十分だっ!!
ボ  ス:チェーッ かわいいのにぃ


何やら臭いを察知したのか、窓の前で凝視しているイチロ。
まずいでしょっ
墓石なんかひっくりかえしちゃうって言うし、
車のタイヤだってパンクさせちゃうって聞いたことあるし。


110801-4.jpg

                                      ウィリー:なにか聞こえた?
                                      ブルー:なにも聞こえんっ

そっと裏の道を懐中電灯で照らしてみるが、もう姿はなかった。
まさかねっ
ウチの裏に潜んでいたなんてっ

追われたらどうしようーーーっ
ぽぺこなんて鼻先で救い上げられてポイっと捨てられ、ハイ終わり。

こわっ


110801-5.jpg

                                   ウィリー:ブルジィ 待てーーーっ

でもちょっとテケテケ並んで歩くウリボウも見てみたかった。
おけつプリプリしてかわいいんだろうなぁ。