今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

おわったっ


111031-1.jpg


おわったーっ


111031-2.jpg


おわったーーーーーっ


111031-3.jpg


本日16時47分
今回の治療、全8クールが終了。

解放感でいっぱいさっ

今まで点滴終了後はだるくてグダグダだったけど、
嬉しくてちょっとハイテンション。

夕食もしっかり食べ、珈琲飲みながらチョコまで食べちゃったっ!
おまけに2時間ドラマも観ちゃったし。

いいねーっ
普通の時間って。


111031-4.jpg


さぁー
秋を満喫するぞーーーっ!!




いよいよ月曜は最後の点滴だっ


111029-1.jpg


週明けからちょっと体調が良くなかったんだけど、
まぁー、だいぶマシになってきたし。

なにがなんでも終わらせるぞーーーっ!!


111029-2.jpg

                                      あんなときもこんなときも…

ボスとテレビを観ながら食事をしていたときのこと。

『男とはどうあるべきか』

 優しくあれ
 料理をするべし
 ファッションを気にすべし

 などなど…


111029-3.jpg


ま、この流れでは聞いてあげたほうがいいわよねぇ

「ねぇ ボスの『男とは』ってなに?」

不敵な笑みのボス。
ちょっともったいぶって間をおく。

わかっているよどんなことを言うのか、ぽぺこは。

「そうだなっ
 『自己中であれ』だっ」


111029-4.jpg

                                      わりこむべし by ダイゴ

やっぱりね…
「プライドは高く」とか「自分に甘く他人に厳しく」とか。
そんな感じのことを言うとは思っていたけどさっ

まんまストレートすぎでしょうよっ

良かったねぇ
貫けていけて…


111029-5.jpg


桜のブログで銀杏の記事があった。
ぽぺこはその時コメント欄に『ぽぺこも大好きだよ』と書き込んだ。

そしたら先日、遊びに来てくれたときに銀杏を持ってきてたんだぁー
それもちゃんと臭い部分は取り除いてね。

でもね、ぽぺこはお店で頼んで食べることはするけど、
殻つきのまま買ったことがなかったんだ…

こんなときはネットで検索。

『紙の封筒に入れてレンジで温めるだけでOK』

なぁーんだ、そんなに簡単なんだっ

で、レンジへぽいっ

が、銀杏が爆ぜるは、封筒も爆ぜるは…
おかげでレンジの掃除をするハメに。

他の方法を探し、フライパンで炒ることに。


111024-2.jpg


そうよね、何もかも簡単に済ませりゃ―いいってもんじゃーないわよねっ
手間を惜しんじゃーダメよっ


が、焦がした。


そして本日、再度チャレンジ!

慎重に炒り、一粒づつ出し、ちょいちょい加減をみて、今回は程よく炒れた。

そして地味な作業の殻割り。
包丁の瀬で割ると良いと書かれていたが、なんとも時間がかかる。
それでも大好きな銀杏のためだっ
地味な作業が嫌いじゃないし。


 プクップクップクッ


111024-3.jpg


はて?
なんの音??

ふっと横を見るとブルジィとウィリーが鼻を突き出して臭いを嗅いでいた。
ダイゴとイチロは無視なのに、2匹とも銀杏に釘付け。
普段、食事の支度をしてたって全然近寄ってこないのに…

あっ!
もしかして!?
ウ○チ臭と似てたのか?

けっ
一緒にしないでくれよっ!
ぽぺこの大好物だーーーーーっ!!


111024-1.jpg

                                 ちょっとづつ色づき始めた庭の紅葉
昨日はぼびぱぱ&桜まー&桜がオフ会へ行く前にちょこっと寄ってくれた。

とにかく人ごみは避け、家でじっとしているから、
誰かが遊びに来てくれるのは嬉しい!

真面目過ぎるかもしれないけど、どうしても治療は予定通り終わらせたい。
とっととパーッと解放されたいんだもん。
熱がちょっとでもあったり、咳でもしてたら治療は延期になっちゃうからね。

それに肺炎はもうコリゴリ。
ただの風邪がそうなっちゃうなんてさっ
自分で自分の体を守れないなら、出歩かない方法をとるしかないのさっ

意外にもパズルにどっぷりはまって、引き籠りもまんざらじゃーない。


バカルテットも久々のジョシ参入に大喜び。
桜は野獣に囲まれて迷惑みたいだったけどねっ(笑)

ぼびぱぱといえばカメラ。
せっかくだから先生に上手な写真の撮り方を指導してもらうことに。

いろいろ聞きたいけど、あっちこっちボタンを押しての操作はどうも…

で『黒い犬をきれいに写す方法』を伝授してもらった。


111019-1.jpg


ブルジィとウィリーの毛色の違いももちろん、
ウィリーのクルクル毛がこんなにきれいに写るとはねっ!
今までの写真と比べてボスと違いを確認した。

さぁー、この操作方法、いつまで覚えていられるかっ


覚えたての撮り方に夢中になって、桜嬢の写真がおろそかだった…
ま、大好きなオケツが撮れたからよかったけどね。


111019-2.jpg

                            with もう帰ってしまうことがさみしいダイゴ


そうそうっ
今回が初対面だったボス。

桜まーが「イケメンじゃないの」なんて言ってくれたから超ご機嫌。
そのままイイトコだけにしておけばいいのに、あれやこれや話始め

「電車に乗ってて視線を感じると思うと下腹部見られてて、
 ズボンのチャックが開いてるんだよねー しょっちゅうそうなんだ」

だって。

自慢げに言うなって。
頻繁にすることではないでしょーよっ

どこかちょっとザンネンなんだなぁ…

本日 18時12分
両面パズルが完成しましたっ


111017-1.jpg


ふふふっ
どんなもんだいっ

って鼻息荒く報告したって、誰かと競ってるわけじゃーないのにね。


最近、ちょっと寝不足だった。
夜な夜なパズルしてたからじゃないよっ
あまりにもサラーッと進んじゃうから、夜はやらないようにしてたんだもん。

それがさっ


111017-2.jpg


ウチの起床時間は8時半。
ぽぺこは基本的に0時半には寝る。
だから毎日8時間の睡眠時間を保ってたんだけど…

本を読みながらの入浴。
気になるとついつい読みふけってしまい、1時間なんてあっという間。
その後、洗濯の準備やパンの準備でパタパタ動き、
布団にもぐってから日課のDSを少々。

なぁーんてぐずぐずしてたら2時近くになっちゃう日々。
まぁね、これは自業自得だからあきらめるよ。

でもさっ
バカルテットはそんなぽぺこの事情を加味してくれるはずはなく…


111017-3.jpg


ブルジィは別だよ、いつまででも寝ててくれるから。
それ以外の3匹が8時前くらいからパタパタ動きだし、
それだけならいいんだけどさっ

厄介なのがウィリー。
無視してると犬用の布団の端っこをチミチミ噛みはじめ、
ゴムの部分を引っ張りパッチンパッチン音を出して楽しみ出す。
それに飽きると、ボスのズボンを運び込みチミチミ。
スリッパをくわえてパタパタ、ぽろっと落ちると興奮は最高潮に達し、
逃げた獲物を捕らえるためにドッタンバッタン。

「ウィリーうるさいよっ」

なんて声をかけたら喜びも最高潮。
ベットに飛び乗り、ぽぺこのおなかの上で寝転がり、にやり。
相手しろだの撫でろだのでぽぺこの顔面を前足でパンッパンッ

撫でていたつもりでも睡魔に負けて手の動きが止まると、
今度はぽぺこの腕の柔らかい部分ををチミリ噛み。

まぁー、これじゃー、ぐずぽぺこでも起きるわなっ


111017-4.jpg


昼寝中、あまりにも静かだからちょっとかまいたくなっちゃって、
でも寝てるのを起こしちゃうのもはばかれるし、
かといって普段からぽぺこのそばにいるから顔をそっと撫でたら嬉しいかと思い、
そっと顔を撫でただけなのに…
「ちっ」
って言ってそうな顔をするウィリー。

けっ
本日午後、ボスが散歩へ行こうと言いだし、
バカルテットを連れて家を出発。

観光シーズンなのか車がバンバン通る。
車が少ない道を歩けば、人がワラワラ。
「あーら すてきね」
「毛がモコモコしててかわいいー」
なんて声をかけてくれるのだが…

ぽぺこの担当はブルジィとウィリー。
ウィリーは嬉しくて尻尾をぶんぶん振ってるんだけど、
ブルジィはどうでもいい。
ウィリーは撫でてもらいたくて近寄ろうとするけど、ブルジィは前進あるのみ。
ちぐはぐになっちゃって撫でてもらえずションボリ。

ダイゴと一緒だったらワサワサ寄ってって撫でてもらえるのに残念っ


ウチから駅の方に向かって歩いていくと、行きは下り坂。
よって帰りはきっつい上り坂。
まぁーきついよ、ここの坂は。


111015-1.jpg


「行きはヨイヨイ」でスッタカスッタカ尻尾も出てたブルジィだが、
Uターンしてからはグデングデンで脚をズリズリ。

ボスが3匹を持ち、ぽぺことブルジィで後に続いて歩いていたけど、
気持ちだけは前、脚が上がらず。
座り込んでボイコットはしないもののどうしたものやら。


111015-2.jpg


まぁね、もうこの冬で11歳になる正真正銘のジイサンだ。
あまり無理させるのもねっ

ボスに家の鍵を渡し、後に姿が見えないようだったら迎えに来てもらうことに。

止まって休んでも寝転がらず、踏ん張っていたブルジィ。

いやー
その気持ちはちょっとわかるよっ
「若い頃はできたのにーっ」て思うことがちょいちょい出てきたからね、ぽぺこにも。
悔しいだろうねっ


111015-3.jpg


それでも「座ろっ」と促して、広めの歩道で休んでいると見覚えのある車が。

「要救助者はどちらですかっ」

なんて言いながらブルジィを車に乗せようとすると、
自分からピョンッと飛び乗った。

車の中では立ったまま窓から顔を出し、余裕の表情。

あれっ!?
あれれっ??
限界だったんじゃーないのかい???
まっ まさか、小芝居なーんてことはないわよねぇ…

ま、たまには歩いておかないとね。


さて、話は変わって。
ぽぺこの栗の木。
残り2つのうちの1つのイガが落ちた。


111015-4.jpg


中身を確認すると実がちゃんと入っている。
さっそく取り出してっ!


111015-5.jpg


でも中に入っていたのは丸っこいのが1個とぺらっぺらが2個。
栗ご飯にしたくてもたった一粒かっ


それでも一粒とっておいてもしょうがないから炊き込んだ。

半分つしなきゃかと思ったけど…

ぽぺこ:あーぁ一粒しかない
     ぽぺこの栗の木から一粒しか採れなかったぁ
     ぽぺこはずっと栗ご飯が食べたかったしなぁ
     栗も大好きなんだけどなぁ」
ボ  ス:いいよ別に
     オレ そんなに栗好きじゃーないから食べて

じゃーねっ!


111015-6.jpg


ごちそうさまでしたっ!
パズルを始めて5日。


111014-1.jpg


毎日4~5時間で、こんなにも進むとは…
これじゃー超達人1級なんてオチャノコサイサイだっ

あーぁ
検定合格したかったのにぃ


昨日はボスとバカルテットで家の周りをぐるりと散歩。
ブルジィが思いっきりリードを引っ張るから何事かと思ったら、
まだ小さく、4~5キロ程だろうウリボウが丸まっていた。

バタバタと騒いでいたらチョコチョコと逃げちゃって。
親がいなくてよかったよっ

そのウリボウとは別の親1子6の猪親子は夜中に空き地でドッタンバッタン。
あちこち穿られた跡だらけ。

今は外でキーキー声が聞こえ、どうやらサルの出没らしい。

山ってすごいよっ


ウチの庭にも珍客が。


111014-2.jpg


モグラが移動した跡みたい。
ボスの畑周辺も穴が2か所でその間は土が盛り上がっている。


10月に入ってストーブを出すか出さないかの攻防。
一度点けたらもうフル稼働になっちゃうからね。
ガス代の請求書にビックリするもん。


111014-3.jpg


そんな冷え冷えのぽぺこハウス。
庭の木も1本色づいた。

ってことは…


毎日、毎日ブルジィとウィリーはミノムシ状態。
きりがない落ち葉が始まった。


はぁ…


111014-4.jpg


今日の昼食の時のこと。
ヒルナン○スって番組に満○奈さんが出ていた。
『夫に点数をつけるとしたら』との問いに
「100点」と答えた。

それを観ていたボスが聞かなきゃいいのに聞いてきた。

「オレは何点だ?」

ま、聞かれたからには答えなきゃねっ

「100点は絶対にないっ
 自己中だし、豹変するし、家事はいっさいしないでしょー
 まぁ、コンビニに行ったときはお土産買ってきてくれるからねっ
 そこんところは加味したとしても…
 そうねー
 甘くはないわよっ ぽぺこの採点はっ」

ってもう人の話聞いてないし、煙草吸いに行っちゃってるしっ


111014-5.jpg


ボスは赤点決定だーーーっ!!
『夫』として、落第だっつうのっ

けっ


パズルが到着して大忙しですっ


111010-1.jpg


「今回こそは」と意気込んでいたパズル検定。
一番難しい両面パズル(裏面もパズル)に挑戦する気満々だったのに…

1級を受験するには2級や3級を先に合格していないとダメなんだってさっ

わかりずれーよーっ

そんなこと知らなかったから3つも買っちゃったし、
おまけに残り2つは検定の対象外のパズルだったんだよっ

けっ

買っちゃったものはしょうがない。
地味に完成させて、次回購入には検定合格を目指しますっ


111010-2.jpg


そうそう、先日の夕方。
またしても会っちゃったよ、一家総出で。
親1子6の猪大家族。

向かいの敷地内で餌を探していたみたいなんだけど、
人間見ても逃げないし、かえって「フガーッフガーッ」と威嚇してるみたい。

バカルテットったら役立たずでねー
気が付いてないんだもん。
臭覚は大丈夫なのか、鼻をのぞいてみたよっ
本当に犬なのか…


草を踏みつける音と鼻息が聞こえて、やっとブルーとウィリーが気が付き、
応戦していたが、しょせんフェンス越し。
向かってこられたら困るから近づけはしませんでした。

問題なのは残り2匹。


111010-3.jpg


気づいていないだけなのか、はたまた怖くてシャットアウトなのか…
まったくもって無視だよっ


役立たずーーーっ!!


ネットで探して注文したパズル。

待ち遠しくて、進捗状況をちょこちょこ確認していた。
4日、入荷待ちの商品がお店に入荷、ようやくぽぺこ宅に配送だっ!

嬉しくってね。

今のうちに窓拭きやら水回りやらの掃除を済ませ、
パズル到着は万全の態勢で迎えるはずだった…

ところがだっ
ボスが仕事で上京することになった。

「バイクで行くからいいよっ オマエはパズルしたいんだろっ」

もちろんですっ ハイっ!


111005-0.jpg

                              イチロがさんざん散らかしたオモチャたち

だが、運から見放されてるね…

ボスに言われて作った資料に訂正箇所があるそうな。
それも一緒に出しに行きたいそうなんだけど、ファイルはボスハウスのパソコンの中。

「ってことでオマエも行かなきゃだなっ」

って簡単に言うなよーーーっ

パズルの配送日を延期してもらった。
だって、購入日からパズル検定が始まるんだもん。
決められた期間内に完成させなきゃなんだって。

今度こそっ!!


すぐに戻ってくる予定だから、そしたら毎日パズル三昧さっ

が…
ほんとに見放されてるわね、ぽぺは。
ま、神様なんて信じないけどさっ

週末にボスの友人が遊びに来ることになった。
庭でBBQするって言いだした。

えーーーっ
友人が来てもどっかで食事するって言ってたじゃーーーん

「別にオマエは何もしなくていい」

って言うけど、そういうわけにはいかないでしょうよっ
あーぁ
食材を仕入れて、下準備に片付け。

結局日数をロスすることになるなっ
今回はもっと難しいのに挑戦するのにさっ


111005-2.jpg


イチロはいいねっ
顎でダイゴをつかえるんだもんっ
こんな優秀な召使がぽぺこも欲しいよっ


111005-3.jpg
111004-3.jpg


トリュフ探し?
いやマツタケか??

山中湖在住の知人の犬はトリュフを見つけてくれると言っていたが、
ウチの犬にはそんな芸当はありません。


先月のこと。
ぽぺこ両親が遊びにやってきた。

ぽぺこ母は山が好き。
植物や木には少々うるさく、遊びに来てもずっと外でこちょこちょしている。

ウチの庭の中に落ちていた赤い実。
なんだかわからず放置していたら

「これはヤマボウシ 食べられるんだよ」

それを聞いてボスがパクリ、ぽぺこも齧ってみた。
甘い実だった。

ボスがダイゴの口元にやると、果物が好きなダイゴはパクリ。
イチロももちろん食べた。

ちょっと厚めの皮をむいて食べたんだけど、
庭に落ちている段階では匂いがない。

だが、統計学を駆使して生きているダイゴは『赤い実』を覚えたらしい。
姿を見ないなっと思ったらヤマボウシが落ちている箇所で

 ふがふがっ
 くちゃくちゃ


111004-1.jpg


なんだかわかってないけど、イチロもふがふがっ


111004-2.jpg


結局、なにを探しているのかわからなかったイチロはヤマボウシにありつけなかったけどね。

昨日、ぽぺこハウスに戻ってきたんだけど、
さむっ!!


111002-1.jpg


落ち葉がたまりだしたし、葉っぱの色が変わりだしてる。
あーっ
また、落ち葉との戦いかっ


1週間ぶりに戻ってきたんだけど、なーんか物足りない。
暇だし、暇すぎる。

そうなのよ、パズル。
ボスハウスにいる間に見てきたけど、欲しいのがなくて買わなかった。
「ネットで頼もっ」
なんて思ってけど、ボス都合でいつぽぺこハウスに帰れるかわからず、
頼んでいなかったんだなぁ。

パズルがない頃は何やってたんだか…


111002-2.jpg


昨晩、ネットでパズルを探した。
そしたらさっ
『7350円購入で配送料&代引手数料無料』
なんて書いてあるから、7350円以上を目標にあれやこれや電卓はじきながらの注文。

で、前回買ったパズルは『ジグソーパズル超達人検定』ってのに興味がわいて購入。
終わったし、検定証をもらうためにハガキを出さなきゃだって思っていたのにーーーっ

ネットで検索している際、ふと見たパズル検定のサイト。


111002-3.jpg


  はっ!?
  購入時にハガキを投函し、完了後に問題を解いてハガキを投函って…

  ひやぁーーーーーーーーーーっ!!

パズルを完成させることに夢中になりすぎて、検定の受験方法を
しっかり読んでいなかったんですっ
みんなに自慢できると思ってたのにーーーっ
何か一つ取り柄が欲しかったのにーーーっ

悔しいぃ…


と、まぁ、凹んでてもしょうがない。
お店と違ってネットではいろんなパズルが選び放題。
3つも購入しちゃったーっ

楽しみだっ


111002-4.jpg


そうそう、先日起きたオモシロハプニング。

「最近、ウィリーの歩きっぺを聞いてないね」
なんてボスと話していた。
自分の名前が聞こえたからか、スタスタと近寄ってくる。
で、寝転んでいたボスの目の前で座った。
ぽぺこに顔を向け、ボスにお尻を向ける形で。

「くっせーーーっ」

ほーほほほっ

ウィリーさんったら音無しのすかしっぺを発射。
ボスはもちろん撃滅さっ


111002-5.jpg


ナイスですっ
ウィリーさんっ