今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

ボスハウスからぽぺこハウスに移動。

車についてる温度計で走行中に変わる温度にきゃっきゃきゃっきゃ。
昨日の真昼間で19度。


120630-1.jpg


「夜がイヤだねっ」と言いだしたボス。
「うん」と返事をすると
「なにが?」と聞き返された。

この流れから言ったら気温の話だと思うでしょ、普通は。

「音、騒音だよっ 車やバイクもそうだし、人の話し声も耳障りだっ」
話に流れがないんだよっ いつも。

会話のキャッチボールって言うけど、ウチの場合は暴投ばかりで成立しない。
ま、その球を拾いに行く気もぽぺこにはないけどねっ


120630-2.jpg


そんなボス。
先日もまたやらかした。

明け方4時半。
ダイゴが耳元でハァハァ暑がり、ぽぺこも目が明いた。

んん? 明るい。
階段の電気がついてるじゃんっ

布団から出て電気を消そうとし、ボス部屋をのぞくとボスがいない。
へ?

またトイレで寝てるんじゃーないかと思い、トイレを見に。
いない。

ソファか?
いない。

へ?
どこいった?


120630-3.jpg


コンビニへ行ったのかもなっ

都会へ来たらコンビニへまっしぐらのボスだ。
きっとそうだと思い、廊下へ出ると光がこぼれている。
場所は洗面所。

扉を開けると浴室にも電気が。

もしかして・・・

思い切って扉を開けると、半目のボスがいた。

「なにしてんのよっ」
「寝ちゃったみたい」
「みたいじゃーなくて寝てたんでしょ 冷たくないのお風呂?」
「寒いっ」

当たり前だ!
ボスは12時にはお風呂に入った。
それからずーーーっと浴槽の中。


120630-4.jpg


翌朝「手がふやふやで痛かったよっ」と。

居眠り程度ならわかるが、4時間半って。
呆れるねっ
ま、水没してなかっただけましかっ

週末、みんなでボスハウスに移動。

この日をどんなに待ったことか。
やっとシープドッグ2匹のトリミングだーーーっ


120625-4.jpg


ダイゴは今年は変身なし。
ボスが「珍種ダイゴはかわいくないっ」と言い、あえなく断念。
確かにふこふこもっふもふの方がかわいい。

ま、お腹や脇、内腿なんかはつんつるてんなんだけどね。

あまり汚れは感じなかったけど、洗ってみたら意外と白くなってびっくりさっ
それに、毛玉取りはちょこっとしたけど、換毛期とかですごい抜け毛だったらしい。
一回り小さくなって帰ってきました。


さて、メインディッシュはといいますと。


120625-1.jpg


雨続きで半乾きのまま放置していた。
どうせ、バリカンでさっぱりさせるんだし、いいんじゃーないかと思ったんだよねっ

ところが、全部とかして毛玉を取ってからのバリカン。
へっ?そうなのぉ・・・

10時開始で18時半終わり。
イチロも疲れていたが、トリマーさんも疲れただろうね・・・

以後、気を付けますので。
ありがとっ


ぼふぼふ毛虫のようだったイチロだが、ちょろっと残っている尻尾の部分を
ぼんぼりのうさぎ尻尾にしてもらい、ヒールさが吹っ飛びかわいく変身。

いつも川を見ると入りたがっていたイチロ。
水路や溝にだってダイブしそうな勢いだった。

で、先日、子供用プールを買っておいた。
今年はたっぷり水遊びするんだーーーっ


ご機嫌でアフター写真を撮ってたんだけど、ノリの悪かったイチロ。
指先をつまんだ状態にして「何かイイモノ持ってるよ」ってふりをしながらの撮影。
しばらく騙されてたくせに、何もないことがわかった途端。


120625-2.jpg


この顔、なんなんだよっ

カット後、思わぬ変化が。


120623-1.jpg


毎日グズッと一日を過ごし、ウィリーに「遊べーっ」とちょっかい出されても
「いやじゃーっ」とキレ気味だったブルジィ。

それがなんと!

自分からモーションかけてドッタンバッタンッ


120623-2.jpg


ぽぺこハウスに引っ越してから走り回るようになり、
それに飽きたころ、ウィリーが増員し一緒に遊ぶようになり、
それまた面倒になった昨今、カットしたらまた若返ったらしい。

この効果、いつまでつづくのか・・・




ただのバケツなのに。

ボフッ


120623-3.jpg


窒息しないでくれよっ


120623-4.jpg


バケツにきゅうきゅうって。

頭デカっ(笑)
台風上陸の19日。


スキューバーするのか?と聞かれても一度も経験したことないし。
船が好きなのか?と聞かれても船酔いが怖くて乗ろうとは思わないし。

ドラマは時間があれば見ていた程度で、映画は見てない。
出演者に嫌いな人はいないが、騒ぎ立てるほどでもない。

が、友に誘われて「こんなチャンスはないなっ」と即答。
降りしきる雨、強烈な風にも負けず。


120621-1.jpg


東京国際フォーラムで行われた『海猿』の試写会へ行ってきたーっ


東京へ行くことがちょくちょくあったが、芸能人にあったなんてことはない。
新幹線で落合元監督に会ったくらい。

そんなぽぺこは生芸能人に会えることに大興奮。
オペラグラスも用意して乗り込んだ。

が、圧倒。

海猿のファンクラブってものがあって、法被をきたお姉ちゃん・おばちゃんたちが
お手製の金色のひらひらポンポンを配って歩く。
出演者が登場したら振ってくれと。


120621-2.jpg


スキューバーのウエットスーツに水中メガネ、シュノーケルを身にまとったお兄さん。
バックには『海上保安庁』とかなんとか印刷されてるし。

熱の入れ方が半端ないことに驚き、開きっぱなしのぽぺこの口。

ただ初試写会にきゃっきゃきゃっきゃ浮かれていたぽぺこはとっても中途半端で
まわりとの温度差を感じる客席だった。

内容は「そうくるよねっ」て感想、舞台挨拶ってのが面白かったなぁ。


試写会は21時半頃に終わり、外に出たら人がいない。
ものすごい雨と風。
車に乗せってってもらったからよかったけど、歩けないねっ

その日はぽぺこ一人でボスハウスにお泊り。
暴風雨に一人ぼっちの家で寂しいかと思いきや、ネットしようかと思ったらzzz


120621-3.jpg


一人って快適ねっ


翌朝。
外を確認したら柵が壊れてたのにはびっくりだね。
一人ちゃっちゃと片づけをし、草取りまでしてぽぺこハウスに向かう。

ぽぺこハウスでは前年の台風同様、枝が折れ葉が散り、イチロが大はしゃぎだったらしい。
ボスは途中で片づけをやめ放置、おかげでぽぺこは着いた途端ため息。

くったくたの一日だった。

後から知ったんだけど、登山鉄道は落石で不通になり、
道路も土砂崩れで通行止めだったんだって。

ボスは「試写会が終わったら小田原までくれば迎えに行くよ」なんて言ってたけど、
まんまと乗っかって、小田原で一夜を明かすなんてことにならなくてよかったよっ


120621-4.jpg

           カッパ頭がおかしすぎて前髪しばったらサザエさんになっちゃった



「最近、ブルとウィばっかり ダイゴとイチロがないんだもん」
とぼやいていたぽぺこ母。


120618-6.jpg


確かに以前は頻繁にしでかしてくれていたイチロがおとなしい。

「前はイチロってヒールな役回りだったよね」
そんなことを言う友も。


確かにネタは少ない。
もう7歳になるおっさんイチロだもん。

でもね、ヒールにしない策を講じているんだっ

それはキラキラお目々を封印してるから。
わざとねっ


洗濯ばさみで前髪をカチッと止めたら、
ほーらねっ 動き出したっ


120618-1.jpg


ダイゴがぽぺこが投げたオモチャを取りに行って、イチロはダイゴから奪い取る。

ダイゴがオモチャを返せと言ってるのか、
オモチャをおとなしく渡したんだから遊べと言ってるのか。


120618-2.jpg


つんつんイチロの横っ腹を小突く。


120618-3.jpg


「うぜーんだよっ」の一撃。


120618-4.jpg


キラキラお目々は封印しておいた方がいいのよっ

オープンにしてたらキッチンに行ってあちこちギラギラした目であさるしさっ
ぽぺこが何か落とせば忍者の如く現れるし。


120618-5.jpg


さて、閉演しましょっ

「まだ物足りんっ」

いや、閉演ですっ
強制的に閉演いたしますっ!!
朝、小雨がパラパラしてましたが。


120617-1.jpg


昨日の疲れなんてどこいったっ
ウィリーはいつも通りブルジィに遊べとモーションをかける。


ウィリーはショードッグ仕様に変身!
顔周り・首・背中をガガガガーッとバリカン。


120617-2.jpg


が、もっさもさしてて違いがいまいちわかりにくい。

ま、ぽぺこの感想としては、くるっくるもっさもさゴリラの方が好き。
どうもスカっとした顔がキリっとしすぎてて、ウチの犬じゃーないみたい。

あほっぽさがないんだなぁ・・・

ちょっと抜けてるくらいがぽぺこにはしっくりくることがわかった。

でもま、手をくわえればそれなりになることが判明した(笑)


それから大幅にチェンジしたブルジィ。


120617-3.jpg


3ミリバリカンでサルーキーになる予定だったんだけど、
普段、ウィリーがちょっかい出してチミチミ噛むから毛玉になる。
ってことは、毛がないと皮や肉をついばまれ、もっと痛い思いをするのでは・・・

ってことで、9ミリバリカンにしてもらうことに。

でも、ウィリーについばまれ毛玉になっていたところをバリカン入れるならと放置していたため、
バリカンがつっかかり、チョキチョキはさみでカット。


120617-4.jpg


ちょっとふこっとした感じでかわいさが残った。

ま、これでシャンプーもドライも時間がかからず、らーくちんだぁ!


でもね、
「顔と耳はどうする?」と聞かれ、ボスに聞いたら「おかっぱよりも耳なりがいい」と言い、
バサッと切ったのはいいんだけど・・・


120617-5.jpg


もともと横わけにならないブルジィ。
カッパ頭になっちゃったぁーーー!!

きゃきゃきゃっ

今日もいい天気。
いつも通りグズッと過ごしたいところだが、ちょっと忙しいんだぁ


120615-4.jpg


ウィリーの毛玉取り。
まぁーしこたま製造してくれて、ってか放置しすぎちゃったぽぺこが悪いんだけど。

明日、ウィリーのお里に連れてくんだっ
で、ゴリラからアフガンに変身する予定。

口まわりが想像以上にモフモフしててさ。
ブルーは1歳過ぎたころにはすっきり顔の毛がなくなったのに、
ウィリーはいつまでたってもクルックルのモッフモフ。
口の中に入っちゃうから、クチョクチョペッてヤンキーみたいなんだもん。


120615-3.jpg


ま、ちょっと手をくわえたらアフガンっぽくなるでしょっ

『脱ゴリラ』だーーーっ


ついでに、と言ったら失礼ですが(笑)
ブルジィも変身するよ。

今年12歳になるじいさん。
今後、どうするべきか相談したんだ。

シャンプーするにも乾かすにも立ち続けているのが辛いお年。
ブラッシングも嫌いだし。

お里のまま曰く、
 暑さ対策に、というのなら皮膚呼吸してないからロングもショートも変わらない。
 以前は年取ってもロングコートを保ってたんだけど、
 何かあった時に丸坊主にしたら床擦れがひどかった。
 免疫力があるうちにさっぱりさせておくとそういうこともなかった。
 私はそう思うから年取ったら短くしちゃってるのよ。


120615-1.jpg


うんーん
なるほど。

ま、実際、何度もバリカン入れちゃおうと思ったんだけど、
なぁーんか寂しくてね。
たいして手入れもしないくせに、やっぱりアフガンのモフモフが好きだからさ。

でも、今後のブルーのために!
どうせすぐに伸びてくるし。
一時サルーキーになるだけさっ
今なら冬にはチョコモフになるでしょっ

っと言い聞かせ(笑)


120615-2.jpg


一大決心したのさっ
清水の舞台から飛び降りるぞーーーっ
 

昨日は急遽上京してきた友に会いに山を下り、新宿まで出かけたぽぺこ。
久しぶりの都会に右往左往。
出かける前に地図を見ながらボスに説明してもらったんだけど、
大都会ではなんの役にも立たず。

新宿駅で迷子になり、半べそでボスに助けを求めて電話した。
ところが、地下道は一本道で迷いようがなかったんだよ・・・

ひぃーーー
カッペはダメねっ

毎日鳥の声と何かが通って草がガサゴソいう以外、ほとんど音のない山での生活。
大都会にウカレてたけど、白バイのサイレンだけでも驚いちゃってさっ

まいった、まいった(笑)

一日、ボスと留守番をしていたバカルテット。


120614-1.jpg


ぽぺこがいないと昼寝もできないのか?
朝からグダグダで眠そう。
昨日の夜もトイレに外に出したら、そのまま寝室へ直行しzzz

けっ
情けないオトコどもだっ!


今日のぽぺこはちょっと昨日の疲れもあるし。

「天気がいいし、外でBBQでもする?」
「いいねぇー」

肉好きボスがまんまとひっかかった。


120614-2.jpg


ラクしたいときはこれに限るよっ
火を起こして肉の番までしてくれるボス。
ぽぺこは「あれ食べたいーこれ食べたいー」って言ってればいいんだもん。

ま、そんなに肉好きではないぽぺこはシシャモや干物があれば大満足!


そんな午後。
いい匂いを嗅ぐだけの4匹。


120614-3.jpg



120614-4.jpg



120614-5.jpg


視線が痛い・・・

匂いだけでお腹いっぱいになったでしょっ

今日は買い物へ。

はっと気づいたら携帯忘れてた。

普段は電話もメールも殆どないぽぺこの電話。
忘れたってどうってことないって思うんだけど、
忘れた時に限って連絡が入っていたりする(笑)

今回は家に着いたらメールの合図。
「ちょうどよかったよーっ」なんて思ったらメールが8通。


120612-1.jpg


ははーっ
連絡くれた方、遅くなってごめんねーっ


今日はね、材料を買いに行ったの。

先日、ぽぺこ母たちが来た時に大量の梅の実を持ってきててさっ
梅干しは好き、梅酒はあればちょこっと飲む程度のぽぺこ。
自分で漬けようなんて思ったこともなかった。

だが、あまりにも大量の梅で、ちょっともらってやってみようかと思った。


120612-2.jpg


で、焼酎やら漬けるビン、氷砂糖を買いに山を下りた。

家の中が梅の匂いがプンプン。
さすがに匂いに参っていたから、帰ってすぐに漬けることに。

んん?
んんーーーんっ

梅が青くないーーーっ

岩みたいにゴッツゴツで赤茶色になり種に触れてるんじゃーないかって感じ、
ぶにょんぶにょんになってる実もゴロゴロ。
こんなんでいいのか?


120612-3.jpg


ぽぺこ母に連絡してみた。
写メを送ってくれと言われてすぐに送った。

「梅干しにした方がいいかもね」

えーーーっ
ぽぺこは梅酒しか考えてないよっ

また山下りて、壺に塩、赤紫蘇やらザルまで準備するのか?
重石もいるんでしょっ
様子見ながら重石の加減もしなきゃなんでしょっ

夏になったって木陰だらけのウチの庭で干すのか?

ムリだっ ムリだーーーっ


120612-4.jpg


ぽぺこのちっちゃな心はパキッと折れた。

はぁーあっ
慣れないことはするもんじゃーないねっ


120612-5.jpg


こういう心が折れた日にそういう顔をすんなよっ

けっ
アフガンたちに無視されてたくせにーっ


ゲリ地獄から解放され、ゆっくり過ごすこともできず。

短期滞在でボスハウスに行き仕事を済ませ、急いでぽぺこハウスに帰ってきた。

で、土曜日にはぽぺこ父&母&じいちゃんが1泊2日で遊びに来た。

珈琲いれて、お菓子を用意したのに頭数が足りないっ
どこ行ったのかと思ったら、スリッパが脱ぎ捨てられ靴がない。


120610-1.jpg


あいにくの天気なのに、あの親子(ぽぺこ母&じいちゃん)はそそくさと外へ。

どうしてこんなに似てるんだかっ

ボスが言う。
「ぽぺこ母と一緒に外に出たら、鳥が鳴いたら同じように鳴きまねしてさっ
 ぽぺこもいつも鳥が鳴けばピーチクパーチク鳴きまねして。
 おまえら親子はどこをとってもそっくりだっ」

けっ


120610-2.jpg


この親に育てられたんだもんっ
同じことするでしょっ

ボスだってそうじゃんっ
瞬間湯沸かし器の如く、カーッと怒り出すところなんてお父さんにそっくりじゃんっ

「そうだよっ
 オレは自慢じゃーないけど、短所ばかり似てるんだっ
 怒るのも片づけが出来ないのもぜーんぶ親譲りだっ」

そんな断言しなくても・・・

ってか、長所も譲り受けなよねっ

けーーーっだっ!


120610-3.jpg


よって本日は御一行様が帰り、バカルテットは疲れ果てて爆睡中。
ダイゴとウィリーは一生懸命接待してたけど、
なんでブルジィとイチロまで疲れてるんだかっ

あっ
そっかっ
何かもらえるかもしれないって目を見張ってたのかっ

お疲れさんっ


120610-4.jpg


ぽぺこの監視はいいから、さっさと寝ろってっ!!

ご飯を食べても「外に出せー」のサイレンはならない。
睨まれることもなく、平和だーっ

ふーっ
これで心置きなくご飯が食べれるよっ

ぽぺこのせいで絶食になったのに、張本人がいい匂いさせながらご飯をパクパク、
オヤツもモグモグなんてできないからね。


120606-2.jpg


ポン友から連絡が来た。
「鶏とジャガイモじゃーなかったか?」と。

その通り。
上下左右監視カメラがないか確認しちゃったよっ

鶏とジャガイモはアシがはやいんだってね。
そんなこと知らなったよ。

いやー、自らの恥を公表してよかったよ。
これで一つ賢くなったよっ(と思うことにする)


120606-1.jpg


心配して下さった方、どうもすみませんでした。
バカルテットはいつも通りになりましたので。


じゃ、遠慮しないでベッドから蹴落とさなくっちゃっ
毎晩、寒くて目が明くんだもんっ
風邪ひいちゃうよ。

さっ、ぽぺこの謹慎も解除だっ
いーっぱい食べて、いーっぱい寝るぞーーーっ
こっこわっ


丸一日食事を抜かれ、昨夜はだれーもぽぺこに近づかない。

だけど感じる目線。
合わせようとするとプイッとされる。
痛すぎるよっ


120605-1.jpg


今朝、親分(モサパパ)から電話が入った。
「丸二日はご飯抜きにしなきゃーダメだぞっ
 犬は1週間食わなくたって大丈夫なんだからなっ」

そうなのーっ
7日間も食べなくたって大丈夫なんて、効率いいだんねっ

元気に走り回りゲリなんてなくなったけど、親分が言うんじゃーねー
すまないが、今朝もご飯抜きにしなくちゃね。
・・・
睨んでる。
いや、そんな生易しい感じじゃーないぞっ
殺気を感じる。


120605-2.jpg


ふと振り返るとそこにはブルジィ。
ガンとばしてるよっ ぽぺこに。

いつもと全然違うオーラを漂わせてる。

「すみませんでしたっ」


120605-3.jpg


そんな空腹に耐えてる彼らに朗報が。
先日行った犬ドックの結果報告があった。

ブルーは朝食を取っていたことや年齢を考慮してもパーフェクトな健康状態。
ダイゴとイチロもパーフェクト。

いやーっ
どっか悪いところがあるんじゃーないかとは思ってないけど、
結果を聴くまではなんとも落ち着かない。
イチロの血縁関係に病気の子がいる話もちらほら聞くし。

よかった、よかった!
お祝いしなくちゃーねっ


120605-4.jpg


あっ
できないんだった・・・

ひぃーーーーーっ
睨まないでよーーーーーっ

今晩、ぽぺこの一部が食われてるかも・・・

「ブルー ごめんなさい」
「ダイゴ 許してね」
「イチロ 今回はオマエのせいじゃーないよ」
「ウィリー また戻っちゃったね」

顔を見るたびに謝り続けた、今日一日。


120604-1.jpg

                                    イチロが逃げたのはシャボン玉

深夜から始まったゲリの嵐。

寝る前に誰かがとっても、とーっても臭いおならをした。
なんとなく嫌な予感。

「もしかしたらゲリするかもしれないから、様子をみてね」
と仕事をしていたボスに言い、ぽぺこは先に寝た。


ぴーぴーっ ぴーぴーぴーっ
はっと目が覚めたのが4時半。
ダイゴが何かを訴える目をしている。

これは・・・

急いで外に出す。


120604-2.jpg


Out!
水だった。


何度か振り絞り、オケツを洗ってまた寝た。

そして8時。
またダイゴのサイレンが鳴っている。

急いで起き、外に出そうとしたらタイル敷きの部屋にゲリの山。


ボスを起こし、犬たちを外に出してもらってる間に部屋を水洗い。

「全員ダメだっ」とボスが言いに来た。
回復したばかりのウィリーもなんともなかったブルー・ダイゴ・イチロ
みーんなゲリになってしまった。

oh my God!

二人で考える。
なにがあったのか、なにがまずかったのか。


120604-3.jpg


んーんっ・・・
食べたものを思い出すが、いつもとかわらない。
かわらないはず、だと思う。

ブルーがドライフードだけだと喉につかえるから、鶏肉と野菜を煮たのを作り、
それをあげた。
それを作ったのは一昨日の夕方。
昨日は寒かったから、冷蔵庫にいれずにそのままにしていた。
っというか、しまい忘れた。

それしか考えられない。
急いでキッチンに行き、残っていた鍋の中身を確認。
いやーな匂いがした。

「ごめんなさーーーいっ」

でも、夕食のときは全く気付かなかったんだよねっ
たった一日そのまま置いといただけなのにっ

昼までゲリは続き、その後はみんななにも言わずに寝てた。
でも、万が一に備えて夕食も抜きに。

「ごめんね、今日は夕食抜きなの、ぽぺこのせいで」
とブルーに行ったらくるっと向きを変えて背中をぽぺこに向けて寝た。

責任を感じ、いつも寒さ対策にちょこっと飲む焼酎お湯割りも今日はやめた。
みんなの空腹を考えたらご飯も食べれなかった。
ぽぺこ自身で謹慎だっ


夜のトイレタイムにさっき外に出たんだけど、みんな大丈夫。
一安心だーっ


120604-4.jpg


なんとも情けない飼い主。
反省中です・・・

胃が痛いっす・・・
復活!


120603-1.jpg


昨日は元気になったかと思ったら夕方から2時間間隔でゲリだったウィリー。
深夜3時過ぎまで続いた。

普段、掃除をすればくっついてきて足元のスリッパをチミハムしてみたり、
こそっとおやつを食べようとしたら、いつの間にかぽぺこの横で覗いてたり。
突然、ピタッとくっついて甘えてナデナデしてあげ、やめたら「もっとだ」とパンチされたり。
静かな午後にガシャンっと音がし、覗いてみると洗濯ネットを取りだしくわえてご満悦な顔だったり。
トイレに入るとスリッパをベッドに運び、抱え込んで隠していたり。

そんなウィリーがいつもとまったく違う様子に心配でたまらなかったぽぺこ。

朝、治ってなきゃー病院へ連れてこうかと思ってたんだけど、
明け方、冷えだしたらぽぺこのベッドにドスッと乗っかり、そのまま添い寝。
寝相が悪くて、ぽぺこは落とされそうになりながらも不調であろうウィリーを気遣って我慢。

9時過ぎに外に出たら元気に走り回り、またブルジィにちょっかい出して怒られてた(笑)
ゲリも治まり、ご飯もちょうだいと催促にくるほど。

ま、様子見でいつもの1/4程あげたんだけど、
普段からドライフードを1粒づつしっかり噛むからみんなと同じくらい時間がかかり、
ちょっと首かしげて「?」顔してたけど、まぁ満足だったらしい。


ほんとっ、こういうときだけは犬が喋ってくれたらなぁって思う。
どう辛いのか、病院へいくほどなのか、言ってくれたら楽なのにねっ

普段は絶対にイヤだよっ
とくにイチロが喋ったら「腹減った」「おやつはまだかっ」「もっとくれ」
そんなことばかり一日中顔を見るたびに言われ、うるさくて「きぃーーー」てなっちゃうもん!



結局雨は朝方までで止んだんだねっ
ちっ


120603-2.jpg


お出かけ予定がパーとなり、いつも通り遊びました。

ボスの不敵な笑みと逃げるイチロ。
これはまた、今度。
今朝もまた不快な目覚まし音。
だが、いつもの「ピーピー」や「ウゴッウゴッ」ではない。
「ギュルギュルギューキュル」
結構な音量でお腹がなっていた。

ブルジィがお腹を空かせて鳴らせてるんだと思っていた。
またイチロが見当たらず、ベッドの下から鼻を突きだしていた。


120602-4.jpg


全員を外に出し、遊んだり走ったり。
だが、ウィリーのノリが悪い。
いつもはブルジィにちょっかい出して怒られ飛び跳ねてるのに、
今日はボサーッと寝てる姿ばかりだ。

ごみを取り、家の中に入れ、朝食の準備。
「さぁーできたよ」で群がる3匹。
「ウィリーご飯だよ」と叫ぶが寝転がったままで無視。

いつもなら嬉しそうな顔で走ってくるのにおかしい。
で、様子を観察してると聞こえてくるあの音。
「ギュルギュルギューキュル」

発信源はウィリーだった。
ずっと大音量で鳴らしてる。
嘔吐や下痢はないがどうも調子がよくないようで、何も食べず寝たまま。


120602-5.jpg


心配でお腹をさすってあげると気持ちよさそうに寝ている。
昼頃にはギュルギュル音も鳴りやみ、3匹が動けば一緒に動くようになった。

このまま明日にはよくなってくれればいいんだけどね。



明日はポン仲間で集まることになっていた。

持ち寄りってことで、ローストチキンやカレー、バーニャカウダに前菜諸々。
オヤツもてんこ盛りにタッパ持参なんて最高のパーティーだ!
とっても楽しみにしてたんだよねっ

で、ぽぺこはなにを持っていくか悩んでいたら
「オレが燻製作ってやるよ」と言いだしたボス。

作ってやるよって言ったって、下準備はぽぺこでボスは火の番。


120602-1.jpg


ま、作ってくれるだけましかっ

木曜に漬け込み、土曜日に作ればちょうどいいなぁ・・・

わくわくウカレポンチのぽぺこは週間予報ばかり気にしてた。
が、昨日の段階で雨で中止に決定さっ


だけど、漬け込んだからには燻製しないとねっ


120602-6.jpg


張り付いたってしょうがないじゃんっ


120602-2.jpg


下をくぐれば出られるのに、バカなコだっ


片づけをして、1匹づつごみを取り家の中に入れていた。

へっ?


120602-3.jpg


「なにももらえないから自分でチキンを探してきたもんっ」て顔。
家の中ではオモチャを出してないのに、どこに隠されてるのかちゃんと知ってるダイゴ。

なかなかのドヤ顔で睨まれたぽぺこだった。