今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

月末を迎え、何かとばったばったと忙しい。
が、ニコボスマニアの為に、先日のお話を。


130626-1.jpg


夜、ニコは柵で囲われた専用スペースで寝る。
朝もみんなが起き出すまでは静かに待っていてくれる。
なかなか聞き分けのいいヤツだっ

そんなニコが夜が明けきらない4時だったか、5時だったか。
ギャーっと大騒ぎして柵に跳びついていた。
ニコのワンルームはボスのベッドのすぐ横。
手を出せばニコが触れる場所にある。

ぽぺこは手を出さないと決めた以上、ボスがどうするのかほっといた。

「ニコ、まだ起きる時間じゃーないよー」と声を掛ける。
が、ニコはフギャーギャンギャン大騒ぎ。
収まらないニコに「うるさいっ」と怒ったボス。


130626-2.jpg


それからニコは静かになった。
異様な静けさだった。

ぽぺこはブルジィにベッドを占拠され、ぽぺこを枕にして寝てるため身動きがとれない。
まぁ、これで収まったんなら寝ちゃいましょっ

「あっ」とボスの声が聞こえた。
バタバタバタっ


130626-3.jpg


薄眼を開けて見てみると、ボスがニコを抱きいそいそと外へ連れ出している。
何かやらかしたんだなっとは思ったが、ボスはぽぺこを呼ばなかった。
ってことで、ぽぺこはそのまま寝た。

が、足音は続き、アタフタしているのが伝わってくる。
でも眠かったんだんぁ、ぽぺこ。
知らんぷりしちゃったっ

起床。
「なにがあったの?」と聞くと
「あぁーっ オレが悪いんだよっ」とボス。


130626-4.jpg


大暴れしていたニコはゲリだった。
「ここじゃーしたくないから外に出してー」と騒いでいたニコ。
だが、ボスはただ遊びたくて騒いでいると思ったそう。
怒ったら静かになったんでほっといたらプ~ンっと臭ってきたんだって。
そりゃー真横に寝てるんだもん、直で出たてはたまんないでしょっ

で、ニコを外に出し、ニコ部屋を片付け、ゲリまみれのニコを洗ったんだって。

「まだ仔犬だから濡れたらしっかり乾かしてやらなきゃね」
と雨の日にぽぺこが言ったことを思い出し、ニコのオケツをドライヤーで乾かした。
が、なかなか乾かず、自分はとても眠い。
ある程度乾いたところでニコを連れて寝室に戻った。

でも、このまま冷えたらかわいそうだと思い、自分のベッドに入れて一緒に寝たんだって。


130626-5.jpg


「すっごく静かに寝てるんだよー
 寝た時と位置が変わってないんだぁー」
と嬉しそうに話すボス。
ゲリの片付けなんてなにも苦ではないようで、ニコと添い寝したことが至福だったらしい。

今まで、バカルテッドが鼻鳴きしてゲリを訴えようが、嘔吐しようが、
一度も起きたことがなかったボス。
ぽぺこが大慌てでボスを起こし、紙や消臭剤を持ってきてもらっても、手渡したら終わり。
イビキをかいて寝だし、その横で一人で片づけをしてきたぽぺこ。

ボスにはニコ専用アンテナが付いてるのかっ


それから数日後、日中にイチロがボスのところへ行ってピーピー鳴きながら甘えた。
「今は遊ばんっ」と無視したら、イチロがゲリ。

「おいっ ぽぺー イチロがゲリだーっ」とぽぺこを呼びつけ、片付けさせられた。
ニコ以外のゲリは対象外らしい。
きっと、イチロも一緒に添い寝したら静かに寝てると思うんだけど・・・

これから誰がゲリしてもニコだって言い張っちゃおうかなーっ

ここのところ、ちょっと忙しい。
まぁ、雨で写真も撮れないし。

先日撮ったかわいいニコザル写真。


130621-1.jpg


ブログで見かけた子猿姉さんのお福に似たのか?
まてよ、それ以前から目にしてるぞ、この光景。
イチロおっさんに似たんだっ

枝を拾っては嬉しそうに闊歩するニコザル。

この後、バリバリボリボリ始めてボスに没収されたけどねっ

それにしてもなぁんか、足短くないかぁ・・・
そんなところまでイチロに似なくてもいいのにぃ・・・
意外だった。
ダイゴにそんな気があるなんて・・・


130619-1.jpg


いつもぽぺこのSPとして、先手必至だったダイゴ。
最近は呼ばれもしないのにボスとニコにくっついてそそくさと移動する。
で、ずっと一緒。


130619-2.jpg


オカマでもないし、オネエぽいと思ったこともなかったけど。
『ダイゴ母さん』になっちゃったよっ

イチロはろくに相手をしてやらなかった。
ニコは恩義を感じず、イチロが遊ぼうと誘ってきても無視。

写真を撮っていると、フレームには収まってるから離れられないらしい。
最初からちゃんと相手してあげてればよかったのにさっ


130619-3.jpg


さて、お待ちかねのボスネタ。
最近、ぽぺこも麻痺してきて、どれが異常なんだか分別がつかなくなってきたよっ


いつもの夜のこと。

ぽぺこは寝る前にみんなに挨拶をしてまわる。
ぴくりとも動かずに爆睡してるブルジィさんの心拍の確認のためにもね。
ニコにも当然する。
「ニコ、おやすみ」と声を掛けてたら「寝てるんだから起こすなよっ」と威張るボス。

ぽぺこがおやすみって言ったって、寝転がって甘えてくるもんっ
けっ


昨夜のこと。
お風呂から出て寝室に向かおうとしたとき、いつもなら聞こえるマウスをクリックする音。
それがまったく聞こえなかった。
仕事を切り上げて、もう寝たのかと思ったら・・・


130619-4.jpg


ニコ専用ワンルームの柵にぽこっと浮かび上がる黒い物体。
ボスの頭だった。

ニコを抱き、何か言っているようだが、残念ながらぽぺこにまで届かないひそひそ声。
けっ
もうちょっと声量あげてくれてたら面白かったのにぃーっ


まぁね、ニコが眠い時じゃなきゃーできないからね。
普段、ウザいと思われてるボス。
ニコに顔を近づけるとカプッ
それも空振りだったとしても「カチッ」と歯の音がするほど勢いがいいのだっ

ぽぺこにはそんな素振りもないニコ。
ボスが面白がってぽぺこの顔にニコを近づけ「カプッ」とボスが言うが、
ニコは口を開けない。
「今、噛まれた?」とボス。
「いいえ」


130619-5.jpg


「ほら、カプッ」またニコをぽぺこの顔に近づける。
「だから、ぽぺこには噛まないんだって」
「なんで?」
「あなたが嫌われてるだけ」
「えっ、そんなにオレって嫌われてるの?」
「ウザいと思われてるね、絶対」

強く言い過ぎて凹ませたかとボスの顔を見ると、しょげるどころかにやついてる。
も、もしかして・・・

ボスってだったの?

こっわーいっ

「ジャイ子とドラミは因縁の仲だったのよっ」と前情報をもらっていた。
今回はどんなバトルが繰り広げられるのか。
戦々恐々、固唾をのんで見守る。


130617-02.jpg


まぁー、すごいこと。
ニコがこんなだったとは・・・
あんぐりとした口が塞がらない。

まったくジャイ子に興味がなかったぽぺこは本性を知らな過ぎたようだっ
激しい展開に、写真は全部ぶれていた。

簡単に話すと、ドラミはニコより一回り大きい女。
家でも先住犬たちに思いっきり空中に跳ね上がるようなジャンプして
その勢いのままドスッと対象物にアタックし乗り上げる。
ニコはドラミの攻撃に歯が立たない。
抑え込まれ、下でバタバタあがいている。

そんなニコは沸々と怒りをため、猛反撃。


130617-01.jpg


でも、カノジョにはなんの技もない。
ただひたすら勢いをつけて突進、それも相手の隙をついて。
意表をつかれてドラミを転がし、上位に立つニコ。

ずっとその繰り返し。

オンナの対決って怖いわねーっ
ニコもドラミもヴォッコの娘だから、余計にねーっ

ドラミったら、たらちゃんをオケツで踏んづけてるしっ(笑)


そんなドラミとの対マンにあきたニコ。
次はたらちゃんと遊ぶ。

たらちゃんは黒ポンのオス。
小さかったのに、今ではニコと変わらない大きさになり、運動神経もよくなってきた。

どうしてなんだか、ニコとたらちゃんは気が合うようで、その後はずっと一緒。


130617-03.jpg


噛みあってみたり、追いかけっこしてみたり、オモチャの争奪戦してみたり。
同じ兄弟姉妹でもいろんなリアクションで九匹九色、見ているとあきないねっ

その横でぐーすか寝ているのが、Q太郎。
一匹だけ「オールドなの?」ってくらい大きい男の子。

大きい体で、ちょっとどんくさかったりしてかわいい。
正直、O次郎(巣立ち済み)とたらちゃんが好きだったぽぺこ。
だけど、今回、Q太郎がかわいくて、かわいくて。


130617-04.jpg


肩肘載せちゃって、おっさんQ太郎。

そろそろ帰ろうと思い立ち上がると「行かないで」と暴れるQ太郎。
ちょっとサークルから出して遊んだんだけど、
オモチャを投げると取りに行き、戻ってくるとオモチャを放して膝に乗る。
正面からどーんっと。
で、前足をぽぺこの肩に。

なんともかわいい甘え方にグッときた。
こんなにかわいかったんだね、Q太郎。

ボスもその甘え方に嬉しそうな顔をしていた。


帰ってから「ニコおいで」とボスが呼び、ニコがどすどすボスのもとへ。
そのままボスがすくい上げ、Q太郎がやったように膝に正面からのせ、
前足を肩に掛け「こうやって抱かさるんだよ」とニコに教えようとしていた。

が・・・

言うまでもなく、ボスはニコに顎を噛まれていた。

けけけーっ
急遽、ボスハウスへ行く用事ができた。
じゃ、せっかくだからということで、2週間ぶりの里帰りをしたニコ。


130616-1.jpg


DINGOに着くと、ちょうどみのぽん(園長と呼ばれているニコたちの育ての親)が外に。
「ニコー」と呼ばれ、尻尾フリフリのニコ。
ちゃんと覚えていたみたい。

ふーっ
覚えていてくれてよかったよ。
「誰?アンタ」みたいな態度で園長が不機嫌になっちゃー困るもん(笑)

店内には先客のデーンが。
「おぉーっ」と声が漏れるほど立派、ショードッグとして活躍してるイケメンさん。
だけど、普段からチワワでも一緒に遊べるほどの優しい男の子。
最初は固まっていたニコも、カレの優しさに調子にのって・・・


130616-2.jpg


恐るべし怖いもの知らず。

ポン保育園にはまだ残っているQ太郎・たらちゃん・ペロンパ・ピグモン、
それとドラミが遊びに来ていた。

久しぶりにみんなに会えた喜びでニコは大興奮。
ドッタンバッタン走り回り、暴れまわっていた。

当然、そんなハイスピードに写真はぶれ、使い物にならず。

久々に顔を出したニコに、ペロンパとピグモン(両犬メス)は面白くないようだ。
ニコがだだだーっと傍若無人に暴れまわり、一呼吸しているところに歩み寄り、


130616-3.jpg


隅に追いやり、フクロだっ

いつもウチではこんな遊び方をしてくれる相手がいないから、
ニコにはいい勉強になったし、いい時間が過ごせたと思う。

そうそう、今回はニコに課題があった。
カノジョとの対マン。
因縁の対決だっ

それはまた明日。


おぉーっと。
ニコが里帰りをしたのはついで。
本題はダイゴのサマーカット。


130616-4.jpg


「せっかくダイゴ、きれいにコートが伸びてきたのにー」と言われたが、
「もう、ニコが増えたらブラッシングなんてしてられないよっ
 だから今夏はダイゴもバリカン入れて下さいっ」
「そうでしたね、はいっ」とみのぽん。

今回は顔も小さくしてとお願いしておいた。
出来上がりに大満足、でかっ鼻おっさんダイゴがかわいくなった。

「顔を小さくなるように切ったんですけど、顔が大きいんですよねーっ」とトリマー。

けっ
これがかわいいんだよっ
2頭身とか3頭身の方が、キャラとしていいんだってっ
もう、オヤツ買ってって差し入れしないからねーっ(笑)

今日で3か月のワニコ。
ウチにきて2週間。

なにか学習できただろうか・・・
んんーん。


130614-1.jpg


まだ距離感があるアフガンたち。
相変わらずニコが遊ぼうと来ると知らん顔し、跳びだすと逃げる。
それをニコが勘違いして追うと、ウィリーは本気で逃げる。
まだまだ時間がかかりそう。
だけど、おかげで動かなくなってきたウィリーの運動不足解消には一役買っている。

もう、ボスの突飛な発言にも慣れた。
あまりネタにしない方がいいのか、と思いながら面白いから掲載しちゃうんだけど(笑)


夜のこと。

「ねぇー ニコがしゃっくりしてるー」
「そりゃーするでしょ、誰だって」
「まだしてるよー」
「まだって、まだ数秒しかたってないじゃん」

とボスを突き放した。

翌晩もしゃっくりをしていたワニコ。


130614-2.jpg


「止めてあげなくてもいいのかなぁ」
「ほっとけばっ」
「続いてるよ」
「誰だって連発するでしょっ」
「驚かしたら止まるのかなぁー」
「もーっ やってみればっ」

なにしてもニコが気になるボス。
これじゃー、ワニコにしてみたらウザいでしょっ


里から聞いた話をボスに言った。
「ジャイ子のこと気に入っていた男の人が3人いて、
 1人は「ウチに来るはずだったのに」って言ってたんだって」
「ふーん」
「意外と人気あったんだね、ジャイ子」
「ふふっ
 別にさーっ その人がどうしても欲しいって言うなら譲ってもいいよ」


130614-3.jpg


「えっ そうなの?」
「うん、どうしてもっていうならさっ」
「じゃー電話してあげれば?」
「なんでオレがーっ」
「別にいいならいいじゃん、言ってあげなよ」
「相手がかけてきたらの話だっ それにー」
「なによっ」
「きっとさっ ニコは行きたくないよっ ココがいいに決まってるっ」
「そう?」
「いっぱい遊べる庭があるしー」
「だけ?」
「色々だーっ」

きっと「オレが面倒みてるんだ」とか言いたそうな顔をしていた。
が、ぽぺこに突かれるから省いたんだなっ


130614-4.jpg


けっ
正直に言えばいいのにさっ
ちゃーんとネタにしてあげるのにーーーっ

ニコザルからワニコへ。

まぁー、噛む噛む。
歯磨きしながら歩いてたら、ぽぺこのオケツに跳びついて噛もうとしたワニコ。
咄嗟にかわし、女将の怖さを教えた。


130613-1.jpg


それからはぽぺこが抱いても、手を出してもなにもせず。

ダイゴとイチロも、ワニコがダイブしてくるとかわす。
口元に食らいついてくるワニコを上手に撃退。
ダイゴは鼻先で突いて転がしてるし、イチロは前足で応戦してる。

それに引き替えボス。
カプカプ噛まれて、何も言わずに満面の笑みだよっ
イカレチャッタ?


130613-2.jpg


夜のこと。
毎晩、寝る前に用足しに外に出す。
ワニコも一緒に行くんだけど。

「たいへーんっ」とボスがニコを抱いて現れた。
「どうしたの?」
「ニコが変だよ、変なんだよー」
「どこが?」
「ほらっ」
と抱いたニコをぽぺこの方に向けるが何が変なのかさっぱりわからず。

「それじゃーわかんない」
「ほらぁ、見てよ」
「はぁ?」


130613-3.jpg


「ニコが動かないんだよっ」
「眠いんじゃーないの?」
「確かに寝てたんだけど、みんなが外に出るときにはパタパタするのにさー」
「だから、眠いんでしょっ」
「動かないから抱っこしたんだけど、噛まないんだよ」
「当たり前でしょっ 眠いんだからっ」
「だって、オレが抱いたら噛むもん」
「はぁーっ」
「ほらっ 指出しても全く無視してるでしょ」


130613-4.jpg


「あのさっ もう面倒なんじゃーないの、ニコが」
「えっ?」
「ほっときなよっ」
「ニコ、外行こうね」


外から戻ってきたボスが言う。

「いいよなぁー オマエはニコに噛まれないでしょー
 オレがさぁ、撫でようとしたら手を噛むし、抱っこしたら噛むし、
 おろせって暴れるしさぁー、顔を近づけただけでもカプッて噛むんだよ」
と言いながらも、ニコを抱っこして撫でている手を噛まれてる。


130613-5.jpg


予め、「しつこいと嫌われるよっ」と釘刺しておいたのにさっ
なんでそんなにまでしちゃうかなぁーっ

相当舐められてるし、嫌われ始めてるよっ
ウザがられてるーっ

かわいそーにっ
5日ほど前の話。

「ねぇ、ニコって頭いいのかなぁ」
「そりゃーいいだろっ」
「えぇーっ ヴォッコみたいに冷蔵庫や扉を開けちゃうかなぁー」
「あぁー そっちねっ それはわからん」
「じゃ、なんで頭いいって言ったの?」
「もうさっ スワレもマテもできるっ」
「ふーんっ ほんとに?」


130611-1.jpg


ニコは日中ボスとシープドッグたちと過ごしてる。
ご飯もボスが別室であげてるから、どこまで躾けてるのかぽぺこにはわからない。

「頭いい」と言うが本当か?

ぽぺこが昼ご飯をあげるときに試してみた。
「スワレ」と言えばどどどーっと走り、ジャンプしてご飯の登場を喜ぶ始末。

「あれーっ ちゃんとできたんだよ、なぁ、ニコ」
温かいまなざしでニコを見るボス。
ニコはもうご飯に夢中。

ちっ


130611-2.jpg


その日、園長から電話がきた。
「ウチにいる子たちはスワレもマテもできるんですよ」と。

甘やかし放題のボスでは無理だっ
放っておこうかと思ったが、一般常識くらいはできないとねーっ

なんにでも興味津々のニコは簡単だ。
手を頭上にあげれば自然と座る、それを繰り返してスワレを教えた。
ご飯の時のマテは出来るようになった。
普段からできるようにしなくちゃ。


130611-3.jpg


なるべく手を出さず、ボスに全部やらせようと思っていたが。
箱入り、いや有刺鉄線グルグル巻きの籠入り娘をなんとかせねばっ

ちょこちょこ相手をしてあげるようにした。
そしたら、今朝のこと。

みんなを外に出し、ニコも外に出すために囲いから出したボス。
「外行くよ」と言っても付いて行かないニコ。
「早くおいで」と言われても無視。

ふっとぽぺこが足元を見ると、そこにはニコが座って待っていた。
「おはよー、ニコ」とむぎゅむぎゅしたら嬉しそうに跳びついてきた。
なでなでしたらくるっと向きを変え、外に出て行った。


130611-4.jpg


一応、ぽぺこにも挨拶はしなくちゃっと思ったらしい。

ここんちでの一番の権力者。
誰だかちゃんとわかっているようだっ(笑)

そこんところは賢い、いや要領がいい女だっ

用事があってこっち方面に来ていた銀&風&お福一家とチェロ&ルーナ一家。
夕方、ちょこっとぽぺこハウスに寄ってくれた。

ニコにとって2年お姉さんになるルーナと。


130610-1.jpg


おサル顔が同じくかわいいお福。


130610-2.jpg


そして、ぽぺこの彼氏の風ちゃん。


130610-3.jpg


久しぶりに人に会い、会話をし、犬たちと触れ合い、楽しい時間を過ごした。
が、みなさんはどうだったんだろう・・・

最近、このブログで話題になってるボスとニコ。
目の当たりにしてみたかったんだと思うが、そうはいかなかった。

ボスはTPOで態度が変わる。
他人の前ではデレデレなんてしないっ
クールに装うのだっ

せっかく見に来てくれたのにさっ
今度はこっそり草葉の陰から覗いてみて下さい(笑)


その場では『頭大丈夫』的なことはありませんでしたが、普段の会話から一つ。


130610-4.jpg


最近、ニコがかわいすぎて目が離せないボス。
ついつい手を出してしまい、ニコと戯れる。

ニコが来て1週間が経過した。
だいぶ性格がわかってきたんだけど、どうやらすっごくマイペース。
自分の意思がはっきりしていて、「今はこれ」と思ったらそれ以外は無視。
ちやほやおだてたってダメ。

人に対して人見知りがあるようで、自分が気に入った人のところへは行くが、
そうでなければどうでもいいらしい。
まぁ、里にいる頃、ニコはぽぺこにまったく興味がなかったしね。

我慢強く、諦めも早い。
執着心もあまりないような。
しつこくされるのを嫌がる。
甘ったれではない。


130610-5.jpg


「ニコってさ、成犬になったら冷たくなりそう」とボス。
「まぁね、あまりべたべたされるのは好きじゃーなさそうだねっ」
「プイッとされそうだなぁ・・・」
「されるね、きっと。ほっとけ、ウザいって顔するよー」と言ってやった。
しばらく無言。
「なんかぁ・・・寂しいよなぁ・・・」とボス。

娘に嫌われることを恐れるオヤジと化してるボス。
仔犬の成長は早いから、ニコと寄り添っていられるのもそう長くはないだろう。

けけけっ
かわいそうなボスだっ


「そういえばさぁー この貫くマイペースさって」
「へっ なに?」


130610-6.jpg


「似てるよね、オマエに」
「あぁーっ そうだねっ、ぽぺこも自分の子供の頃に似てるなって思うもん」
「ってことは・・・」
「しつこいと嫌われる、絶対にねっ」
「はぁー・・・」


まだ1週間。
楽しい日々を送ってるのに、そんな先のことを考えてるとはねっ
ご愁傷様。


当初、予想されていたコンビ。


130607-1.jpg


イチロはニコに遊べと言われて困惑顔をしたりもするが、
あからさまに嫌がることはない。

が、イチロが相手するほどでもないのだっ
ボスがいるから。


130607-2.jpg


「女の子は全然違うから」
「主人の態度がオスとメスで全然違うわよ」
なんて聞いてはいたが、まさかねーっ

庭に出てドスドス縦横無尽に走り回り、あれやこれやなんにでも興味津々。
飛んでる虫を捕まえようと必死になってたり、
自分の尻尾を追いかけてグルグル回ったり。


130607-3.jpg


庭の小石を拾って口の中へ。
枝を見つけてがりがり。
葉っぱをむしってむしゃむしゃ。

そのたびにボスが駆け寄り、ニコの口から取り出す。
そんなのほっとけばぺっと出すのにさっ


130607-4.jpg


この間、ニコに何か怒ってるなぁ、と思ったらさっ
「女の子なんだからゲップをするんじゃーない」ってさ。
女の子云々の前に生きてるんだから、ご飯食べればゲップくらいするでしょーっ

外を見てウゥーっと低い声で唸ったら
「女の子なんだからそんな声を出すんじゃーない」だって。
警戒するでしょ、犬なんだもん、しょうがないでしょーっ

まぁー、普段なら罵声が飛び交う我が家だが、ニコが来てからボスが怒らないこと。


130607-5.jpg


ご飯をあげるとき、ニコだけ別にしていた。
ウィリーが気が散ってご飯を食べないってことで。

でも、いつまでも別にしててもしょうがない、さっさとウィリーには慣れてってもらわないと。
「そろそろ一緒に食べさせればいいじゃん」
「ダメだっ」とボス。
「だいぶガツガツしなくなってきたんだっ
 1匹なら競争しなくていいから落ち着いて食べられるんだっ
 みんなと一緒に食べたら、またがっつく女になちゃうじゃーないか」


130607-6.jpg


あ、そっ。

ニコはポンだ。
あのヴォッコの娘だ。
どう考えたって食に対しての執着心は半端ないだろう。
それを変えることなんてできないでしょー、DNAなんだからさっ

っと、ぽぺこが言ったって『馬の耳に念仏』だ。
好きなよーにしてくださいよっ


130607-7.jpg


ニコとシープドッグたち+ボスの『せっかちーず』が家に入ると、
のんびりうだうだ動き出す『ぐずぐみ』のアフガン+ぽぺこ。

ぐず最高!
ニコがきて6日目。
ほとんど付きっきりのダイゴとイチロ。


130606-1.jpg


ニコだけでは寂しかろうとセットにされてしまったのだ。
アフガンとシープドッグで部屋を区切り、ニコが遊びだしたら付き合うのはダイゴとイチロ。

彼らもたまには気分転換しなくちゃね。
それにウィリー。
まだ仔犬との接し方がわからず戸惑い気味。
ニコが前足を伏せて「遊べ」と催促するとたたーっと走ったり、
ウィリーが前足を伏せてニコを誘い、追いかけてたはずが追い越しちゃって逃げる側になったり。
でも、休んでるときにニコに近寄られると尻尾巻いて逃げる。

ニコが寝てるときがみんなの安息時間。
振り回されっぱなしだけど、よく頑張って・・・いや我慢してると思うよっ


そんな3匹、今日の午後はボスと散歩へ。
ぽぺこはブルジィとニコザルとお留守番。


130606-2.jpg


ニコザルはどうするのかと思ったら、別にいなくても探すこともなく、ぽぺこと遊ぶ。
まったく寂しがる気配もなし。

こんなこと報告したらボスが寂しがるねっ

まぁ、普段からそう思うことが多い。
柵に入れられても1回目は「出せ」と喚き散らすが、それもほんの数分。
ぷいっと諦める。


130606-3.jpg


朝も、初日は大暴れだったが、みんなが起きるまで柵の中で静かに過ごす。
鼻鳴きもしないし、柵をなぎ倒そうともしない。
こっちが拍子抜けしちゃうよっ


3匹が戻ってくると「あれ?」と不思議そうな顔をしながら扉の前に。


130606-4.jpg


今までみんながいなかったことに今頃気付いたらしい。


130606-5.jpg


それぞれに「おかえり」とあいさつをして回る。
それを見ていたウィリー・・・

扉の前で座った。


130606-6.jpg


ニコの出迎えを拒否中ですっ

今日は買い物へ行くのにニコを同乗させた。

先日、東京からの車移動で緊張からだろうが涎が止まらず、一度吐いてしまったニコ。
これからはボスハウスとぽぺこハウスの移動を繰り返す生活になる。
さっさと車に慣れてもらわないと困るからだ。


130604-1.jpg


山道を走行。
4日目の今日はボスとぽぺこのことを覚えたためか、涎は垂れなかった。
が、終始文句は垂れていたけどねっ

「おーっと、安全運転しなくちゃっ 大切なニ・・・ぽぺこが乗ってるからね」
「はぁ? 今まで一度も言ったことないくせに」
「だから言ったんだよっ」
「大切なニコが乗ってるからって言えばいいじゃん、別にさっ」

いつもは乱暴な運転もニコに気遣って安全運転。
まっ、いいことだけど、今まではなんだったのか・・・


130604-2.jpg


特訓も始まった。
ボールを投げたら持ってくる特訓。

先代のカジキはボールが大好きだった。
それがどうしても忘れられない。
ボスもぽぺこもイチロを迎えて懸命に教えようとしたが、
能ない鷹は爪もない。
イチロは全くボールに興味をもたず、私たちもあきらめた。

が、前回のヴォッコの子供たちはボールが好きな子が多い。
きっとニコも!


130604-3.jpg


庭ではダイゴとイチロがいて気が散るから、ボスがニコだけ連れ出して特訓。
ニコは嬉しそうに取りに行き、ちゃんと戻ってくる。
そんなニコを見て、終始にやけてるボス。
このままボール遊びが好きな子に育ってくれればいいけど。


130604-4.jpg


ぽぺこはほとんど世話をしていない。
○ッコを失敗しても、ウ○コしてもボスが片付けるし、ずっと一緒にいる。
だからニコもくっついている。


130604-5.jpg


そういえば、今日の車内でのこと。
車が止まるたびにニコに手を出すボス。

「そんなに触っていたいなら運転代わるよっ」と言うと
「いやだっ そしたら頭しか見えなくなるじゃん」だって。

終始一緒に居てもまだニコザルの顔を見ていたいなんてねっ

子猿顔はいつまで見てたって子猿。
なぁーんて言ったらまた怒られるから言わないけどねっ

ニコがきて3日目。


130603-1.jpg


ブルーは自分から近づくのはいいけど、ニコから来ると逃げる。
でも、今日は逃げるのも面倒になったようで、顔を近づけてきても微動だにせず。
進歩だっ


130603-2.jpg


ダイゴはずっとお守り。
跳びついて毛をむしられても、我慢。
追いかけて追いかけられて、一緒に遊んであげたり。
嬉しいんだけど、ダイゴに育てられたイチロを見るとねーっ
ま、ラクだからいいけど。


130603-3.jpg


イチロはヴォッコの時みたいにバッタバッタと遊ぶかと思いきや、
遊べーっとダイブしてくると逃げる。
とにかく逃げるが、添い寝はしてあげてる。


130603-4.jpg


いつもはオモチャ持ってても誰にも欲しがられなかったのに、
ニコによこせとせがまれて戸惑い、逃げる。
渋々大切にしていたオモチャをぽとっと放し、ニコにあげるのに、
ニコったらすっかり忘れて暴走してどっか行っちゃうし。

振り回されてるね、完全に。


130603-5.jpg


ウィリーは来られると逃げる。
自分からちょっかいを出すこともない。
怒ったりはしないが、構わないでくれの一点張り。
ま、アフガンだからねっ


130603-6.jpg


ボスはといいますと。
「抱き癖がついちゃうよーっ」と言いながら抱っこしてるし、
柵から出せーっと暴れると、ひょいっと持ち上げて外へ連れ出す。
それもまだ明けきらない早朝だよっ
いつもどんなに起こしても返事ばかりで起きないくせに、ニコに鳴かれたらぱっと目覚めてさっ
その後もまたニコが出せーっと騒いだら自分のベッドに添い寝。
ぽぺこが咳込んで苦しんでる横でガーガーいびきかいて寝てたくせにっ

けっ
どんだけ甘やかすんだよっ

ポンは飼い主のストーカーになるっていうけど、
ボスはニコのストーカーだよっ
「気に入った人がいたけど『この子は予約済みです』って言ったから」

そんな報告されても・・・
誰も予約してないし、増員予定なんてないし。


「スカイプしましょ」と言われ、テレビ電話で繋がると絶対に顔を出す。
「だから、飼うなんて言ってないでしょ」と言っても彼女には届かず。


130602-1.jpg


「いつお迎えに来るの?」
「会いに来るって言ったからシャンプーしたのよっ」

何かあるたびに報告を受け、ある意味洗脳されたんだよっ


「オレが断るからいいよっ」と言っていたボス。
安心してたら「オレ、女の子、一回飼ってみたかったんだぁ」とこぼした。

へぇーーーーーーーーっ

で、結局。


130602-2.jpg


はぁーっ
5匹だよ、5匹。
どうすんだよーっ


決断した翌日お迎えに行った。
そんなんだったから名前なんて考えてない。

「イチロ(一路)の次だからニコでいいんじゃーないの」
なんて言っていたポン友。
ぽぺこも響きが気に入ったが・・・


130602-3.jpg


「イチロ・ニコ・サンタでいいじゃん」と言われた。
イチロもサンタも最悪、一緒に羅列されたら・・・
「絶対にいやだぁーーー」と言ってヤメ。

振出しに戻った名づけ。
ボスの相方として迎えた以上、何かボスに因んで名づけたかった。
『バイク』のフィンランド語が『ピュオラ』
いい感じの響きだし、きれいな感じがする。
けど、ちょっと暴走傾向もありってことでいいじゃん、ってことで決めた。

が、どうにも呼びにくい。
ピューだのピーだのピヨだの、呼んではみるがシカト。


130602-4.jpg


「ニィーニィニィニィニィ」どすどすどすーっ
尻尾ふりふり走ってくる。


ウチの子にはしゃれた響きは鳥のさえずりくらいにしか聞こえないらしい。

まぁ、ウチの子はみんな
 ブルー.Jet
 ダイゴ.Bit
 イチロ.Jr
 ウィリー.Fun
とセカンドネームに意味を込めてつけてるから、
『ニコ.Pyora』に決定。


130602-5.jpg


ボス念願の女の子。
この先どんなポンに育つのか。

「はははーっ ぶっさいくだなぁーニコは」と言うと
「はぁ? あの9匹の中で一番顔がきれいだったじゃん」

「けけけっ この顔はあれよ、あれっ サルだぁー ニコザルちゃん」と呼んだら
「サルってつけるなっ ニコって呼べ」だって。


今からこんなにデレデレメロメロでどうすんのよっ


130602-6.jpg


どう見てもサルでしょ、子猿。
お福ちゃん(ニコと両親が同じポン)と同じくお猿のジョージだわぁーっ


ニコって園でたっぷりご飯を食べていてようで、むっちりぷりぷり。
歩く後姿を見たボスが、
「グラマーだよな、ニコって。大きくてかわいいオケツだなぁ」と。

『グラマー』じゃーなくて、『ぷんぷくりんのおデブちゃん』なだけなんじゃーないのかぁーっ

この調子じゃー、超わがまま箱入り娘になるだろうねっ
で、天下無敵のヴォッコが母犬でしょーっ

ひぃーっ
恐ろしぃーっ