今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

ほーほほほっ


130731-1.jpg


横浜勝ったねーっ
プレイボールからゲームセットまでぜーんぶ観たんだもーんっ

さすが決勝戦、はらはらしたけどぽぺこは信じてたんだもんっ
絶対に横浜が勝つって。

これで、今夏も引き籠りの楽しみができたっ
だって、大好きな智弁和歌山が3回戦で敗退しちゃてちょっと凹んでたんだぁ。


130731-2.jpg


でも、和歌山からは簑島が29年ぶりに甲子園へ。
なんか聞いたことがあるなぁっと思ったら、延長18回まで戦った簑島VS星陵だったんだねっ
今のナインがどんな戦いをするのか、楽しみだーっ

春夏連覇をかけた浦和も順調に勝ち、昨年の優勝校大阪桐蔭も勝ち進み、
春の準優勝校済美も甲子園に。

んんーんっ
早く始まらないかなぁーっ


130731-3.jpg


神奈川県大会を満喫していたぽぺこは、ボスと5匹にジロジロ睨まれ、
試合終了と共に早々に支度。

夕方にはぽぺこハウスに到着ですっ

やはり、街中と違って涼しい山の中。
5匹は水を得た魚のように走り回る。

見ているぽぺこも気持ちが晴れる。


130731-4.jpg


いつも寝てばかりのブルジィも一緒に走ってるし。
ウィリーもニコを突いて走らせ、一緒に爆走。

ま、ウルトラマンより持続時間が短いけどねっ


130731-5.jpg


ダイゴ母さんはいつも通り育児に追われ。


130731-6.jpg


ずっとニコザルの世話して、いつか本当に『オネエ』になりそうで怖いっ
早くぽぺこハウスに帰りたいけど、帰れない。
高校野球の神奈川県大会が終わらない限りは。

今日は朝から小雨がパラパラ。
じっとテレビの前で待ち、データ放送でチェックを続けた。


130729-1.jpg


昨日の二の舞にならぬよう、買い物へも行かず、ただひたすら待った。
が・・・

がーんっ
決勝戦は雨の為中止と。

暑いから早いとこ山に帰りたいのにぃー

「まだ甲子園じゃーないんだからいいじゃんかっ」とボス。
「だめよっだめっ 横浜が甲子園に行ったらどうすんのよっ」
「それでいいんだろっ」
「ばかねっ なに言ってるのよっ
 選手のこと何も知らないのにぶっつけ本番で応援なんてできないじゃないっ
 ちゃんとデータ集めなきゃいけないのよっ わかってないなぁーっ」


130729-2.jpg


っと言うわけで、まだボスハウスに残留。

バカルテットはまだいい。
こっちでの生活にも慣れてるから。

困るのがニコザル。
山の子となったニコザルは不満の嵐。

何かを破壊して困らせたり、これといっていたずらをするわけではないのだが・・・


ボスとイチロと就寝しているニコザル。
昼間も暑くて外で遊べないし、イチロは大してかまってくれない。
ぶんむくれ状態だった。


130729-3.jpg


そしてボスは締め切りに追われ、深夜3時、一度仮眠をとろうと布団の中へ。

たたたたたーっ
ばたっ
くちゃくちゃっ
たたたーっ
どすっ

さんざん寝させられていたニコザルはこれ見よがしにボスに遊ぼうと誘う。
眠いボスは無視。

どどどどーっ
ばすんっ
ピーピー ピコッピコ プピーッ
ぱたぱたっ
だだだだだーっ


130729-4.jpg


無視されたニコザルは誘うのを諦め、ひとりで遊びだした。
5時まで。

やっと静かになったと思ったら目覚ましをセットした6時。
結局ろくに寝れなかったそうだ。

それでもニコザルを撫でながら嬉しそうに話すボス。
『人って変われるものねっ』と思いながら聞いていた。

が、ご飯の準備をしていたら「早くぅーっ お腹空いたぁーっ」
と鳴き出したシープドッグたちに向かって「うるせーっ」と一喝。


130729-5.jpg


『三つ子の魂百まで』だっ
だだだだっ
階段を駆け下りてくるボス。

「高校野球観なくていいの?」
「だぁああああーーーーーーっ」


130728-1.jpg


すっかり忘れてた本日の準決勝。
ぽぺこが好きな横浜高校だったのにぃーーーっ

急いでテレビをつけたが終わっていた。
まぁ、横浜が勝ったからよかったものの、何も観てないってどうよっ


ぽぺこハウスではアンテナ立てても受信できないと言われ、光テレビを観ている。
なんなんだか、光テレビでTVK神奈川が受信できず、おかげで県大会はなにも観れてなかった。

いつもなら行きたくないボスハウスに移動し、毎日ウキウキでテレビ観戦。
お腹の調子がよくないのに、高校野球を観ると痛みがひく。
なんとも単純なお腹だっ


130728-2.jpg


そんな楽しみも雨のせいで、一日順延したおかげで・・・

大切な準々決勝、勝ち上がってきた8校をじっくり観ようと思っていたのに、
どうしても外せない予定があった。
ぽぺこの病院だっ

その日は、なっなんと、話題の 桐光VS横浜 だった。
出発予定時刻になっても始まらない試合に我慢できず、初回だけ観戦し、病院は遅刻。

とまぁ、いつも通り高校野球に熱くなってますっ

そんなぽぺこ。
ただただ、高校野球を楽しみに、引き籠っているだけなのに。

まただよっ
胸に残っていたしこりが大きくなってきたのを自覚し、病院を訪れたのが先月。
すぐにCT検査を受け、翌日結果を聞いた。

両胸も腋の下のも大きくなってきて、腰にもあるし、肺にもあるらしい。
リンパ腫さん、活動開始したらしい。


130728-3.jpg


「リツキサン、始めようか」とS医師に言われたが、
「どうせやっても1年ちょっとでまた大きくなってくるんだったらやりたくないっ」と伝えた。

とりあえず、考えるってことで空いた1か月。
今後、どうするのかを話に行ってきた。

「血液検査の結果では腫瘍マーカーが上がってきてないんだよね」
「じゃ、やらなくてもいいってこと?」
「いや、いつもあなたのは血液上そんなに異常が見られないのよ。
 進行は遅いけど、しつこいという、面倒なタイプなんだよねっ
 リツキサンはやりたくないんだよね?」
「うん、やだっ 先生はどう思う」
「治る治療がまだないし、標準的な治療方針も決まってないし。
 抗がん剤使っても骨髄抑制がかかるから、それは避けたいんだよね、今後の為にも。
 うーん、私からは「これをやればいい」て言えないのよ」
「まだ、そうなんだねっ」


130728-4.jpg


「まぁ、今のところ臓器に影響ないし、症状もないしね、
 気になるなら始めればいいけど、いやならやらなくてもいいと思うよ」
「ほんとーっ」
「でも、どんどん大きくなっていくのも困るから次はもう一度CTやって、
 増幅具合を見て、治療をどうするか決めようか」
「そうしよーっ」

で、いやだった治療も延期でき、うかれて家に帰った。
が・・・
試合は終わっていた。
どちらが勝っても心から喜べない試合は横浜が競り勝った。

そして本日。
すっかり忘れていた 横浜VS東海大相模。
8回コールドで横浜が勝っていた。

「あーぁ こんなに横浜に点が入ったならオマエは大喜びで観戦してたのになっ
 もっと早く気づいてあげればよかったなぁー 残念だなぁー ははっ
 さっき教えてあげた時、オマエ座ってたのに飛び跳ねたぞっ ぴよんって
 まぁ、横浜勝ったんだし、次はちゃんと観なくちゃなっ はははーっ」


130728-5.jpg


嫌味かっ
ボスに嫌味言われるとはっ

せっかく治まった腹痛が蒸し返してきそうだよっ
けっ
久しぶりの更新になりました。
みんな、元気にしてますっ


130727-1.jpg


ダイゴ母さんに面白いことが。

オスだから当然後ろの片足を上げてじょわじょわシッコしてましたが、
庭に放したときはマーキングなんて面倒になったらしく、
腰を落としてじょわじょわシッコしてたんです。

それが、先日見てたら進化したんですっ


130727-2.jpg


前足を片方あげてじょわじょわーっ

なんなのっ?
挙手しながらのシッコって。

それに引き替え、ニコザルときたら。
腰を落としながらするものの、よーく見ると後ろの片足があがってるーっ

オンナらしくしろってーっ


130727-3.jpg


この一週間、ちょっとお腹の調子がよくなかったぽぺこ。
ビールを飲まなくなったのは前からだけど、アイスクリームも食べなかった。

がっ


130727-4.jpg


ふっかーつ!
夏は冷たいものに限るよねっ

で、食べすぎてトイレ直行になりそうだけど(笑)
何ごともほどほどにしないとねっ
あぁーぁっ
まさか、どこ観ても選挙じゃーどうしようもない、退屈な夜だぁー


130721-1.jpg


ボスのダイエット。
今のところ、毎日のジョギングは欠かしていない。
大好きな白米も夜は食べない。

もう2週間になるが体重は減ったのか・・・

「さすがにさっ 2キロは減ったよね」
「2週間で2キロ?」
「毎日走ってるし、ご飯だって我慢してるしさっ」
「ムリでしょっ 2キロは」


130721-2.jpg


ってか『さすがに』って変でしょっ
それじゃー、もっと減ってると思ってるってことでしょっ

甘いねっ
まだカルピス飲んでるようじゃー、そんなに痩せるわけないっ
どうしてこうも短絡的なんだろうか。

そんなこと考えながら家事をこなしていたぽぺこ。
そこにまた現れたボス。


130721-3.jpg


「ねぇ 見てて」と声を掛けられた。
片付けてた手を止め、そちらを向く。

「ニコおいでー スワレ」
何かすごい技でも教えたのか?

ちょこんと座っているニコ。
オヤツを片手に持ち、ニコの目の前でちらつかせるボス。
「フセ」
オヤツを持った手を下げ、ニコにフセをさせた。

「いいかぁー マテ」
・・・
「ダメだって マテだよっ」
・・・
「よーしっ ね、ちゃんと待ってたでしょ」


130721-4.jpg


「で?」
「できたでしょー マテ」

どうやらボスは勘違いをしているようだっ

 オレが教えた
 ニコもちゃんと覚えた
 オレたち偉いだろっ

てな感じで。

納得がいかなかったぽぺこはちゃんと正してあげた。
「それ、ちょっと前にぽぺこが教えたんですけど」

「えっ そうなの?」
「あなたが遊びに行っている間に教えましたっ」

その後、彼らはこっそりひっそりぽぺこの前から姿を消した。

けっ
出直してきやがれーーーっ
ふーっ
とくに派手なネタも見つからず。
くすっと笑えるネタを探してはいるんだけど・・・


130717-1.jpg


先日、帰省した時の話を。

「まったくーっ」とぶつぶつ言ってるぽぺこ母。
どうしたのかと聞いたら、何もかもが楽しい年頃のニコザル。
あれやこれや引っ張り出して、ぜーんぶ私物化する。
スリッパを持ち逃げしてぽぺこ母をあざ笑う。

まぁー、やりたい放題。

で、何かを破壊してた時のこと。
「ダメでしょ」と怒ったら、ゴロンと転がってお腹を出して降参のポーズ。
まだまだ素直なニコザルと思ったぽぺこ母。


130717-2.jpg


「もう、しちゃダメだからねっ」と甘い一言。

許されたとわかったニコザルはパタッと起き上がり、
ぽぺこ母のスリッパをまた持ち逃げして大喜び。

「ありゃー相当のオンナになるね、女王様だっ」と。


そりゃーそうよっ
みーんななにされても怒れないんだもんっ

だから、オモチャをくわえて必死に逃げるイチロ。
それを横目で睨んでいるニコザル。


130717-3.jpg


その後、当たり前のように強奪。
はるか後ろで凹んでるイチロを一瞥し「けっ」


130717-4.jpg


あらっ
ぽぺこに似てきちゃったわねーっ(笑)


ニコザルに振り回されてるスリートップ。


130717-5.jpg


もっとシャキッとしないと、ニコザルに蹴散らかされるわよっ
あっちもこっちも猛暑続きで大変みたい。

山はまだ大丈夫。
元気に遊んでますよーっ


130714-1.jpg


ずっとニコザルと距離をとっていたアフガンたち。
認めたのか、諦めたのか。
ニコザルと一緒に過ごしても逃げ回らなくなった。
ウィリーに至っては・・・


130714-2.jpg


まっ、まさかっ


130714-3.jpg


突然、ほんとっ突然ニコザルと遊ぶようになったーっ


130714-4.jpg


ブルジィがほとんど相手をしなくなり、毎日ぽつーんっと座りっぱなしだったウィリー。
ろくちゃんは真っ黒ウィリーをきれいに撮るために買った。
でも、肝心のウィリーは動く気配がなく、ちょっとがっかりだったこの頃。
やったねーっ


130714-5.jpg


生き生きとした表情もきれいに撮れたしっ


130714-6.jpg


ろくちゃんの本領発揮だーっ


130714-7.jpg


ニコザルはおまけだよっ

「ボスニコネタが最近ないじゃない」と指摘がありましたが・・・
ニコザルネタに進化はありません。
だって、いつも一緒なんだもんっ
ボスはニコを見てデレデレだし、いつも抱っこで移動だし、
深夜、明かりが漏れてる先をふと見ると膝に入れてボソボソ何か話してるしーっ

ネタを追いかけるぽぺこが疲れました、はいっ。
日曜日に帰省したのは、ボス友の結婚パーティに出席するため。
友人だけでレストランで開催された。


130710-1.jpg


数年ぶりに会う人たちもいた今回のパーティ。
総勢30名。


数日前のこと。


130710-2.jpg


「前にみんなと会ったときはだいぶお腹が出てきた人がちらほらいたけど、
 今回はもっと増えてるのかなぁー」
「そうだなっ みんなきっと大きくなってるぞっ」
「じゃ、きっと連帯感で痩せる気なんてなくなるねっ」
「歳だから仕方ないんだっ」

なんて話してた。

「どうだった?」
「なにが?」
「みんなのお腹もぷんぷくりんだったの?」


130710-3.jpg


「・・・」
「もうぷんぷくりん通り越してダルマだったりしてーっ」
「いや・・・痩せてたっ」

数年前にお腹が出てた人たちはダイエットし、お腹はへっこんだ。
というより、引き締まったいい身体になっていたそう。
その中の一人は
「5時半に起きてジョギングして、趣味は懸垂だっ」と言っていたそう。
そうとう凹んでいたボス。

ぜーいんに「太った」と言われ、相当傷ついたんだって。


130710-4.jpg


今まで、会う人に言われてはいたけど、その場にいるのは数名。
30人すべての人が開口一番に「太ったなぁ」じゃー、図太いボスでも沁みたようだっ

「絶対に痩せるっ」と宣言をし、軽くジョギングを始めるた。
三日目にして「筋肉痛で走れない」と言い訳を吐き、今朝はサボった。
続くんだろうか・・・


130710-5.jpg


それでも夕食は大好きな白米を我慢し、軽めに。
ぽぺこが多くなっちゃってボスのお皿に移そうとしたら
「太るからやめろっ」だって。
今までとは本気度が違う。

いつもはおやつも食べ、夜中にお腹空けばお菓子をぽりぽり。
それがいきなりの摂生生活。
お腹空くだろうが、誰のせいでもない、ボス自身の問題だからねっ

常日頃から「オレは自分には甘く他人に厳しい」と豪語していた。
そのとおり。


130710-6.jpg


そんなボスが目標-10キロ達成できるのか、見ものだねっ

ぽぺこは体力温存の為にいーっぱいお菓子食べちゃおーっ
大好きなアイスクリームもーっ

けけけっ

一昨日から1泊2日で帰省した。


130709-1.jpg


ついでにウィリーを里へ連れて行き、トリミング。
ゴリラと言われる率が高かったが、アフガンらしくなった。
が、やはり黒はきれいに写らない。


130709-2.jpg


本日、6ちゃんが帰ってきたから、いい感じに撮らなきゃねっ

結局6ちゃんは購入店に返送し、確認してもらったらなんのことはない。
問題なくWi-Fi接続ができたそう。
で、カメラ自体に問題はないようなので、出戻ってきたってわけ。

ケーブル繋げばいい話なんだけど、どうも面倒なんだなぁ・・・
ちっ


午後のこと。
郵便局に用事があって出かけた。
駅前の郵便局には駐車場がないからボスが運転手で。

「ねぇっ オレの厄年っていつだっけ?」とボスが言いだした。
「来年か再来年じゃーないの」
「ふーんっ」
「ぽぺこは厄年にちゃんと厄が降ってきたけど、ボスもあるのかなぁー」
「そりゃーさっ 誰だって40年も生きてりゃーなんかあるだろっ」
「だからそれが厄なんじゃーないの?」
「厄じゃーないっ 生きていればあることだっ」
「そんなこと言ってるととんでもないことがあるかもよーっ」
「ないねっ」

そんな会話をして数分後。


130709-3.jpg


「あっ」と慌てるボス。
目の前にパトカーがあった。
ちらっと横を見るとお巡りさんが凝視している。
「あれっ 止められないなぁー シートベルトしてないのに」

ピーピピピッ
「はい、運転手さん止まってください」とパトカーの脇からお巡りさん参上。
お巡りさんは1人じゃーなかった。
そりゃーそうだっ
パトカー2台あるんだもんっ

免許書の提示を求められたが家に忘れてきたボス。
取りに行ってきて、必ずここに戻ってきてください、と。

「あぁーあっ また講習受けなきゃーじゃん」
「自業自得だねっ」
「いつもしてるのにー」
ぶつぶつ文句を言い続けるボス。


130709-4.jpg


「厄をばかにしたバツだっ」
「はぁ?」
「さっき厄年のことばかにしてたじゃんっ
 だから今からボスには降りかかってきたんだよっ 年齢関係なくねっ」
「なんだよっ それー」

けけけーっ
昨日、ぽぺこの新相棒NEX-6の『ろくちゃん』が届いた。

「もう写真撮ったんでしょ、違いがわかるのかー」と現れたボス。
「けっ 今日は撮らないもんっ 雨に濡れちゃうじゃん」
「えーっ さっそく使ってみたくないのか?」
「わたしはせっかちではありませんっ ちゃんと待つことができるんですっ」

今朝、まだあいにくの曇り空。
おまけに小雨がぱらついてる。


130706-1.jpg


雨をよけるため軒下から初撮影。
が、まだまだ勉強不足で機能は使いこなせないから便利な連写で。


130706-2.jpg


速度優先連続撮影で撮ってみるが、この天気。
ウィリーのすかっとする走り姿を撮りたかったのに・・・


130706-3.jpg


まっ、徐々に覚えていけば。

で、とりあえずパソコンに取り込む。
便利なWi-Fi機能が付いてるからラクチンポイっ

・・・

???

何度設定をやり直してもカメラを認知してくれない。
ネットワークにはちゃんと登録できたのにーっ

ボスが問い合わせセンターに電話をし、あれやこれや遠隔操作してもらうこと4時間。
結局ダメ。

購入店に電話をし、事情を説明したら「返送してください、確認します」とのこと。
で、しばらくの間、ろくちゃんとお別れになってしまった・・・

あぁーあっ
やっと手に入れた念願の一眼レフ。
本まで買って勉強してたのにぃーーーっ

あぁーあっ
躍動感あふれる素敵な写真を撮ろうと思ってたのにぃーーーっ


130706-4.jpg


ま、まだまだ先だけどねっ
「オマエに使いこなせるわけがないっ」

けっ
そんなの『馬の耳に念仏』

さっそく注文しちゃったもーんっ
明日届くんだもーんっ


130704-1.jpg


便利な世の中だよねっ
山に籠ってたってクロネコさんが運んできてくれるんだもんっ
早く写真を撮りたいなぁ。

おーっと
ちゃんと専用本も買いましたよっ
アイツの鼻を明かしてやるんだっ


最近のニコザルはといいますと。
「女王様になるんじゃーないの」と言われておりましたが、
着々と女王になるべく素質を露わにしてきました。


130704-2.jpg


ダイゴ母さんのもとですくすくとわがままに成長し、
イチロに至っては『年上』の感覚は全くない。

高いところに届かない時にイチロにとびかかって台の代わりにしてる始末。
それでも怒らないイチロ。
健気でかわいいんだなぁ。


130704-3.jpg


オモチャも投げると一緒に取りに行くんだけど、
どんくさいイチロはニコザルに追い抜かれ、いつも奪われる。

ずっと口の中に隠していたオモチャもニコに狙われ避難。
が、カノジョが見逃すはずもなく。


130704-4.jpg


こうなるよねっ


カノジョの態度がでかくなる要因のもう一つ。
なにも教えようとしなかったボスだ。

やっとスワレ・マテしかわからず、ぽぺこは必死にフセを教えた。
まだ、怪しいけどねっ

一般常識としてこの3つはクリアしたいと思っていた。

「チュッ」
まっまさか・・・


130704-5.jpg


「ニコ、チュッは」

アフガンたちがするほっぺにチュッを必死に教えているボス。

「ねぇーっ 出来てるか見てよーっ」とニコを抱えて現れたボス。
ニコにおやつを見せ「チュッ」とせがむボス。

ニコザルもおやつの為になんとか鼻先でボスの顔にアタック。
満面の笑みのボス。

いろんなことを教えるのはいいけど、その前にやるべきことがあるでしょっ
まだ、リードで散歩もろくにできないのにさっ

子供会に出席したら赤っ恥かくね、うちは・・・

ずっと「どっしようっかなぁー」と思っていた。

ダイゴを迎えた時、せっかくだからいいカメラで撮影したいと買ったEOS Kiss。
よく活躍してくれてたんだけど、2年前くらいからシャッターがきれなくなった。


130703-1.jpg


それでもデジカメがあるから写真は撮れる。
が、動くものにはどうしても弱い。
連写しても黒い物体になってしまう。
ニコザルが黒い毛虫なんだもん。

それに全身黒系のウィリーは表情がわからない。
それこそ『ゴリラ』だっ
ダイゴはいつも亡霊になっちゃうし。

動かないブルジィと鈍いイチロには全然問題ないんだけどね。

まぁ、そんなんでいつも残念な写真ばかりだった。


130703-2.jpg


今秋、友と旅行に行く計画があったんだけど、流れてしまった。
で!
「行かぬなら旅費はカメラにつぎ込むぞっ」

ネットで検索し、お店でチェック。
ミラーレスにしようかと思ったが、ずしっとした一眼レフも捨てがたい。
でも、重いと肩がこるしっ

で、EOS Kiss X7が世界最小・最軽量ってことで目を付けた。
大は小を兼ねるが、重いより軽い方がいいに決まってるっ

店員に色々と教えてもらい、また悩む。
SONYのNEX-6だ。
とっても小さいがデジタル化が進み、Wi-Fiまで付いている。


130703-3.jpg


アナログぽぺこに使いこなせるのか・・・はおいといて。
角ばったボディにチャラさがない。

一目ぼれだ。

「ど素人だと、こっちのでも違いなんてわかんないんでしょっ」とボス。
「そうですね、カメラに詳しい方ですとこちらが向いてますが」と店員。

横でごちゃごちゃうるさいよっ
いいじゃん、ぽぺこが選んで買うって言ってるんだからっ

二人の会話なんて無視だっ
「じゃ、これにしますっ」とはりきって決断。
「こっこちらですね、少々お待ちください、在庫の確認を・・・」


130703-4.jpg


数分後、戻ってきた店員は手ぶら。
「申し訳ありませんが在庫がなく、メーカーから入荷するのに2週間ほど・・・」

そりゃーないでしょっ
ないんだったら店頭に置くなよっ

こうなったら意地でも買ってやるーっ
待ってろよっ NEX-6

『豚に真珠』だろうが、絶対にカッコイイ一眼レフ買うんだもんっ

ニコザルがきて1ヶ月がたった。
日々、幅を利かせるようになり、バカルテットは右往左往。


130701-1.jpg


イチロはニコザルが現れると気配を消す。
ぬいぐるみのように動かないイチロ。
踏まれても声をあげず、ただただ静かに嵐が過ぎ去るのを待つ。
今までのイチロの素行の悪さは何処へ・・・


130701-2.jpg


ダイゴはいつでもニコザルと一緒。
投げたオモチャを一緒に取りに行き、一足早いダイゴが咥えるが、
ニコザルが下から「ちょうだーい」と来たらぽろっと落とす。

一緒に追いかけっこもする。
ニコザルよりも断然足が速いダイゴ。
だが、追いかけてくるニコザルを確認し、スピードを緩め1歩リードを保ち先頭を走る。
後ろに走っているニコザルに気をとられ、タッタカタッタカ・・・


130701-3.jpg


ドスッ
前を見ないから樹にぶつかった・・・バカだっ
それでも嬉しそうにニコザルと走っている。


最近、ニコザルにちょいちょい疎ましく思われているボス。
「嫌われるからそんなにしつこくするのやめなよっ」と助言しても無駄。

「愛は距離をおいてはぐくんでいくものよってボスに言ってあげて」と犬友に言われた。
なぁーるほど。
これならボスも理解できるかも。

さっそくボスに伝えた。

「ふーんっ」
「だから、ニコザルにも自分の時間を作ってあげてほっといてあげなきゃ」
「ふーんっ」
「嫌われたくないでしょっ」


130701-4.jpg


「別にぃー」
「えっ? 嫌われてもいいの?」
「どうでもいい」
「はぁ?」
「だから、ニコがどう思おうがオレには関係ないっ」
「へっ?」
「相手の気持ちはどうでもいいんだっ オレの都合でオレは動く」
「はぁーっ」


やっぱり通用しなかったーっ


130701-5.jpg


どんだけ自己中なんだよーーーっ


それでもニコザルも遊んでもらってるときは嬉しそう。
ほいほいボスのところへ行く。

が、眠いとき。
ボスが声を掛け、ちょびちょびし出すと睨む。
それでもボスが手を引かないと4本の足で突っぱね距離をとろうとする。
それでもしつこいと『ワニコ』に変身する。

この攻防、見てると楽しんだけど、ちょっとニコザルに同情しちゃう。


130701-6.jpg


けど、なんだかいいコンビになってきてる気がする。

ってことは、三角関係じゃんっ
ボス・ニコ・ダイゴでさっ
けけっ ニコザルはどっちを優先するのか?

そこにまさかのイチロ・・・
は、ないねっ(笑)