今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

今朝のこと。

いつものように用足しをし、朝食の準備をしてブルーのところへ持って行った。
身体を起こし支えながらの朝食。
たっぷり注がれた水分をまずは飲む。

が、また飲むだけで食べようとしない。
それでも薬を飲ませるために肉を拾い、薬と一緒に口元へ。
何口かはそれで食べたけど、ほとんど残した。

その後はくたーっと。

食事をすると用足しの催促をするのが常。
でも、催促鳴きもかすかに聞こえる程度。
胸に帯状のベルト、後脚にもハーネスを着け外に出す。

無事、用足しを済ませ中に入れると血が。
今までとは違って、本当に血。
ポタポタと。

急いで確認すると、穴から出ていた腫瘍の奥が切れたようで、血が止まらない。
溢れてくるのだ。

痛みはないようで、鳴いたり暴れたりはまったくない。
ただただ、くたーっとしてる。


痛みがないうちにあっちへ。
そうは思っていても、やっぱりね。
寂しい。
が、どうしようもできない。

骨肉腫とわかって、治療はやめ、看取る覚悟をした。
本当にこれでよかったのか、と片隅で思うことはある。
でも、決めたからにはブルーが苦しむことのないようにしなくては。


昼。
目がぱっちり明いてご飯を食べた。
夜もご飯をちゃんと食べてくれた。

でも、出血量は増えている。
うつらうつら、鼻鳴きもない。

脳の転移でおかしくなってしまうことも、肺への転移で呼吸困難になることもなく。
無治療で100日と言われているが、もう6か月。
痛みすら出ずにここまでこれた。

すごいぞ、ブルー。


140628-1.jpg


いつもずっとそばにいたのに、ブルーがこうなってからは距離をとるウィリー。
とくに鳴きだすとさささーっと逃げる。


140628-2.jpg


でも、気になるようでこそっと覗いている。
ウィリーも困ってるんだろうな、どうしたらいいのかわからないよね。
よーいっ どんっ


140627-1.jpg


一緒にスタートしたはずが・・・


140627-2.jpg


どんくさイチロ。


昨晩は深夜2時から1時間間隔で鼻鳴きしていたブルー。
そのたびに寝返らせたり、はぁはぁしてたら保冷剤で身体を冷やしてあげたり。

朝食。
水を自分から欲しがることがなくなったブルーの為に、ご飯にたっぷり水を入れている。
いつも、まず先に水分から摂るブルー。
今朝もぺちゃぺちゃ水分を摂り、飲み終えたらくたっと。
ご飯を食べようとしない。
それでも薬を飲ませなきゃいけないので、お肉と一緒に薬を口元へ。
そしたら食べた。

でも、結局食べきれず。

今まで以上にぐったりとしていた午前中。
もしかして、このまま意識が薄らいでいって・・・

穴から姿を現している腫瘍自体に穴が開いて、血の量が増えた。
頻繁に変えているが、油断すると漏れ出す浸出液。
そんなにたくさん溢れてくるんだから腫瘍が小さくなればいいんだけど、
日に日に大きく重くなっていく。

不安だったが、午後になったら目もしっかりしてきて昼食はちゃんと食べました。


140627-4.jpg


小さなことだけど、いちいちビビっちゃうんだよね。


ゆっくりと外出することがなくなって、早6か月。
買い物へ行っても、よそ見なんてしないでさっさと済ませて帰る。

さすがにちょっと気晴らしがしたくなって。
でも、外食にも行けないし。

で、この世の中の便利さを痛感した。
今はなんでもネットで購入できちゃうんだもんっ

欲しいモノはさっさとネットで注文。
欲しいモノ以外も目に留まったらクリック。

ネットショッピングが息抜きさっ


なぁーんて言ってたら、頼んだものが立て続けにわんさか届いて。
配達の人に
「今日はこれだけで大丈夫ですよね?」
「今日は冷蔵ですので」


140627-3.jpg


昨日は到着予定のモノがなかったんだけど、ウチの前にトラックが止まった。
運転席でなにやら確認をし、寄らずに出発。
きっと、毎日届けてたからその日もあるんだと思ったんだろうね(笑)


請求書を見るのがちょっと怖いかも。

昨日、どんよりと厚い雲に覆われたが、どしゃ降りの雨も雹もふることはなかった。

が、ダイゴのピンチ。


140625-1.jpg


大っきらいな雷がゴロゴロなりだしたのだ。

イチロやニコは平気で遊びまわっているが、どうしても空が気になるダイゴ。
ボールを投げても、イチロに誘われても上の空。


140625-2.jpg


こんな時は!
ってか、こんな時だけ、ダイゴはボスの側へ。

ぽぺこでは頼りないんだろうねっ
雷が鳴り出すとボスに寄り添い、ピーピー鼻鳴き。

だから、ボスが動くと「どこへ行くの?」って。


140625-3.jpg


でも、なんでぽぺこじゃーダメなんだろっ
そんなに頼りないのかなぁ・・・

この家の中で一番の威張りん坊はボスだけど。
それを裏で仕切ってるのはぽぺこなんだけどね(笑)
けけけっ


140625-4.jpg


さて、ブルジィさん。

貧血のせいではないかと獣医に言われたが。
午前中はまったくダメ。
ぐたーっとだるそうに、目に覇気がない。
が、昼ご飯の頃からちょっとづつ表情が出てくる。

朝ご飯は食べたくなさそうで、自分からパクパクは食べない。
スプーンに載せて口元へ運ぶとなんとなぁーく食べてみるって感じで残すことも。
昼と夜はしっかり食べています。

血の混じった浸出液は相変わらず出続け、増えてきている。


140625-5.jpg


それでもぽぺこ父母や友が会いに来てくれると嬉しいらしい。
目をぱっちり開けて、首を起こし、かすれ声で吠える。
パタパタ尻尾を振ることも。
「わしゃー、まだ大丈夫だっ それはわしのおやつか?」って感じ(笑)

まだ痛みもないようす。
でも、また浮腫み始めたんだよね。
温灸でなんとかなればいいけどなぁ・・・
ボスハウスでの用事を済ませ、昨日ぽぺこハウスに帰ってきた。


140622-1.jpg


都会と違って、まだ暑くないぽぺこハウス。
ボスハウスにいる間はクーラーつけっ放し。
でも、こっちはまだまだ。
夜は羽毛布団の出番だし。

ブルジィさんは相変わらずです。
ご飯は食べているけど、うつらうつら寝てるか、はぁはぁ暑がってる。
保冷剤を身体に着け、なんとか眠って。

どうなんだろう。
痛くなる前にあっちにいけるかなぁ。


140622-2.jpg


「こりゃー夏越すんじゃーないのかっ」とボス。
今のところちゃんと食べてるから、そう感じるけど。
出血が止まったわけではないし、ちょっと増えてきてる感じもするくらいだ。

でも、すごいんだよっ
大きく空いた傷口の穴。
皮膚を突き破って出てきた腫瘍がお互いに溶けだすようにくっついてきてるんだよ。
治癒力なのか。
だから、ぱっくり口を空いていた傷口を塞ごうとしてるように見える。

ふーんっ
すごいっ


140622-3.jpg


でも、確実に腫瘍は大きくなってきてる。
日に日に重くなっていってるのが、持ち上げるたびにわかる。
ボスも用足しに出すのが相当辛いようで、前後で分担して運び出している。
そうなんです、まだ、家の中で寝ながらしないんです。
用足しに外に出たいと鳴いたときに、膀胱を押して出そうとすると大きな声で怒る。
ほんと、怒ってるんだよ、ギャンギャン吠えて(笑)
それだけ元気はあるってことなんだけど。

どんだけプライド高いんだか、ブルジィさん。


140622-4.jpg


そして、ほか4匹はいつも通り。
シープドッグたちは元気に走り回り、ストレス発散。

ウィリーだけは無駄に動くことを拒むというか。
要するに、ぐず街道まっしぐら。
ブルーをリスペクトしているらしい(笑)
前世はきっと『ハシビロコウ』だったんだよっ

だからカメラを向けても、まったく代わり映えのない写真ばかり。
おまけに顔が黒いから表情がわからないし。

でも、そんなぐずが大好きだっ(笑)


ダイゴの青ボールを横取りしたけど、キャッチができずふて腐れたニコ。


140622-5.jpg


いつもの赤ボールに変更したら。


140622-6.jpg


無事にキャッチ成功。

いちいちご機嫌とってやるのも大変だぁーっ
なかなか面倒なオンナなんだよね、ニコ。
いつまでもぶんむくれてふて腐れるし、目つき悪くなるし(笑)

ボスが甘やかしすぎたせいだ・・・
昨日、急遽ボスハウスに移動。

ブルーのことを診てもらおうと。
動物病院へ電話したら1週間先まで予約が埋まっている、
火曜の11時半がキャンセルになったから、その時なら、と。

で、戻ってきて病院へ。


140618-1.jpg


何かしてもらいたい、してもらえることはないんだけど。
今後、どうなっていくのか、ちゃんと聞いておきたかったからね。
心構え。

体重を測るとまた2キロ程、重くなっていた。
筋肉はほとんどない状態だが、腫瘍だけで5キロあるんじゃーないかと。
そうだよね、ブルーを寝返らせるのが重すぎて辛くなってきてるもん。

出血し始めた当初、意識が朦朧としてきてすぐにいっちゃうんじゃーないかと焦ってたんだけど。
傷口を見せると、思ったより出血量が少ないんだそう。
大きく空いた穴から見えるものが全部腫瘍なんだって。
にっくき腫瘍を全部ほじくり出したい!


140618-2.jpg


血の混じった浸出液はじわじわ出続けている。
瞼の内側、歯茎を見てみると、白い。
かなり貧血が進んでいるそう。

食欲はあり、2週間前の酷いゲリ以来、うんちはちゃんと固形に。
踏ん張れないから、自力は難しいんだけどね。

どこを触っても痛がることがないブルー。
内臓が弱るか、貧血が先か。
もう、そんなに長くはないのではないかと。


140618-3.jpg


ちょっとホッとしたんだよね。
痛みが始まったらどうしようってずっと思ってたから。
骨肉腫の痛みってすごいって言うからね。

『痛くなる前にあっちへ』
ただただ、それを願うのみ。
それまでは、ずっと一緒。
大好きな魚も半分こするんだぁ。

でもね、友からこんなメールが。
 犬の中で強い犬がいます。
 長生きで、癌だ末期だと言われても生き続ける犬種がいます。
 体の作りが丈夫なのか、遺伝子的にそうなのかはわかりませんが、延々と生き延びる犬です。
    答え:アフガンとビーグル


どうなんだろっ・・・

まぁ、きっと!
仲が良かったカジコテがブルーをちょうどいいタイミングで迎えに来てくれるさっ


他、4匹はいつも通り元気です。
ちっさなビスケットをちらつかせたら、ちゃんと並んだシープドッグたち。

上から落とすと。


140618-4.jpg


親指ほどしかないビスケットなのに、その大きな口!
ぜーんぶ吸い込んじゃいそうだよっ

ってか、口に入ったかわかんないんじゃーないのかい・・・
ブルジィさん、元気にしてます。


140613-1.jpg


ぽぺこはバッテリー切れでぐずぐず。
そんなぽぺこをどこからか見ていたのか・・・お友達から、栄養ドリンクが送られてきて(笑)
それ飲んでチャージ完了。

ぽぺこは甘いドリンクが苦手。
栄養ドリンクも糖類が入っていないものをチョイスしてます。
届いたドリンクは甘かった・・・
でも!
これも『愛』だと思って、飲んだよーっ
ありがとっ


さて、ブルジィさんの近況はと。
だいぶ鼻鳴きがなんの要求なのか、判断できるようになってきた。
まぁ、統計学を駆使してるんだけどね(笑)

シッコがでたいと外に出しても、出づらい。
そんなときはお腹を押してあげると尻尾がぴーんっと立ってジョワーッ

うんちは肛門の周辺をグリグリ。
踏ん張るのが辛いらしく、うんちの時は悲痛な声で鳴く。
それでも、このところゲリもなく。


140613-2.jpg


食欲はありますっ
パクパク食べてます。
途中で疲れるのか休憩をはさんだり、器からとるのが辛いみたいで、
ぽぺこがスプーンですくってあげて。
ちゃんと食べてくれてます。
食べ終わると、口の周りをペロペロ舐めて、満足気。
それ見ると、ぽぺこもほっとします。

寝返り要求は1~2時間間隔。
ま、変わりなし。

裂けてしまった傷口はいなりずしくらいの大きさに。
血の混じった浸出液は止まらず。
でも、うんちの時以外、悲痛な声をあげず、まだ腫瘍の痛みはないようす。

ほとんどうつらうつら過ごしてますが、時々目をパッチリさせてこっちを見てます。
『生きてる』って感じ。
まだ、大丈夫かなぁ。


140613-3.jpg


いつも通り元気なシープドッグたち。
なにが楽しんだか、わらわらどすどす走り回る日々。

ニコがくわえているのは新しくおろした赤いボール。
ダイゴから譲り受けたケロちゃんはもう引退なんです。

イチロがチミチミ・・・
弱くなった本体を、いつまた飲み込むかわからないので没収ですっ

でも、やっぱりなじみ深いケロちゃん。
どうしても忘れることができない、情に熱いニコ。


140613-4.jpg


ボスの顔をチロッと見て。


140613-5.jpg


ボスがよそ見した、その瞬間。


140613-6.jpg


けっ
甘いよっ

「捕るだろうなぁ」と思い、後ろでカメラ構えてたぽぺこが、即没収。

残念でしたぁーっ
三日続いた雨。


140608-1.jpg


やっと、外で遊べてうれしそうな4匹。
まぁ、ニコはカッパ着てボールやってたけどね。


140608-2.jpg


ブルーは相変わらず。
というか、ちょっとづつ、1ポイントづつ、活力が減ってきてる感じかなぁ。

ご飯は食べてます。
途中で休憩をはさみながら、でもちゃんと食べます。
うんちも下痢止めを飲んでから大丈夫。

患部は広がってきてます。
化膿してきて臭いがきつくなってきてます。
獣医に電話して、抗生物質を追加しました。
ボスはこの臭いに耐えられなくて、マスクに鼻栓してます(笑)
クサヤ好きのぽぺこは平気です(笑)

それでも、消毒するとき傷口に触れても、身体を動かしても痛がった鳴き方はしません。
それだけが救いかなぁ。

ずっとぽぺこが一緒に居て、ブルーの身の回りのことしてるんだけど、
いまだに鼻鳴きの要望の区別がつかないことも。
苦笑いの日々。


140608-3.jpg


でも、ブルーは優しい目でぽぺこを見ています。
だから、ちょっと恥ずかしくなっちゃうんだけどね。


睡眠不足の日々。
3時から鼻鳴きが始まるのはわかってるんだから、ぽぺこが早く寝ればいいことに気付いた。
22時ごろ、最終の用足しがあるから、その介助をしたら寝ればいいんだと。

で、いざやってみると。
普段は1時ごろ寝てたぽぺこ。
22時までに済ませなければいけないことに追われて余裕がない。
翌朝やればいいんだろうけど、それは私の中で気が済まない。
で、なんとか日付が変わる前に寝てみたんだけど。
どうも、いつものリズムと違ってテンポがあわない。

諦めた。
いつも通りが一番だっ


140608-4.jpg


ブルーよりも先にヘタるわけにもいかない。
差し入れに栄養ドリンクをもらったし、なんとかなるでしょーっ

へっぽこぽぺこ、ブルーと一緒に頑張ってます!
昨日。
ブルーは朝から下痢。
粘膜になり、水分が出て、最終的には血が。
出すことも辛いようで、叫びながら。

この状態じゃー食べさせても、また下痢しちゃったらよけいに体力なくなりそうだし・・・
獣医に電話して聞いてみた。

食べる意思があるんだったら、下痢止めを飲ませて食べさせて。
食べなきゃ、体力がどんどんなくなってく。

とのこと。

鳥粥を作り、食べさせた。
嬉しそうな顔でパクパク食べ。

ぽぺこも嬉しかったなぁ。


今日は食欲はあるけど、怠そう。
昨日はお腹空いたと鼻鳴きしていたが、今日はまったくない。
覇気がなく、辛い時の鼻鳴きをしている。

右肩の裂けてしまったところは日に日に、いや、もっと。
夜用を2枚使っているが、2~3時間ごとの交換の度に。
穴が大きくなっていく。
表面もそうだが、深く、抉られていってる。
もう、目を覆いたくなる。

腫瘍はカッチカチだったのに、出血したせいか、ちょっと柔らかくなった。
このまま、悪いモノだけ出て、傷口が塞がって・・・

なーんて、ないよなぁ。


140605-2.jpg


ウィリーのこの寝方。
壁に突っかかってるのが後ろ足。

気品なんてゼロだっ
待ちに待ったウッドデッキがほぼ完成。


140603-1.jpg


あとは扉と階段を取り付けるのみ。
昨日、逃亡癖のないシープドッグのみ出してみた。

マテと言っているのにさっ


140603-2.jpg


なんだか嬉しそうな顔だ。


140603-3.jpg


ブルジィさんですが。

友から「蒸れないし、臭わないし、吸収力もあるし、生理用品がちょうどいいんだよ」と聞いていた。
確かに!
場所が右肩から右胸にかけてだから固定するのは難しいが。
皮膚にくっつかないし、漏れ出してこないし。

夕方には出血が治まり、一安心していた。

が、夜寝る前にブルーを動かしたら、巻いていた布に赤いシミが。
ずれてしまっていたのもあるが、出血量がまた増えてきた。

急いで取り換え、それでもすぐに染まってしまい、3枚重ねで対応。
深夜に鼻鳴きで起きるたびに確認すると、ぐっしょり。
2~3時間おきに交換していた。

今も出血は治まっていない。
圧迫して止血してみたが、ダメ。
ジョワーッと嫌な感じで続いている。


それでも、朝ご飯・昼ご飯をちゃんと食べ、水も飲んでいる。
今すぐ・・・ってことはないだろうが、再度心の準備が必要かも。

『痛くないうちにいってほしい』とは思っていても、何かできないかと思ってしまったり。
無駄に寄り添って「ウザいよっ」て顔されたり。
まぁ、アフガンですから、そうそう甘えないからね。

はぁーっ
やっぱり、イヤだなぁ・・・
栄養ドリンクの追加だーっ


140602-1.jpg

                                      本日、午後のブルー

土曜日。
朝ご飯をなんとなく食べていたブルー。
いつもは完食するのに、途中で食べるのを止めた。
いつも以上に覇気がなく、変だなぁーっと。

しばらくしたらゲリ。
それも後半は粘膜と水分になっちゃって。

その後はぐったりとし、半目になっちゃうし、口は開いたままだし。
夜もほとんど寝ないで小さな、モスキート音のような鼻鳴き。
心配で、心配で。
そろそろなのか・・・と思った。


日曜日。
昨日と同様、うつらうつらで呼びかけても反応しないことも。

もうね、腹くくって、話を聞いてもらえるうちに声をかけた。
「今までありがとう、苦しくなる前にいっていいからね、ぽぺは大丈夫だよ」と。

そして、昼。
ボスとぽぺこが昼食をとっていると、ブルーが起きた。
そして、あの、大きな目をくりくりさせながら、何かもの申している。
「なにが言いたいんだ?」とボス。
長い介護生活から、だいぶカレの文句がわかるようになってきたぽぺこ。
「あっ お腹空いたんだよ、きっとー」
「えっ? 朝ご飯途中で食べなくなったんだろ?」
「うん、でも、この鳴き方は催促なんだもん」

ブルーの昼食を準備し持っていくと、目がキラキラ。
パクパクご飯を食べだした。
うんちも固いのが出て。
「居残ることにしたんだぁ」

てっきり、あっちにいく準備を始めたのかと思っていたからさっ
ちょっとびっくりだよっ


そして夜。
体調がよさそうだからこっちも気が抜け、ぐっすり寝ようと思ったら。
いつも通り、いや、いつもより早くから鼻鳴きが始まった。

2時から30分~1時間間隔。
ふーらふらしながら、寝返りをさせていたぽぺこ。

部屋が明るくなりかけてきた早朝。
ブルーを寝返らせようと前屈みになり、ブルーの上半身を持ち上げる。

んん??

腫瘍から一部、擦り傷のような感じで出血していたからガーゼをあて、包帯で固定していた。
が、包帯が白くない。
赤いのだっ

よーく見ると、シーツまで赤い。

ま、まさかっ

包帯を解き、患部を見てみたら、擦り傷ではなくなっていた。
裂けたのだ。
慌てて止血しようとするが、どんどん血が滲んでくる。

はぁーっ
この時がきたかっ

午前中はまったく無反応。
口を開けっ放しだし。

「止血できなければ意識が朦朧としてきて・・・」と獣医から聞いていた。
このままいくかもしれないと、覚悟を決め。

が。
ぽぺこたちが昼食をとっていると、また鳴きだした。
「あぁーっ 催促だーーーっ」
ブルーにご飯を持っていくと、パクパク食べだした。


140602-2.jpg

                             何かもらえるのかと顔を起こすほど

どうなってるんだ、ブルジィさん。
まぁね、予行演習じゃーないけど、準備は大切だからね、気持ちの。
でも、胃がキリキリするよ(笑)


ボスが「たまには息抜きしてくれば」と言う。
が、決まってこう返す。
「いない間に何かあったらイヤだっ 後悔したくないから行かない」と。
座右の銘が『我慢と忍耐』ですから(笑)

さぁーっ
鼻の粘膜の痛みは治まったが、また飲まなきゃっ
エネルギーをチャージだーーーっ