今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

「あぁーっ また大きくなってる」

そう、気づいたのは冬を迎えるころ。
年末の診察時にS医師に伝えた。

「この前は5月にCT検査したんだよね
 まだ若いからそんなに検査したくないしなぁ・・・
 大きくなってきてるんなら年明けに検査しよっか」


150306-1.jpg


5月の検査でもぽぺこの腫瘍は大きくなってきていた。
でも、それに輪をかけて成長していることに気付いちゃったんだよね。

1月にCT検査を受け、2月に結果を聞いた。
結果はまた大きくなってきていた腫瘍。
今までは触れる範囲だけ、胸や脇、腰の部分だけだったんだけど。
肺の中の居残った腫瘍も成長していることがわかった。

胸や脇、腰だけなら生活に支障はないし、困った症状もない。
だから、なるべく身体に負担をかけないよう治療はせずにここまできた。

でも、もう、肺の中で成長が始まったら手を打つしかない。
いつ症状が出だすのかはわからない。
まだ先かもしれないし、近々の話かもしれない。

「進行は遅いからゆっくり考えて家族と話して治療を決めてきて」と言われた。

選択肢は2つ。
抗がん剤か抗体療法。

「放射線はダメなの?」
「胸や脇だけなら放射線をかけることも可能かもしれない
 でも、あなたの場合は全身だから、もう放射線は無理だよ」

抗体療法は前回も経験済み。
副作用が少なく、身体への負担は少ない。
が、正直、抗体療法は効果を実感することもなく、縮小はしたが腫瘍は居残った。

抗がん剤が候補にあがったってことは・・・
今までは積極的な治療は避けてきた先生が口にしたってことは・・・


150306-2.jpg


よくわからない。
どうしたらいいのか。
抗がん剤が怖い。

1ヶ月後の診察。
「自分ではわからないんだ、先生のお勧めはどっちなの?」
「抗がん剤かなぁ、でもね、完治しないからね・・・」
「はぁーっ 治らないんだぁーっ」

完治させるために抗がん剤を・・・って話なら頑張る意欲もわいてくるが。
目的がその場しのぎで抗がん剤って・・・

でも、今はこれがベストな選択ならやるしかないでしょっ
苦しい思いはしたくないし。
今ならできる。
ダイゴが10歳、イチロが9歳。
まだ今は元気にしてるから、今のうちに自分のことしておかないと。

治療開始は1ヶ月の猶予をとって3月中旬からに。
京都への修学旅行とビルさんに会いに行く。
これだけはどうしても行きたかった。

今回は4クール。
初発は8クールに放射線で6ヶ月の治療期間。
それに比べたら、たった3ヶ月、3週間に一回の点滴治療。
なんとかなるでしょっ

「いい、今回はお山のおうちに行ったらダメだからね」
「へ?」
「甘く考えないでね、今回は」


150306-3.jpg


初発から10年。
若いと言ったって10歳年取れば身体だって衰えがある。
10年前とはいえ、違う抗がん剤を使うとはいえ、骨髄抑制は前回よりかかってくるそう。
ちょっとの咳や熱で肺炎になるし、感染しやすく敗血症になるそう。

とりあえず初回は入院での治療。
3日にかけて点滴で行う。
その経過次第で退院が決まる。

そんな一大事になるとは思ってもみず。
だって、ほんとに元気なんだもんっ
普通に生活してるし、犬とも散歩して遊んでるのに。
ご飯は程ほど、おやつはしっかり食べてるのに。
なのに、これから病人っぽくなるなんてね・・・なんだかなぁ。


ってなわけで、ぽぺこは一大決心をし、12日から開始です。
抗がん剤だから、それ相応の副作用はあります。
でも、今回は髪の毛が抜けない。
それだけでも嬉しい。
見た目が変わるのはそこそこ凹むんでね(笑)


150306-4.jpg


あと5日で片付けて準備して。
4匹とたっぷり戯れて。

悪性リンパ腫を眠らせるため、これからもみんなと楽しい日々を送るために。
『我慢と忍耐』が取り柄のぽぺこは頑張りますっ