今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

ひぃーっ


150429-1.jpg


さすがにキツイ。
蓄積されてきているせいなのか、注入後はどうにもならない。

いつもは再診の手続きが済んだら体温測定と血圧測定をし、化学療法室へ。
そこで血液検査を受け、薬が届くのを待つ。

でも、2週間後の血液検査で白血球が下がってきているのがわかり、
今回はあらかじめ検査をし、診察を受けてから移動することに。

白血球は下限値を下回り、ギリ2000台をキープ。
2000以下になったら抗がん剤は延期になるからね。
よかったよ、予定通りに打つことができて。


150429-2.jpg


が、副作用を抑える点滴もむなしく、熱が出た。
なにも食べれず、動くこともできず。
寝てても浮腫んでパンパンになった身体がきつい。
「4回の内の3回が済んだんだ、あと少し」と言い聞かせ。

なんとか、今日からご飯を口に。
空っぽだった胃袋はたくさんのモノを受け付けてくれないからちょっとづつ。
お腹に入れて、違和感がおさまるのを待ち、また少し。
少なすぎると胃酸があがってきて、喉が痛い。

お腹空いたって思うんだから、ご飯でもおやつでもぱくぱく食べたいのにーっ
なんとも不便な症状だっ

ま、そんな日々もあと少しで解放されるだろうし。
そしたら何食べよっかなぁーっ

ほんと、つくづく思ったよっ
『食べれる』って幸せだなぁーって(笑)


150429-3.jpg


そうそう。
その、どうしようもないずぶずぶの日のこと。
ボスが打合せに出かけ、4匹と留守番になったぽぺこ。
2階に寝てたんだけど、トイレに起き、そのまま階段を上がることができず1階でゴロン。
夕方、ボスから連絡が入った。
もう1件打合せが入ったから、ちょっと遅くなると。
帰ったら散歩へ行くから、庭に4匹出して用足しだけさせてと。

はぁ・・・
どうしよう・・・

寝転がったまま窓まで転がり、4匹に声を掛け外に出す。
4匹はおのおの外に出ていき、用足しが済むと家に入ってきた。
ぽぺこは動けず、そのまま寝続けるが、4匹はなにも言わず。
じっと静かに寝て待っている。

いつもなら遊べだの、ご飯はまだかだの、散歩の時間だの。
そわそわブツブツ文句言うくせに、なにも言わない。

彼らなりに何かわかっているんだろうな、と。
ちょっと嬉しかった。

そんな4匹の為に、ぽぺこが今できることはご飯の支度。
っていったって、ドライフードにトッピングを載せるだけ。
それでも意を決し、這い起き、4匹にあげた。
嬉しそうな顔をして食べてる4匹をみてるのが幸せに感じた。


150429-4.jpg


そして、今日。
食べれるようになり、動くこともできるようになったことを察知。
散歩行こうと催促するわ、ボール投げろ、ここが痒いんだ・・・

一気にこないでーっ
段階を踏んでよーっ

昨日までの殊勝な4匹はどこへいったのよっ(笑)