今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

さて。
ぽぺこの大切な誕生日だった昨日。

山にいたらご馳走を食べに行く先も浮かばず。
かといって、自分で作るのもイヤだし、ボスが作るわけないし。

「決めたっ お誕生日は子供のころからのご馳走にする」
「なんだ?オマエのご馳走って、牡蠣か、ウニか」
「違うっ エビフライがいい」

近くの洋食屋さん『オリーブ』が普通に美味しい。
たまに食べるんだけど、ここのエビフライは大きめでご馳走感がある。

「じゃー オレが赤いご飯作ってやるっ」とボス。
どうやらお子様ランチになるらしい。
「旗も立てたやるからなっ」

が、買いに行ったはいいけど、久々のコンビニ寄り道でなかなか帰ってこず。
このぶんじゃー、ケチャップライス作るなんて言ったら昼ご飯が何時になるのか・・・

で、自分で作って。
「旗はどこにあるの?」
「あっ・・・ 待ってろっ」

で、自分でお皿に載せて、旗をプスッと。


150818-1.jpg


「えーっ なんでこんな安っぽい絵なの?」
「文句言うなっ」

けっ
もう、何日前になるんだろう・・・
もう、一ヶ月以上前だったよな・・・

なんの気まぐれなんだか、ボスが友の犬のイラストを描き始めた。


150818-be.jpg

150818-a.jpg

150818-r.jpg

150818-t.jpg


このアフガンの絵を見た姐御たちが是非ともオールドも見てみたいと。
おねだりのような脅迫のような(笑)

で、描いていた。


150818-v.jpg

150818-b.jpg


が、おかしくないかっ
ウチの大事な犬たちのは一枚も描いてくれないって。

「描くんだよね?ウチん子も」
「うんっ」
と返事だけで時は過ぎ。

ぽぺこのお祝いの旗はあんなちゃっちー絵。
けっ
一人でケーキ食べるもんっ

で、ケーキ屋さんもないから、頂いたカップケーキに美味しいと評判のアイスを載せて。


150818-2.jpg


夜。
ご飯の支度をしてるとボスが現れた。
「メール入ってるよ」と。
「ほっといて、手濡れてるから後でみる」

夕食ができ、座って食べ始める。
「メールみた?」
「あっ まだだった、いいよ後で」
「チカチカしてるのに・・・オレが送ったんだもんっ」
「はぁ?」


150818-3.jpg


「あぁーっ」
「全部は時間がないから、オマエの相棒だけ先に」

いいじゃんっ
いいじゃんっ
いいじゃーーーーーんっ

このウィリーの笑顔がいいねっ

ありがとうございますっ