今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

先週はあれこれ済ませにボスハウスへ。


180226-1.jpg


移動した翌日はイチロの鳴きがおさまらず。
今の季節は窓を閉め切ってるから、さほど近所に迷惑をかけることはないけど。
それでも気が気ではなく。
一日たったら静かになり、ほとんど寝ててくれて。

でも、またいつスイッチが入るかわからないし。
イチロの状態がいいうちにさっさとぽぺこハウスへ戻ることに。

車内ではぽぺこがイチロの支え役。
起きだすと厄介だから、なんとかなだめて寝かせて。

家に着く前にコンビニへ寄ることに。
車から降りるとき、ボスが言った。
「家の鍵は持ってるよね」と。


180226-2.jpg


あっ…
確認してなかった…

最近、物忘れがひどい。
ボスは昔から忘れっぽくて、興味がないことは一切覚えていない。
ってか、覚えようともしてなかったんだけど(笑)
ぽぺこは反対に記憶力はいい方だった。

それなのに、最近はボスとの会話も忘れるし、やらなきゃいけないこともすっぽ抜けて。
ボスよりひどい状態。

で、対抗策にメモ帳を用意し、首からぶら下げて。
とにかく書いて、見るようにして。
でも、首にかけるのを忘れてるんだけど(笑)

いつもは移動前に家の中を指さし確認して、バッグの中身をチェックするんだけど。
まったくしないで出発し。
ボスに鍵のことを言われて、思い出そうと。
でも、バッグの中を見ても鍵は見当たらず。
そもそも、ぽぺこハウスから移動するときに鍵をした記憶もなく。
ボスハウスにいる間も鍵を見た覚えがない。


180226-3.jpg


顔面蒼白。

が、ずっと前のことは覚えているから、スペアキーを持ってることを思い出した。
おかげで家に入ることはできたんだけど。

あまりにもショックで。
もしかして、鍵をなくしちゃったのかもしれないし。

もう、ションボリなんてもんじゃーない。
凹んで頭が回らない。

それでも運んできた荷物が山積み。
夕食の準備もあるし、渋々片付け開始。

そしたらあったのよっ
他のバッグの底に、ぽろんっと落っこってたのよっ

安心したんだけど、なぜそこに鍵が入っているのかがわからなくて不安に…

はぁーっ
情けないっ


18pi-19.jpg