今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

     前編はコッチ → JAPON


無事切除手術は終わり、帰宅。

が、麻酔がきれ痛み止めを飲んではみるが一向に効かない。
何も眠れず翌朝を迎えた。

目の下にクマができ、頭が働かない。
毎日8時間寝ているぽぺこには相当辛いのよ。
で、本日は手術した箇所に血を抜くためのチューブが入っているので
取ってもらうために病院へ。

もうね、痛いよりも痒くて痒くて。
切ったところに分厚いガーゼと大きめに覆いつくしたテープのおかげで
その部分がかぶれちゃって掻きたいけど掻けない。
なんとも歯がゆい状態。

診察室に入り、処置をしてもらう。
なんでだろうねぇ
勢いよく剥がしたら痛いのにさっ、
容赦なくビリッっと剥がすんだよねっ。
痒いのを忘れ、剥がされた痛みで目がウルウルしているぽぺこ。

するとロックンローラー医師が
「そんなに痛むんですか?
 まぁね、個人差はあるけどもうすぐ痛くなくなると思いますから」
「(けっ 容赦なく剥がされた痛みだっちゅーのっ)」
「今日からお風呂入っていいですからね
 このテープも外して洗っちゃって下さい」
「えっ?」
「縫った糸が取れないように注意はしてください」
「濡れちゃっていいんですか?」
「はい、清潔にしなくてはね
 湯船はダメですよ
 シャワーで
 そのあとはしっかり消毒をして、薬をつけて、またテープを貼っておくように」
「はぁ…」

沁みるんじゃ~ないのかぁ。
っと思いながらも痒いのから解放されることで頭はいっぱい。
テープを外し、ルンルンでシャワーを浴びた。

ヒョエーーーーーーーーーッ
沁みるーーーーーーーーーッ

翌日はテープをしたままでシャワー。
が、防水仕様じゃないからこれまた
ヒョエーーーーーーーーーッ
沁みるーーーーーーーーーッ

翌日、防水テープを貼ってのシャワーで
ぽぺこの叫びは治まった。

そんなこんなで1週間後。
無事抜糸。

が…

「病理検査の結果はまだだね
 もう1週間くらいかかると思います
 んん~
 血が溜まっちゃってるね
 抜くかっ」
「えっ?
 抜くって??
 痛いんですか???」
「まぁね、針を刺すんだもん
 大丈夫、麻酔よりは痛くないからね
 あっはっは~
 ま、じゃ、次回まで様子をみましょう
 左肩を上げ下げしないように」

って先に言ってよねっ!
毎日ガンガン上げ下げしてたじゃないのよっ。

まぁね、そんなこと言われたって大毛玉3匹にボスの世話でしょ。
家事は全てやらなきゃなんですよ、現実はね。

kp-15.jpg

                            生後3ヶ月過ぎて
                            小庭で遊ぶコテツ