今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

     前編はコッチ → JAPON


100112-4.jpg

調子付いてしばらく一緒に遊んでいたイチロ。
そこにダイゴが現れた。

どうするのかと思ったらバァバの背後にまわり

100112-3.jpg

「オレのバァバだっ」
とイチロに訴えているが…

完全無視のイチロ。
それじゃーイチロの眼中にははいらないわよっ!
裏に回るなって。


ダイゴはバァバっこ。
巷でいう『三文安』よね。
まぁ、仕方なかったんだけど。
来た当事、ぽぺこがバタバタしてたからバァバに大切にされたんだなぁ。
だからバァバが来て一番はしゃぐのがダイゴ。

就寝時間、ぽぺこと一緒に2階へあがるが、
度々1階に下りてバァバがいるか確認し、また2階へ戻る。
朝は夜明けとともにバァバを起こし、顔をペロペロ舐めて散歩の催促。
バァバが動けばダイゴも動く。
バァバが座ればダイゴが膝の上に腰をおろす。
バァバの接待に大忙しのダイゴ。

睡眠不足&気疲れからか、バァバが帰るとピクリッとも起きずに爆睡。
バァバも帰宅した日はよく眠れるそうです(笑)

ダイゴの弱虫&甘ったれは『三文安』だからだなっ。

ブルーもね、バァバが来ると跳びついて喜ぶんだよね。
それに夜はバァバと一緒に1階で寝るんだ。

なぜかというと…

2階に上がる手間が省けるからっ!
そしてダイゴとイチロに踏まれないで安眠できるからっ!

さすが『グズアフ』ブルーだ!!