今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

     前編はコッチ → JAPON


kp-03.jpg

                  カメでは遊ばずボールを待つ
                  一途なカジキ【生後1年】                  






今回もぽぺこネタです。


当分はぽぺこネタが続きますよ。








あくる日、左耳の下がポッコリ膨らんでいるのに気がついた。
診察日に言ってみた。
「以前もそういう患者さんがいて、
気になるからって切除したんだけどなんでもなかったことがあったんですよ
傷が目立つしね
じゃ、MRI検査しておきましょう」

結果はなんでもないそう。
じゃぁってことでそのままに。
相変わらず耳垂れと聞こえにくいのは変わらず。

そして5月。
風邪をひいて咳が止まらなくなった。
いつもそうだった、数年前から。
毎回1週間以上続く咳に悩まされ、レントゲンを撮っていた。
が気管支炎だと言われ、3~4週間咳に悩まされていた。

今回は耳鼻咽喉科にかかっていたから担当医に診てもらった。
聴診器で音を聴いて
「うーん なんかヘンな音がするね
 呼吸器科へいってみてください」

呼吸器科にいき、症状を伝えると
「小児ゼンソクがあった人は大人になってからぶり返すこともあります
 それに何かのアレルギーかも知れませんね」
血液検査とレントゲンを受け、1週間後に診察の予約をした。

ビックリ!
小児ゼンソクだったんだけど、また今さらゼンソクなんてね…
それにアレルギーだって、動物でひっかかったらどうしましょ…
埃なんて項目だったら毎日掃除したってキリがないし…
それとも花粉か…

どれもこれも
イヤだーーーーーっ


ドキドキソワソワの1週間だった。

「アレルギーはありませんし、ゼンソクでもないようです
 でもね、ココ見てください」
レントゲンの右胸部分を指差した。
「えっ!?」
なにやらホンワリ白い影が。

「この年齢からしても肺がんの可能性はないと思うんです
 でも心配なんで定期的に検査を受けてください」
「はい…」

それからは1ヶ月に1度CT検査を受け、
ダンディK医師の診察。
毎月1度、半日がかりで病院へ行くのは面倒だったんだけど、
ダンディK医師が、ロマンスグレーで眼鏡かけてて、
ぽぺこ好みだったのよね。
だから面倒でもちょっと楽しみだったんだ(笑)

耳は相変わらず改善されず…
なんなんだかなっ