今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

     前編はコッチ → JAPON


kp-11.jpg

                          お花見中
                          これはアフガンらしいかも


そうそう、ぽぺこのその後。

再発を告げられたときは放射線や抗体療法の選択があると言われたが、
ぽぺこのリンパ腫は持ち主ぽぺこに似てグズグズで進行が遅い。
だから重篤な症状なんてなく、生活に支障はないんだよね。
で、ライオネスS医師が
「治療をして体にダメージを与えるよりはこのまま様子をみて、
 何か症状が出てきたり、検査で著しく悪化が認められたら治療を開始しよっか
 それにね、認可待ちの薬がもしかしたら効くかもしれないしね
 そうそう、
 もう傷も落ち着いてきたし、じゃんじゃん犬と遊びに行ってきなさいっ」
ってさ。

ライオネスS医師は昔アフガンを飼ってたので、診察っていっても
「体調はいかが?
 大丈夫そうね
 犬たちは元気にしてるの?
 アフガンまた増やす?」
ってな会話。

それにあれやこれや制限はしない。
抗がん剤の治療のときも、アルコールや素手で動物を触るのはNGって
ネットで見かけてライオネスS医師に聞いたら
「アルコールは飲みたければ飲めばいいよ
 飲みたければね
 そのときがくればわかるわよっ ふっふっふ~
 犬たちと遊びに行けばいいよっ
 行っておいで パーッと遊んできなよ」

案の定、抗がん剤の副作用でアルコールなんて見向きもしなかった。
犬たちとドッグランで遊んで帰ると翌日は絶不調。
でも、ストレス発散にはなったからね。


kp-12.jpg

                          お花見よりボール byカジキ



それから2~3ヶ月経って、昨年の5月だったかなぁ。
摘出したところも落ち着いたし、全身の検査をすることになった。
脇の下にもコロコロがあり、それも同じく転移らしい。
そして肺の中にあった放射性肺炎だと思われていた部分が大きくなってきているとか…
そこも再発。

もうショックなんてあまりなかったんだぁ、正直ね。
ま、あがいたってしょうがないしさっ。
全然普通に生活していけてるし。
散歩も毎晩の晩酌もきちんとこなしてるしね。

とりあえず体力をつけておくことと人ごみは避けること。
これだけは気をつけてます。
だって、単なる風邪のはずが咳が止まらず気管支炎になっちゃうし…
もう苦しいのはコリゴリだっ!

ま、こんな感じでぽぺこはボチボチ頑張っております。
こんな状況を知ってすごく心配してしまう方もいると思いますが、
ぽぺこは大丈夫!
だって強いもん、ぽぺこはっ!(笑)

とりあえずこんなぽぺこですが、
  今後ともよろしくお願いしますね。

kp-13.jpg

                          昼寝のトモは
                          ブルーとボール byカジキ


ふーっ
引きずり出されたJAPONのブログもあと3日。
ネタがないよーーーっ