今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

シープドッグは基本的に呼び戻しがきく。
が、なんちゃってシープドッグが1匹。

アフガンはご存じのとおり
「呼び戻すなら自分で来いよっ
 てか捕まえられんのかっ」的な犬種。
ブルジィも一応グズではあるがアフガンだ。

だからウチは柵をしっかりした。

それにだっ
どうしてもぽぺこが叶えたい願望があった。


101204-1.jpg


んんっ

この写真見て気が付いた方もいるでしょうね。
いつもと違うトコロがわかるかしら。

黒い後姿の前にダイゴと、
体は見えないが鼻っ面が写っているイチロ。

ん?
んんん??

その先にはいつもの寝姿のブルジィ。

ってことはだ。
手前の黒く軽快に走るヤツはだ。


101204-2.jpg


そうなの。
この黒2ケツは分裂したわけでもなく。


101204-3.jpg


増員したのだっ!

が、残念なことにカレは全身が黒い。
いずれ『ブルー(グレー)』になるそうだが、
今の段階ではどんなにカワイイ表情をしても
写真では全くわからん。
ブルジィも全体的に黒いおかげで写真写りが悪かったが、
それ以上に表情がわからず、
どっちが頭か、どこが顔なのかもわかりにくい。


101204-4.jpg

                      ダイゴが一番大切にしている『くさの パン太郎』を快く貸し、
                      ご機嫌でハムハムしていたカレ

もうすでに10カ月。
ブリーダー宅では日中は外で自由に遊ぶ生活を送っていたカレ。
人は好きなのだが、なんせ自由気まま。
まだ名前は決まっておらず、愛称が『クルクル』
「クルちゃーん」と呼べば尻尾を振ってこっちを見るが、
見るだけ。
さすがアフガン。

が、この感じも好き。

でも一つ困ったことがある。
ここは街灯のない山。
陽が暮れてからカレを庭に放したら最後。

暗闇でカレを探すのは至難の業だっ。
おまけに呼んでも帰ってこないし、
こっちから近寄っていけば
「わーい
 遊んでくれるのー
 じゃ、ぽぺこが鬼だね」
と勝手に鬼ごっこが始まってしまう…

呼び戻しってどうやってブルーに教えたんだっけなぁ…

おーっと
そんなことより早く名前を決めなくっちゃっ!
ノミサイズの記憶装置が容量オーバーする前に、
自分の名前を憶えてもらわなきゃだったよっ

それとぽぺこが飼い主だってことも叩き込んでおかなくっちゃっ

ふ~っ