今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

110207-1.jpg


なんだっ!?
この『イモ洗い』状態はっ??


2月3日の節分はボスが不在だったため延期になった。
そうです、
豆まきです。

たくさんの『福』を貯蓄しているだろうボスに撒いてもらわなきゃねっ


        110207-2.jpg


ウチに来てまだ2か月ほどのウィリー。
豆なんぞに興味を持つのかハテナマークでしたが…
とにかく食べることが大好きなカレは率先して豆拾い。

イチロといい勝負をしてたよ。


110207-3.jpg


ブルーはガキンチョの頃、食に興味がなくとにかく大変だった。
ご飯は食べないし、呼び戻しを教えるのにオヤツで釣ろうとしたって無駄。
暴走機関車は走り出したら止まらない…
呼んでも戻ってこないから、何度ブルーとの別れを覚悟したことか(笑)

ま、そのおかげで人間が食べてるものに口を出さない点はよかったんだけど。


ウィリーは全然違う。
食べることが大好きだからとっても簡単な呼び戻し。
ビニル袋がゴソゴソ音を立てればすっ飛んでくる。

ポケットにオヤツを忍ばせて、入っていることを憶えさせたら
遠く離れていたってポケットをパンパン叩いて「ウィリーおいでっ」

あぁーら
シープドッグよりも戻りがいいわよっ

だからぽぺこは『アフガンシープドッグ』と勝手によんでいる。


110207-5.jpg


ボスが「歳の数だけ食わなきゃ」と豆を数えだした。
歳の数だとウィリーはたったの1粒。
そんなの納得がいくわけないよっ

で、ちょこっと拝借しようとしている。


110207-4.jpg


以前、朝食のパンをテーブルに置き、コーヒーを運んだりしてたら
ボスが「あっ ないっ」と叫んだ。

お皿に載っていたパンが1枚しかない。
確か2枚あったはず。

絶対に疑われるのはもちろんイチロ。
だが、イチロの場合はその場でムリクリ口の中に詰め込むタイプ。
イチロの口は膨らんでいなかった。

ダイゴもブルーもポカーンとしている。

「あっ」

ウィリーがパンの端っこをくわえ抜き足差し足で移動中だった。

見つかってしまった…
って感じでフリーズしているウィリー。
その姿が何ともかわいく吹き出してしまい、怒る気にもならず。

その場で食べちゃえば証拠隠滅できたのにさっ
まだまだイチロの足元にも及ばないわねっ

って、イチロ2世になってほしいわけじゃないけど(笑)

どうやらウィリーの師匠はブルーではなくイチロらしい…
イチロもウィリーに枕の代わりに頭を乗っけられたり、
座布団代わりにオケツを乗っけられたりしても全く怒らず。
むしろ黙ってそのままにしている。

んんーんっ
このままイチロの舎弟で大丈夫なのか…

微妙だっ…