今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

110518-1.jpg

                               ウチで唯一ノーリードで散歩できるダイゴ
  
それからの10日間は長かった。
ふっと結果を気にしてしまう毎日。

ライオネスS先生はたぶんリンパ腫って言ったけど、
乳がんの専門医が検査をしてみなくてはって言ったってことは…
でも、きっと、絶対にリンパ腫さっ
そうに決まってるもん…

そんなことばかり浮かんでは沈み、気分は不安定。
考えたってしょうがないんだけどねっ


そしていよいよ結果発表の日。
ボスは打ち合わせが入り(あえて予定を作ったような…)一人で病院へ向かう。
ま、告知はいつも一人で受けてきたし。

待合室にいると看護婦さんに名前を呼ばれた。


ぽ:私ですが…
看:今日はS先生から説明をするとのことで、A先生の診察はなくなりました
ぽ:そうですか
看:ではあちらに移動してお待ちください
ぽ:はっ はい!  
  (それって外科に用がなくなったってことでしょ。
   ってことはっ!
   そういうことでしょっ!)


110518-2.jpg

                           ぽぺこと二人っきりを満喫して嬉しそうなダイゴ

小走りにいつもの場所へ移動し、呼ばれるのを待つ。
診察室のドアが開き、S医師がぽぺこの名前を呼び、中へ入る。


ラ:乳がんじゃなかったよ
ぽ:よかったーーーーー
ラ:また悪性リンパ腫だったよ
  そうだよね、また他の病気ってのは嫌だよね
ぽ:うんっ
  ほんとっ よかったよーーー
  よかったって言うのも変かっ
  はーはははっ
ラ:もうこれで外科には行かなくていいからね
  私もさっきA先生と話をしたら緊張しちゃってねっ
  「私から報告しますので、ありがとうございました」って言っといた
  ふー ドキドキしたっ
ぽ:先生も緊張するんだっ
  (告知より憧れの人と話す方が緊張するのかよっ(笑)
   しまった… 外科いきはなくなったのは嬉しいが、
   ジェントルマンA先生に二度と会えないんじゃんっ がっくし…)
ラ:そうよっ
  で、治療なんだけど…


初発の時に抗がん剤に抗体療法、放射線治療を行っているぽぺこ。
抗がん剤は根治を狙ってやってみたけど、再発をした。
ってことは、抗がん剤を使っても身体に負担を与えるだけで完治はしない。

進行が速い悪性リンパ腫なら急速に増殖するガン細胞に抗がん剤は効くが、
進行が遅い悪性リンパ腫には効かないらしい。
放射線は右肺の肺炎個所を避けて照射することは難しく、候補から消えた。
残るは抗体療法。
ぽぺこはヤツが出没してきているが、とりわけ日常生活に支障をきたす症状もない。
だから今の状態を保つことを優先する。
身体への負担が少ない抗体療法でいい状態を保つことになった。


110518-3.jpg

                                        みんなと遊んでいても…

ラ:いい状態を保っておけば、今後いい薬は開発されるからね
ぽ:はーい
  乳がんでなければいいよっ
  あーっ 本当によかったよーーーっ
ラ:今日は父ちゃん一緒に来なかったの?
ぽ:うんっ 予定が入ったんだって
ラ:ふふっ ま、そっか
  男の人は弱いからねー
ぽ:やっぱりそうなの?
ラ:今までにたくさんの患者さんを診てきたけど、
  まー 男は弱いわね、女とは比べものにならないわよっ
ぽ:ふーん じゃ、父ちゃんは体裁よく逃げたんだね
ラ:はははっ


今の医療の進歩はブルジィが歩くのより、イチロがうさぎ跳びするのより速い。
言い方は悪いが、そう簡単に死なせてくれない。
あれやこれや手はいくらでもあるのだ。


ぽぺこ自身「乳がんかも…」って言われて不安満タン破裂寸前だったが、
その心配から解放されて一安心。
病気のトッピングは勘弁してほしいでしょっ
以前からのお付き合いで、今後とも居座り続けるヤツだけなら、
まーっ 強制退去と言いたいところだが『居るだけ』ならヨシとしましょって感じ。

だから心配しないでね。
って言っても『悪性』がつくと怖いか(笑)

今はとっても気持ちいい季節。
できることならぽぺこハウスで過ごしたい。
だからS医師にわがまま言って、6月から治療が開始されます。
週に1度の点滴を4回、その後は月に1度で4回。
まー合計5か月と聞けば長ーく感じますが、間隔はあるし、入院しなくていいし。


110518-4.jpg

                            離れていても喜んで走ってきてくれるダイゴ

ウチには優秀(?)な看護犬:ダイゴがいる。
ダイゴは初発の治療中にウチのコになり、元気な時は一緒に遊び、
グッタリしている時はずっとそばにいてくれた。
今回もぽぺこの体調に合わせて行動してくれるだろう。

他3匹はね…
ブルーはベッドの3/4は占拠するが、いつでも添い寝はOK。
イチロは笑いの種、『病は気から』っていうからね。
ウィリーはイタズラしてぽぺこの手を煩わし、気を紛らす。

それぞれ任務を遂行してくれるだろう。


さぁーて!
とりあえずたくさん食べてたくさん寝て、程々にバカルテットと遊んで、
6月までに体力UPじゃーーーっ!!