今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

5月も今日でおしまい。

明日から6月。
いよいよ開始かっ


週末は雨続きでバカルテットも運動不足で、
早めにボスハウスへ戻る予定だったけどギリギリまで居残り、
昨日と今日はたっぷり外で遊ばせている。

ウィリーを迎えてからブルーが若返ったように一緒に走り回り、
毎日バトルをしてる。
4歳から10歳までジジィと言われたが、今さら青春を満喫するようだ。

だが、今はどうしようもない…


110531-1.jpg


どこから落ちてくるのか、体中にまとわりついてミノムシ状態。
この毛虫のようなヤツ、木が全部高すぎちゃってさっぱりわからず。
対応策が浮かばず…
ダイゴとイチロは平気なんだけどねっ


そうそう、ウィリーの秘密を見つけちゃった。

バカルテットが先にご飯を済ませ、次はボスとぽぺこの番。
席について『いただきます』で食べ始めるとウィリーがボスの横に鎮座。
で、足を出して催促するわけでもなく、ただじーっと。

ウィリーがコホッと咳をした。
っとその時だ。
ポロっと何かが落ちた。
ウィリーの足元を見ると一粒のドライフード。

喉に引っかかっていたのか?


が、それからウィリーを観察していると、
食事中もほっぺからポロっと落ちる。

リスのようにほっぺに格納してるらしい。

ま、偶然だろうけど(笑)

それが何ともかわいらしく、通称ウィリーポケットと呼び、
上唇をわざとぷかぷか持ち上げて遊ぶのがぽぺこのブーム。


110531-2.jpg


譲り受ける際、ブリーダーさんに写真を見せてもらい
「このコはこんな感じの綺麗なグレー、いやシルバー色になるわよ」
と言われ驚いた。
サラッサラシルバーのコートが光をうけて輝いている。


こんなに真っ黒でクルックルの毛がいつかこうなるのかぁ?


今、パピーコートが抜け出しとんでもなく毎日毛玉増産中。
毛をかき分けてみると地肌近くはシルバーっぽい色になっている。

「醜いあひるのコはいつか立派な白鳥になるんだもんね」

と言いながらウィリーの毛玉を取っていると…

「あひるのコはいつまでたってもあひるだっ」

と水を差すオトコ。


110531-3.jpg


けっ
今に見てろよーーーーーっ

な、ウィリー!