今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

2回目の点滴が終わった。

今回は副作用がかなり軽減。


110611-1.jpg


が、点滴前に飲む薬が眠気を起こすんだけどね…
今回は本を持っていき、本に夢中になっちゃって睡魔を堪えてしまった。
残り2時間弱で寝たんだけど、おかげで寝不足なのか目が覚めない。
点滴を外してもらい、帰ろうと廊下を歩いていても
眠くて眠くて壁に頭をぶつけるありさま。

通りかかった人は酔っ払いに見えただろうなぁ…

   ==教訓:流れに逆らうなっ==


110611-2.jpg


ま、そんなんだけど翌朝には普通に散歩へ。

こんな感じなら我慢できそうだっ



で、週末を前にぽぺこハウスへ移動。


110611-3.jpg


で、昨日の話。
ブログの更新をしようと思ったが何もネタが浮かばず。
なんか気分がのらない…

しばらくするとどうもお腹に違和感が。
胃がキューっとなりだしたら、だんだんとギュギューって感じになってきちゃって。
ココはぽぺこハウス。
ぽぺこの病院まで2時間、いや週末だから渋滞してるからもっとかかる。


110611-4.jpg


まずい…

で、担当医にもらっていた薬をゴソゴソ。
とりあえず痛みを抑える薬を飲み、ごまかしながら夕食の支度。
が、ごまかしは利かず痛いまま。

しかたないので夕食の準備だけし、バカルテットのご飯まで用意してボスを呼んだ。
ボスにバカルテットにご飯をあげてもらうことに。

そしてぽぺこはベッドに入り、丸まって痛みが和らぐのを待った。


110611-5.jpg


  カチャカチャッ カチャカチャッ

ご飯を食べ終えたダイゴが様子を見に来たのだ。
続いてイチロ。
ぽぺことご飯を天秤にかけたらご飯が勝つようだが、
シープドッグとしてはり付いていたかったのか。

まぁ、微笑ましく思っていると…


110611-6.jpg


  ぐほっ


後ろ脚を床に残し、前足と胴を勢いよくぽぺこのお腹の上に。
なんてヤツだっ!

布団から顔を出すとウィリーが居た。
口を開け、ウハウハ顔をしている。

  ヤツなりに心配して来てくれたのかもなっ
  なかなかいいヤツじゃないかっ


なでなでしているとヤツは嬉しいのか体をグニャングニャンッ

  そこは痛いと言っているお腹の上だぞ…


布団の中でモゾッと動くと獲物を捕まえるように前足をパンッ

  そこは勘弁しておくれよ…


撫でてないと甘噛みし出すしっ


110611-7.jpg


「オマエは何をしに来たんだーーーっ」


ぽぺこが声をあげるとプイッとそっぽを向き、
スタッとベッドから降り、何やらゴソゴソしてテケテケ…

  んん!?


ベッドの下を覘くと隠しておいたスリッパがない。


110611-8.jpg


「ウィリーーーッ スリッパ返せよーーーっ」


ぐずっと横になるどころか目が覚め、寝てられなくなった。
気がまぎれたせいか、胃の痛みも和らいできたような。


『病人』なんてしてらんないよっ