今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

最近はとくにオモシロイネタもなく…


イチロが最近、ナンバー2につきたいのか、
ダイゴとウィリーに因縁つけちゃー転がされる日々。

ケンカを売っているようだが、相手の2匹はとってもKY。
イチロの気持ちなんて微塵もわからず。

ウィリーにいたっては脚が長すぎてイチロは届かずゴロンっ
ダイゴは弱虫だけど俊敏だからカラブリでゴロンっ

ブルーにはずっと前に一撃で負け、それ以来口元をぺろぺろ舐めにいき、
愛想よく振舞ってるんだけどね。

普段から他力本願で自分だけでは何もできないイチロ。
ダイゴだけ散歩へ行っちゃったらピーピー鼻鳴きするくせにさっ
いつになったら自分の力量をわきまえてくれるんだろうか…


110702-1.jpg


話は変わってつい先日のこと。
夕食の支度中、ウチの駐車場に車が入ってきた。

んん?
んんん!?!?

天井に赤いランプを搭載した車だ。
そう、パトカー。

呼んだ覚えもないし、お世話になるようなことに心当たりはない。
もうぽぺこはビックビクのソーワソワ!
急いでボスを呼びに行き、お巡りさんのもとへ送り出した。

だってノーマルぽぺこはお巡りさんとお話する機会なんて5年に一度の免許更新の時だけだもん。
それにひきかえ、ボスは職質常習者ですからっ
バックの中身はもちろん、財布の中まで調べられたこともあるそうな。

身に覚えはないけど、緊張しまくり。
ま、いわゆる住民調査ってやつでした。
ふーっ

ボスはお巡りさんとペチャクチャおしゃべり。
たわいもない世間話をしていたとか。

その時、
「何かありますか?」
と聞かれたそうな。

「何かと言われてもとくには…」
と答えるとお巡りさん
「なんでもいいんですよ
 この間回ったおうちの方には「2メートル位の鳥が来た」って言われたんです
 そんな感じのことでも何かありますか?」

『そんな感じ』ってさらっとおっしゃりますが、2メートルの鳥って!?

巨大キノコやサルらしき鳴き声なんて比にならなさすぎちゃって言えないよねっ


110705-1.jpg

                             年を増すごとに毛深くなってきてるブルー
                             なぜだ…

それにしても2メートルでしょっ
2メートルの鳥ってなんだ!?
ってか、そんな巨大な鳥が近くにいるのか?

もしかして芦ノ湖に浮かぶ足漕ぎの白鳥なんてことないわよね…

あーっ
すっごく気になるじゃーーーんっ