今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

今日はブルーのワクチン接種に行ってきた。

かねてから悩んでいた去勢。

友から病気の予防には去勢した方がいいと聞いていた。
ブルーは年末で11歳になる。
もう去勢手術を受けるリミットが近い。


ウチとしてはできることなら身体に傷をつけることをしたくなかった。

浅はかな考えではあるが、人間は予防だといって手を加えない。
なのに犬には加えるのって…
なぁーんて思ったりもする。

イチロがどうしようもないヤツで、何度か去勢しようかとも思ったが、
なぜか踏み切れず去勢はしなかった。

獣医師でも個々に考え方が違い、素人には全く決められない状態だった。


110905-1.jpg


でもね、ボスと話をして去勢する方向で考えていくことにした。

病気って犬も辛いけど、飼い主にもダメージが大きい。
精神的にも肉体的にも。
それに病院嫌いな犬を治療だとわかっていても本犬が嫌がる場所に連れて行くのは気がひける。
どこまでしてあげることが本犬にとって幸せなのか。

カジキのことでは散々悩んだもん。

ブルーも病院は大嫌い。
でも、病気になって病院通いをするよりは2泊3日でリスクを減らす方がまだマシかも。
そう思うようになった。


で、今日の注射の際、獣医に話をし、あとは日程を決めて予約だ。


なんかね、決心がついてちょっとすっきり。


いつにしようか話しながらの帰り道。
途中でパンや珈琲豆を買い。

到着。
ボスがブルーを降ろすために車の後部ドアを開ける。
ブルーが降り、ドアを閉め玄関に向かう。
玄関の鍵を開けながら車のキーのボタンを押しロック。

カシャンッ


110905-2.jpg


「ちょっとーーーーーーっ」

車の中でパンやら珈琲豆やら、ボスが置き忘れてた携帯電話やら、
両手いっぱいの荷物をどう持つか四苦八苦しているぽぺこが置き去りじゃんっ!

手にした荷物を一度置き、ロックを解除して車から飛び出し
「なんで閉めるのよっ」
と騒いだ。

「あっ 忘れてた」
だって!

散々、車の中で話してたでしょっ
なかったことにする気か!?

「オマエがしょろしょろしてるからだろっ」
だって!!


おぬしーーーーーっ
今に見てろよーーーーーーっ