今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

110908-2.jpg


先日のワクチン接種の際、体重を量るハメになってしまったブルー。

夏場、ぽぺこハウスは都会に比べたら気温は低めだが、
ものぐさブルジィは日陰で避暑に没頭。
ウィリーが遊ぼうと誘っても一喝して無視。

せっかく痩せたのにさっ
おかげで1キロ強戻っちゃったんだよ。

頑として動かないブルジィに対抗する手立てはご飯を減らすのみ。
半分なんかにしちゃったら、さすがのブルジィも暴動を起こすかもしれぬ。
で、ちょっとづつ減らしている。

空腹度合いが蓄積され、ご飯の支度をしていると催促がうるさい。

で、出したご飯をがっついて食べ、すぐになくなる。
横を見るとグズグズウィリーがよーく噛んでご飯食べ、まだ半分以上残っている。
ブルジィは図々しく顔をスルッとウィリーの器に滑り込ませる。
で、ウィリーが「どうぞどうぞ」で避け、仲良く食べている…

怒れよっ

おかげでダイエットにならないんだなぁ。


そうそう、ダイエットが必要な方がもう一名。


110908-1.jpg


ボスだ。

ぽぺこは最近、胃の調子が芳しくない。
大好きなビール、
夏のあっつーい日に一口飲んで「ぷっはー」が最高なビール、
もう何週間休んでいることか。

冷たいものを控え、熱いお茶に白米の夕食。
頑張って食べてみるが、どうしても残してしまう。
で、ボスの登場。

「オマエのせいでオレのお腹が出るんだっ」

なんて威張って言うけどさっ
ぽぺこは「残せばいいよ、明日食べるから」って言ってるんだよ。


ボ  ス:ぽぺっ 大変だーーーっ
ぽぺこ:へっ!?
ボ  ス:オレさぁ 今まで気がつかなかったんだけど
ぽぺこ:なに? なによっ
ボ  ス:どうしようー みんなに笑われてたかもー
     ほら ココ見てよっ


あっちゃー

ボスのはいていたジーンズ。
太ももとオケツの境目辺り。
パックリと15センチ程破れていた。

「オレは太らないっ 絶対に大丈夫だっ」
なーんて豪語していたが、普通のオッサンだった。

そうとう気になったのか、久しぶりに体重計に乗ったら
10キロ程肥えていた。


けけけっ

ボスよっ
自分はもうオッサンだって認めなよっ

けーけけけっ