今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

それがさっ

しょげてたぽぺこの話なんだけど。


111231-1.jpg


先月の診察の際、担当医ライオネスS医師に言われてたんだ。
この間までの治療でシコリが消えず、次の治療を考えなきゃかもだと。

取りあえず学会へ出席する予定があるから専門医たちと話をしてくるから、
今度の診察の時どうするのがいいのか報告するからと。

「放射線治療もダメで抗がん剤も効かないんじゃー、次は何の治療があるの?」
と聞いた。
「抗がん剤しかないね」
との答えだった。

また丸坊主になってご飯がまずくて、また副作用に悩まされるなんてイヤだー
と思っていたが、やるしかないし複雑。


で、この間の診察。


111231-2.jpg


「どうするの?」
「まだ大きくはなってきてないし、このまま様子をみる」
「いいの?治療しなくていいんだっ」
「骨髄移植とかも考えたけど、学会で話してきたけど完治はないからね
 だからやっぱりこの状態を保てるようにしていくのがいい
 でも大きくなったり症状がでたり他にも、なんてことになったら治療するよっ」


嬉しいような、悲しいような…
医師に「完治はない」と言われて凹まずにはいられないでしょっ

別に今だって大した症状もないし、まったく生活に支障をきたしていない。
だからあえて治療をしないってのもわかるんだけど、
何もしないで経過観察し、その時々で対処するってのもなんだかねー
これから症状がでるのか、もっとポコポコ出てくるのか…

はぁーあっ

スパッと終わって欲しい。
辛くても我慢するから、もう解放されたい。

はぁーあっ


111231-3.jpg


家に帰り、ボスに話した。
「いいじゃん、辛い思いするより
 きっとそれまでにいい薬ができるよ」
と言う。

そうじゃーないんだっ
それまでっていつまでなんだーーーっ


ムシャクシャしながら
「じゃ、もういっそのことアフガンもう1匹増やしちゃおっか」
と軽く言った。
「うん
 いいけどブルジィが何かあったらな」
とボスが言った。


そのあとだ。
ブルジィがおかしくなったのは。
話を聞いていたのか?
ブルジィなりの暴挙だったのか?

ま、そんなブルジィに気をとられ、凹んでいたことを忘れて必死になった。
そのおかげで、いつものネタになり、笑って終わった。

ぽぺこ自身、気がまぎれたというか、もういつも通りさっ


111231-4.jpg


してやられた感満載の年末の一コマ。


みなさーん
  よいお年をー