今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

「ブルー ごめんなさい」
「ダイゴ 許してね」
「イチロ 今回はオマエのせいじゃーないよ」
「ウィリー また戻っちゃったね」

顔を見るたびに謝り続けた、今日一日。


120604-1.jpg

                                    イチロが逃げたのはシャボン玉

深夜から始まったゲリの嵐。

寝る前に誰かがとっても、とーっても臭いおならをした。
なんとなく嫌な予感。

「もしかしたらゲリするかもしれないから、様子をみてね」
と仕事をしていたボスに言い、ぽぺこは先に寝た。


ぴーぴーっ ぴーぴーぴーっ
はっと目が覚めたのが4時半。
ダイゴが何かを訴える目をしている。

これは・・・

急いで外に出す。


120604-2.jpg


Out!
水だった。


何度か振り絞り、オケツを洗ってまた寝た。

そして8時。
またダイゴのサイレンが鳴っている。

急いで起き、外に出そうとしたらタイル敷きの部屋にゲリの山。


ボスを起こし、犬たちを外に出してもらってる間に部屋を水洗い。

「全員ダメだっ」とボスが言いに来た。
回復したばかりのウィリーもなんともなかったブルー・ダイゴ・イチロ
みーんなゲリになってしまった。

oh my God!

二人で考える。
なにがあったのか、なにがまずかったのか。


120604-3.jpg


んーんっ・・・
食べたものを思い出すが、いつもとかわらない。
かわらないはず、だと思う。

ブルーがドライフードだけだと喉につかえるから、鶏肉と野菜を煮たのを作り、
それをあげた。
それを作ったのは一昨日の夕方。
昨日は寒かったから、冷蔵庫にいれずにそのままにしていた。
っというか、しまい忘れた。

それしか考えられない。
急いでキッチンに行き、残っていた鍋の中身を確認。
いやーな匂いがした。

「ごめんなさーーーいっ」

でも、夕食のときは全く気付かなかったんだよねっ
たった一日そのまま置いといただけなのにっ

昼までゲリは続き、その後はみんななにも言わずに寝てた。
でも、万が一に備えて夕食も抜きに。

「ごめんね、今日は夕食抜きなの、ぽぺこのせいで」
とブルーに行ったらくるっと向きを変えて背中をぽぺこに向けて寝た。

責任を感じ、いつも寒さ対策にちょこっと飲む焼酎お湯割りも今日はやめた。
みんなの空腹を考えたらご飯も食べれなかった。
ぽぺこ自身で謹慎だっ


夜のトイレタイムにさっき外に出たんだけど、みんな大丈夫。
一安心だーっ


120604-4.jpg


なんとも情けない飼い主。
反省中です・・・

胃が痛いっす・・・