今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

23日は高校野球決勝戦。

春夏連覇のかかった桐蔭と2期連続準優勝の光星。
引き締まった試合をチラチラ観ながら・・・

この日はボス親とボス弟家族が来る日だった。
だから、チラ観で片付け&掃除&準備で大忙し。


120826-1.jpg


まぁー、疲れたっ
こんなに疲れるなんて想定外。

一行が帰ったら、我が家もボスハウスに急遽遠征でさっ
片付けして掃除して準備して。

一日中、なにやってんだろって感じのめまぐるしさ。

嫁ってやぁーねっ


そんなヘロヘロのぽぺこに追い打ちをかけたのが都会の暑さ。
「猛暑が続く」とは聞くが、まったくピンとこず油断してた。

ボスハウスに到着して、エアコンのリモコンの気温を見てビックリ!
もう22時だっていうのに『35度』ってなによっ

で、疲れと暑さで翌日には熱が出てノックダウンってわけ。
まぁ、これくらいですんでよっかったと思えば。


120826-2.jpg


そうそう。
弟には双子の娘がいて、今小2。
トイプーを飼ってたことがあるけど大型犬とは初ってことだし、
ウチのも子供と生活したことないからどうなるか心配だったんだけど。

イチロはこんなものかと思ったけど、意外に愛想が悪かったのがダイゴ。
自ら行くわけでもなく、呼ばれもしないし、お互い無視って感じ。

で、意外だったのがブルーとウィリー。
対人関係が苦手だったブルーがペタッとくっついて撫でられてた。
逃げもせず。
ま、じぃさんだから動かないってのもあるんだろうけどね(笑)

ウィリーは人が好きで尻尾を高速メトロノームでアピールしたが、
なにが違うのか、二人に相手にされず。
隅っこに縮こまってしまった。


120826-3.jpg


で、オヤツにせんべいをもらったけど、ウィリーは気に入らず一口も食べない。
カステラでおびき寄せるとホイホイ姿を現したが一定の距離を保ったまま。

「これをブルーとウィリーにわけてあげてね」と双子に渡す。

目の前に黒いものが現れたと思ったらササーッと風が。

「へっ?」
自分の手と子供の手をみてビックリ。


120826-4.jpg


カステラが消えていたのだっ!

砂利の音がした方向に目をやるとそこにいたのはウィリー。
いつも食べるのが遅くて横取りされるウィリーがっ
髭にカステラのカスをつけて満面の笑み。


ふふふっ
なかなかやってくれんじゃんっ

でも証拠を残すようじゃー、まだまだ甘いねっ