今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

もう肌寒くなったぽぺこハウス。
「秋だなぁ」と感じる日々を送っていたのに。


121006-1.jpg


週末に予定があって、ボスハウスに移動。
出発時点で20度未満だったのに、着いたら28度!

ひぃーっ 身体がついていかないよーっ


予定というのは、ぽぺこ車『トム』の車検。
3連休のあとは東名の集中工事でしょ、
だからさっさと山に帰ろうと思ってたのにぃー


「あの、大変ですっ
 修理、交換箇所が多くて金額も上がりますし、材料を手配しなくてはいけないので・・・」


121006-2.jpg


「そっそんなに悪いんですか!?」
「はいっ とりあえず今日は出来ないので仕切り直しになります
 こちらに戻ってきたらしっかりお話しますので」

まっまさかぁ・・・
ちゃんと半年ごとの点検もしてきたのに・・・
今、車買い替えしなきゃなのか!?

「これが新しい見積もりです」

と出された、金額は倍になっていた。
が、バッテリーにタイヤ、その他諸々、買い替える程ではなさそうでほっと一安心。
ボスは歴代の犬たちが乗ったこのトムを手放すことをとっても嫌がるのだ。
ふーっ まだ一緒に居られそうでよかったよっ


121006-3.jpg


車検に出す際に聞かれた気になるところ。


ウィンドーウォッシャー液がなくなり、補充した。
で、いざプシュッと押したら空発。
ジャーッと液が出てこない。

満タンにしてから使ってないのになんでだろうと二人で首を傾げ、
また満タンに。
で、その場で試してみた。

キーコーキーコーとワイパーが動くのみで液は出てこない。
そのかわり、車の下はジャバジャバ。

もう一度確認するとタンクは空っぽ。
???

何回いれても無駄だってことで諦め、車検のときに見てもらうことに。


「原因がわかりましたっ ボクも整備士も初めてでした、こんな状態を見るのは」
と言われた。


121006-4.jpg


ボンネットを開けてカバーを外すとウォッシャー液が通るチューブがある。
そのチューブがダメになっていた。
が、単なる劣化ではない。
明らかに誰かに食いちぎられている、スパッと一部分がないのだ。

「山だから何かが潜り込んで食いちぎったのかもなぁ」
「はい、鋭利な刃物で切られたような跡です」

なぜウォッシャー液が出ないのかわかったのはいいが・・・
今回は運転に支障がない部分で済んだけど、何かの配線を切られたら・・・

ひぃーーーーーーっ
恐ろしいーーーーーーっ


ってなわけで車検が終わるまでボスハウスに残留中。
よりによって暑い日が続いてるし。
おまけに車から降りるとすごく臭い。


121006-5.jpg


「なんなのこの臭い、ウチのが誰かウ○チ付けて歩いてるのか!?」

だが、全員のオケツを確認したがブツは見つからず。
鼻を効かせて臭いのもとをたどると・・・

どうやら留守の間に猫の溜まり場になったようで、勝手にトイレを作られてた。
山積みのウ○チが砂利に覆われていたのだ。
チップなのか、カンタなのか・・・(勝手に名づけた野良猫たち)
しかたないから鼻つまんでブツ片付けて、猫の侵入を防ぐ薬を買ってきた。


あぁーっ
早く帰りたぁーいっ