今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

しばらくボスハウスに出張してた。
昨夜、ぽぺこハウスに到着して暗闇の中、ヘッドライトで照らすと落ち葉が敷き詰められた庭。

はぁー
始まったぁー


121110-1.jpg


ウィリーの毛にはよく絡み、毎回ミノムシのよう。

あぁーあっ
北風がブワァーッと吹いてくれないかなぁーっ


そんなことより!
ふふふっ
ボスハウスでいいことがあったの。

ぽぺこハウスが完成した時、ホームベーカリーを買うことに。
出だしたばかりのGOPANが欲しかったんだけど、予約で数か月待ちと言われ諦めた。
で、普通のホームベーカリーにしたんだけど、
友が1台譲ってくれるって話になって、今回我が家に増員!

さっそく米パンが食べたいところだが、小麦粉グルテンって粉がないとダメなんだって・・・
大きな街のスーパーなんかに買いに行かなきゃーいけないのよっ

今、行楽シーズンまっただ中。
散歩で歩いてたら車だらけ。
こんな時に買い物へ行きたくないから諦めた。

根がグズだからねっ(笑)


で、GOPANが入っていた大きな箱を見たボス。
「おいっ ゴン太ぁー」
「誰のこと呼んでるのよっ」
「あいつに決まってんだろっ でっきるーかなっでっきるーかなっ」
「あぁー ノッポさんとゴン太くんね」
「ゴン太 今オマエのオウチを作ってやるぞーっ」


121110-2.jpg


ただ箱の一片を切り取っただけ。
「ほれっゴン太 入ってみろ」
「ほれっゴン太 オマエだけの家だぞ」

そんなこと言われたって『小さな親切大きなお世話』

むりくり座らされ、むりくり寝転がされたゴン太。


121110-3.jpg


しかたなく寝転がっているが、ハウスが小さすぎっ

段ボール破壊が好きなダイゴが虎視眈々とゴン太ハウスを狙っている。
ゴン太くんもガリガリ穴掘ってるし、いつまで原型を保っていられるか・・・

「犬用のベッド買ってあげればいいじゃん」と言ったら
「ヤダねっ 全員分なんてことになったらたまんねーよっ」と。
ま、そりゃーそうかっ


121110-4.jpg


緑もあれば黄色も赤もあるもみじの葉。
きれいに色づいてきてますっ

隣んちのもみじだけどねっ