今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

秋の紅葉。
ウチの庭のもみじもきれいに色づいた。


121117-4.jpg


人や車の多いことっ
散歩で会った人に声を掛けられ、道を尋ねられる。
でも、周辺観光なんてしたことないから地図を見ながらの説明。

そんな中、あったまにきた観光客。
おばさんが紙を突き出してくる。
「ここへ行きたいんですけど」じゃなくて「ここはどっちだ」ってさ。
犬が苦手らしく、後ろにズリズリ下がっていくから地図の紙が見えない。
「こっちだと思います」と説明してるとダイゴとウィリーもくっついてくる。
「はぁ?どこ?」なんて返事だったから適当に「あっち」と言って去った。

はぁーっ こんなおばさん相手にしなきゃよかったよっ
こんな時にボスが一緒に居たらぎゃふんと言わせてくれただろうに。
イチロでもいいさ、きっと唸ってくれるよ。

ふてぶてしい態度もガツンと一言言えない自分にがっくし。


そんな行楽シーズン真っ只中に帰省してました。
ボスの実家で法事があったんだぁ。

帰ってきたら落ち葉だぁー


121117-1.jpg


風に流されて溜まってしまった。
どうせなら吹き飛ばして欲しかったのにぃ・・・


121117-2.jpg


昨日はいい天気だったからせっせと落ち葉を片付け、焼き芋をした。

そしたら今朝、雨と共に風も強く、また同じ状況に・・・

きぃーーーーーっ!!


それに落ち葉の山を崩していったら顔を出した土の山。


121117-3.jpg


よーく見てみると小さな穴があった。

今まではフェンスの外側でモゾモゾしていたモグラのモグ造一家。
「まぁね、ぽぺこたちより先に先祖代々住んでいたんだし、ほっといてあげるかっ」
と仏の心で見守っていたんだけど、図々しくもフェンス内側に攻め込んできた。

モゾモゾ通った跡が残り、積んである岩の間から土をまき散らしたり。
さすがに山を作られちゃー黙っておれんっ
「不法侵入撲滅だぁーーーっ」と息巻いて、即刻スコップで山を崩し穴を塞いでやった。

「穴に爆弾詰めて爆発させるといろんな穴からモグラが浮き上がってくるんだって」とボス。
「ぐひぃーって穴から出てくるなんて漫画みたいだねっ」なんて笑ってたら
「じゃ、退治するか。モグラってグロテスクでかわいくなんだぞ」と。

そんなこと言われたらいやじゃん。
そっとしておこーっと。

やっぱりぽぺこはニヒルになれないぃーーーっ