今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

いつもどんな状況でもばーっと遊ぶシープドッグたち。


130124-7.jpg


オモチャをくわえたり、追いかけっこしたり。
「取りに来いっ」てところは面倒だけどね。

それにひきかえ、何かがないと遊ばないアフガンたち。
まぁ、ブルジィは歳を考えると遊ばなくなるのは当然のこと。
ウィリーはブルジィとしか遊ばないから困りもの。

以前、オモチャをくわえて嬉しそうに走っていたら、シープドッグたちに追われた。
追われるだけなら喜んで走り回るんだけど、
くわえてたオモチャをかっさらわれ、それっきり遊ばなくなった。

一緒に外に出してる間はブルジィにちょっかい出すか、ぼさーっと過ごすウィリー。

これじゃーいかんっとぽぺこは思った。


で、DINGOでウィリー向きのオモチャを買った。


130124-1.jpg


キジのオモチャ。
生地はフワフワしてて、中は綿ではなく、チミチミしても大丈夫。
それに中に何か詰まってて重みもある。

だから投げるとちゃんと飛ぶ。


シープドッグたちを家の中に入れてからがウィリーの遊ぶ時間。
ぽぺこが思いっきりキジを投げ、一心不乱に走って取りに行き、
くわえてずばばばばーっと走り回る。


130124-2.jpg


普段寝てばかりのブルジィも一生懸命ウィリーを追いかける。
なかなかの走りっぷりで、見ている方はちょっとひやひやするが。


130124-3.jpg


運動不足になって筋力が急降下で衰えても困るし、
まぁ、疲れたら内回りして待ちかまえたりしてるし。

お互い、いい遊び相手になっているらしい。


130124-4.jpg


追いかけっこになった前提のキジを落としたことにも気づかず。
しばらく何のための追いかけっこか、目的もなく走り回る。

何周か走ってやっと思い出すばかっぷり。
こんなところがアフガンらしい。


130124-5.jpg


今はボスハウスのため、たっぷり散歩の日々。

ダイゴとウィリーの散歩道に見つけたあるモノ。
ライ○ンズマンションの入り口にある、ライオンの像。

ウィリーがそれを見つけた時の驚き具合が面白い。
ひぃーっと横っ飛びになり、遠目で観察。
動かない相手から目を離さずにちょっとづつ前進。
あと一歩ってところで前足だけばたっと伏せ、ウィリーなりに挑発。
が、微動だにしない像。

負けだと思ったのか、またひぃーっと横っ飛びで逃げる。

これが毎回のこと。


130124-6.jpg


こういうところが『カワイイばか』なんだなぁーっ