今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

先日、ボスが打合せで都内に行った。
そしたら歩いている先の広場で物産展が行われていたそうな。

カッペのボスはふーらふら。
そのまま物産展の中をぐるぐる。

んん?聞き覚えがあるぞっ


130129-1.jpg


「あらっお兄さん、コレ好きなの?」
「いやぁー、僕は好きじゃーないですっ」
「いいから試食してみて」
「僕は好きじゃーないんでっ」
「そっちよりこっちの方がお得だから、コレ食べてみて」
「結構ですっ」

噛みあわない会話に疲れたそうだが、買ってきてくれた。

ぽぺこの大好物だーっ!
今までもらったお土産の中で一番嬉しかったんじゃーないかなぁ。

ぽぺこも何年、いや二十何年ぶりのご対面だっ


130129-2.jpg


食べたいなぁと思ってもあまり見かけないし。
嫌われモノなんだよね、かわいそうなことに。

「いいの?食べても」
「いいよっ 別にオレが食うわけじゃーないんだし」
「本当にいいの?」
「好きだって言ってたじゃん、ぜーんぶ食っていいよっ」
「いや、今日は一つにする。だいじに食べなきゃー」
「へぇー そんなに好きなんだ」
「ねぇ、開けてもいい?」
「開ければ?」
「今、開けるよ」
「そんなに気にすんなっ」
「ではでは、お言葉に甘えまして、オープゥン ふはーっ」

「くっせーーーーー」
「開けていいかって確認したでしょ、ちゃーんと」


130129-5.jpg


ご丁寧に焼かれて真空パックされていたくさや。
これ焼いたら家族はもちろん、ご近所迷惑になるって聞いたことがある。
ふふふっ
でも、ぽぺこはだぁーい好きなのよ、くさやさん。


夕食の準備をし、くさやはアルミに包んでオーブントースターで温めて。
「いっただきまぁーす」
「ウゲッ」
「くさい?」
「くさいなんてレベルじゃーねえよっ 養豚場かよっ」
「大げさなぁーっ ちょっと食べてみなよ、美味しいよー」
「うわぁーーーっ こっちに振るなっ」
「なぁんでー」
「もうこっち向くなっ、オマエ全部が臭いんだよーーーっ」


130129-3.jpg


そこからボスはぽぺこと向き合わず、目も合わさず、会話も成り立たない。

けっ
残念なオトコだっ
こんなに美味しいのにっ


「まだ、3つもあるぅー いつ食べよっかなぁ」
「もうさっ、それ捨てたら?」
「なに言ってるのよーーーっ」
「だって臭すぎ、こんなに臭いとは思ってもみなかった」
「ふふふっ くさやを甘くみちゃーいけないよっ
 ボスが何かイジワルしたらくさや食べて息吹きかけてやるぅーっ」
「それさぁ、外で食べれば?」
「立ち飲みやじゃーないんだからさっ 寒くて凍えるもんっ」
「じゃーもう食うのやめろ」
「やだもーんっ」
「くっそー、買ってこなきゃーよかったぁーっ」


130129-4.jpg


うきゃきゃきゃーーーっ!
たっのしぃーーーっ!!

そうそう、バカルテット。
くさやの匂いがしたらわらわら寄ってくるんだよっ
魚が好きじゃーないウィリーまで。
よこせってさ!

『猫にまたたび』って言うから『犬にくさや』だっ

ひゃっほーいっ