今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

昨日はビックリしたっ

昼、ご飯を食べながらテレビを観ていたら『ドッスーン』と大きな音と共に、
振動を感じた。

3.11の時も、本震の後何度も響き渡った不吉な音。

風向きによって聞こえてくる自衛隊の大砲の音。
それとはまた違ったなんともいえない聞きたくない音。


130211-1.jpg


てっきり地震かと思い、チャンネルをNHKに換えてみるが普通の放送。
テロップすら流れない。

はて?

何度か続き、ボスがネットで検索をした。

「地鳴りだってさっ」

箱根火山はまだ生きているそう。
火山活動の一つ、群発地震なんだって。

あまりにも大きな音が響くからバカルテットもおちおち寝てられない。
わかっていても、ぽぺこだってそわそわしていた。


130211-2.jpg


「明日さぁー白鳥乗ろうぜっ」とボス。
「へっ?」

会話の始まりがこれじゃー意味わかんないでしょっ
突然白鳥に乗ろうってどういう意味だ!?
今、地鳴りでちょっとナーバスになってるって時に。

聞きなおしてみると芦ノ湖のスワンボートのことだった。
いっつもこうだっ
長いこと一緒にいるが、いまだに理解に苦しむボスとの会話。

なんとなくペダルを漕いでみたくなったんだって。
けっ
お気楽なオトコだっ

まぁね、出かけるとなれば昼食の支度から免れることができるからぽぺこは嬉しい。
ペダルくらい漕いでる振りしてればいいんだしぃー


130211-3.jpg


ところがだっ
すっかり忘れていた。
巷は三連休なんだよね、今日まで。

人ごみ、渋滞は大っきらいだから結局行くのは止め。
冬は観光客が減るけど、それでも天気がよければ来るからね。

でも、いいこともあった。
「これ、どうぞ」とケーキを持ってきてくれた。

お向かいの仲良しご夫婦が別荘に来ていた。
いい感じに近所付き合いをしているぽぺこ一家。

お父さんがいちごのショートケーキを作り、
二人では大きいからとおすそ分けしてくれた。


130211-4.jpg


「お父さんがスポンジまで焼くなんてすごいよねーっ」
「買ってきたんじゃーないのか、スポンジは」
「えーっ だったら作ったって言わないし、スポンジの触感が違うよっ」
「ふーんっ クリーム塗ればわかんねーよっ」

あくまでも認めないボス。

その後会ったときにお礼を言いながら聞いてみた。
「スポンジも焼いたんですよね?」
「はいっ 簡単ですよ」とお父さん。

「ほーらっ お父さんの手作りじゃんっ」
「・・・」
「いいよね、趣味が実益を兼ねてるなんてーっ」

軽く嫌味をいってあげたわっ
ほーほほほっ


130211-5.jpg


今日は大丈夫。
今のところ、地鳴りも振動も響かない。

風もなく比較的暖かく感じた穏やかな一日。