今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

今日は買い物へ行くのにニコを同乗させた。

先日、東京からの車移動で緊張からだろうが涎が止まらず、一度吐いてしまったニコ。
これからはボスハウスとぽぺこハウスの移動を繰り返す生活になる。
さっさと車に慣れてもらわないと困るからだ。


130604-1.jpg


山道を走行。
4日目の今日はボスとぽぺこのことを覚えたためか、涎は垂れなかった。
が、終始文句は垂れていたけどねっ

「おーっと、安全運転しなくちゃっ 大切なニ・・・ぽぺこが乗ってるからね」
「はぁ? 今まで一度も言ったことないくせに」
「だから言ったんだよっ」
「大切なニコが乗ってるからって言えばいいじゃん、別にさっ」

いつもは乱暴な運転もニコに気遣って安全運転。
まっ、いいことだけど、今まではなんだったのか・・・


130604-2.jpg


特訓も始まった。
ボールを投げたら持ってくる特訓。

先代のカジキはボールが大好きだった。
それがどうしても忘れられない。
ボスもぽぺこもイチロを迎えて懸命に教えようとしたが、
能ない鷹は爪もない。
イチロは全くボールに興味をもたず、私たちもあきらめた。

が、前回のヴォッコの子供たちはボールが好きな子が多い。
きっとニコも!


130604-3.jpg


庭ではダイゴとイチロがいて気が散るから、ボスがニコだけ連れ出して特訓。
ニコは嬉しそうに取りに行き、ちゃんと戻ってくる。
そんなニコを見て、終始にやけてるボス。
このままボール遊びが好きな子に育ってくれればいいけど。


130604-4.jpg


ぽぺこはほとんど世話をしていない。
○ッコを失敗しても、ウ○コしてもボスが片付けるし、ずっと一緒にいる。
だからニコもくっついている。


130604-5.jpg


そういえば、今日の車内でのこと。
車が止まるたびにニコに手を出すボス。

「そんなに触っていたいなら運転代わるよっ」と言うと
「いやだっ そしたら頭しか見えなくなるじゃん」だって。

終始一緒に居てもまだニコザルの顔を見ていたいなんてねっ

子猿顔はいつまで見てたって子猿。
なぁーんて言ったらまた怒られるから言わないけどねっ