今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

当初、予想されていたコンビ。


130607-1.jpg


イチロはニコに遊べと言われて困惑顔をしたりもするが、
あからさまに嫌がることはない。

が、イチロが相手するほどでもないのだっ
ボスがいるから。


130607-2.jpg


「女の子は全然違うから」
「主人の態度がオスとメスで全然違うわよ」
なんて聞いてはいたが、まさかねーっ

庭に出てドスドス縦横無尽に走り回り、あれやこれやなんにでも興味津々。
飛んでる虫を捕まえようと必死になってたり、
自分の尻尾を追いかけてグルグル回ったり。


130607-3.jpg


庭の小石を拾って口の中へ。
枝を見つけてがりがり。
葉っぱをむしってむしゃむしゃ。

そのたびにボスが駆け寄り、ニコの口から取り出す。
そんなのほっとけばぺっと出すのにさっ


130607-4.jpg


この間、ニコに何か怒ってるなぁ、と思ったらさっ
「女の子なんだからゲップをするんじゃーない」ってさ。
女の子云々の前に生きてるんだから、ご飯食べればゲップくらいするでしょーっ

外を見てウゥーっと低い声で唸ったら
「女の子なんだからそんな声を出すんじゃーない」だって。
警戒するでしょ、犬なんだもん、しょうがないでしょーっ

まぁー、普段なら罵声が飛び交う我が家だが、ニコが来てからボスが怒らないこと。


130607-5.jpg


ご飯をあげるとき、ニコだけ別にしていた。
ウィリーが気が散ってご飯を食べないってことで。

でも、いつまでも別にしててもしょうがない、さっさとウィリーには慣れてってもらわないと。
「そろそろ一緒に食べさせればいいじゃん」
「ダメだっ」とボス。
「だいぶガツガツしなくなってきたんだっ
 1匹なら競争しなくていいから落ち着いて食べられるんだっ
 みんなと一緒に食べたら、またがっつく女になちゃうじゃーないか」


130607-6.jpg


あ、そっ。

ニコはポンだ。
あのヴォッコの娘だ。
どう考えたって食に対しての執着心は半端ないだろう。
それを変えることなんてできないでしょー、DNAなんだからさっ

っと、ぽぺこが言ったって『馬の耳に念仏』だ。
好きなよーにしてくださいよっ


130607-7.jpg


ニコとシープドッグたち+ボスの『せっかちーず』が家に入ると、
のんびりうだうだ動き出す『ぐずぐみ』のアフガン+ぽぺこ。

ぐず最高!