今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

今日で3か月のワニコ。
ウチにきて2週間。

なにか学習できただろうか・・・
んんーん。


130614-1.jpg


まだ距離感があるアフガンたち。
相変わらずニコが遊ぼうと来ると知らん顔し、跳びだすと逃げる。
それをニコが勘違いして追うと、ウィリーは本気で逃げる。
まだまだ時間がかかりそう。
だけど、おかげで動かなくなってきたウィリーの運動不足解消には一役買っている。

もう、ボスの突飛な発言にも慣れた。
あまりネタにしない方がいいのか、と思いながら面白いから掲載しちゃうんだけど(笑)


夜のこと。

「ねぇー ニコがしゃっくりしてるー」
「そりゃーするでしょ、誰だって」
「まだしてるよー」
「まだって、まだ数秒しかたってないじゃん」

とボスを突き放した。

翌晩もしゃっくりをしていたワニコ。


130614-2.jpg


「止めてあげなくてもいいのかなぁ」
「ほっとけばっ」
「続いてるよ」
「誰だって連発するでしょっ」
「驚かしたら止まるのかなぁー」
「もーっ やってみればっ」

なにしてもニコが気になるボス。
これじゃー、ワニコにしてみたらウザいでしょっ


里から聞いた話をボスに言った。
「ジャイ子のこと気に入っていた男の人が3人いて、
 1人は「ウチに来るはずだったのに」って言ってたんだって」
「ふーん」
「意外と人気あったんだね、ジャイ子」
「ふふっ
 別にさーっ その人がどうしても欲しいって言うなら譲ってもいいよ」


130614-3.jpg


「えっ そうなの?」
「うん、どうしてもっていうならさっ」
「じゃー電話してあげれば?」
「なんでオレがーっ」
「別にいいならいいじゃん、言ってあげなよ」
「相手がかけてきたらの話だっ それにー」
「なによっ」
「きっとさっ ニコは行きたくないよっ ココがいいに決まってるっ」
「そう?」
「いっぱい遊べる庭があるしー」
「だけ?」
「色々だーっ」

きっと「オレが面倒みてるんだ」とか言いたそうな顔をしていた。
が、ぽぺこに突かれるから省いたんだなっ


130614-4.jpg


けっ
正直に言えばいいのにさっ
ちゃーんとネタにしてあげるのにーーーっ