今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

ニコザルがきて1ヶ月がたった。
日々、幅を利かせるようになり、バカルテットは右往左往。


130701-1.jpg


イチロはニコザルが現れると気配を消す。
ぬいぐるみのように動かないイチロ。
踏まれても声をあげず、ただただ静かに嵐が過ぎ去るのを待つ。
今までのイチロの素行の悪さは何処へ・・・


130701-2.jpg


ダイゴはいつでもニコザルと一緒。
投げたオモチャを一緒に取りに行き、一足早いダイゴが咥えるが、
ニコザルが下から「ちょうだーい」と来たらぽろっと落とす。

一緒に追いかけっこもする。
ニコザルよりも断然足が速いダイゴ。
だが、追いかけてくるニコザルを確認し、スピードを緩め1歩リードを保ち先頭を走る。
後ろに走っているニコザルに気をとられ、タッタカタッタカ・・・


130701-3.jpg


ドスッ
前を見ないから樹にぶつかった・・・バカだっ
それでも嬉しそうにニコザルと走っている。


最近、ニコザルにちょいちょい疎ましく思われているボス。
「嫌われるからそんなにしつこくするのやめなよっ」と助言しても無駄。

「愛は距離をおいてはぐくんでいくものよってボスに言ってあげて」と犬友に言われた。
なぁーるほど。
これならボスも理解できるかも。

さっそくボスに伝えた。

「ふーんっ」
「だから、ニコザルにも自分の時間を作ってあげてほっといてあげなきゃ」
「ふーんっ」
「嫌われたくないでしょっ」


130701-4.jpg


「別にぃー」
「えっ? 嫌われてもいいの?」
「どうでもいい」
「はぁ?」
「だから、ニコがどう思おうがオレには関係ないっ」
「へっ?」
「相手の気持ちはどうでもいいんだっ オレの都合でオレは動く」
「はぁーっ」


やっぱり通用しなかったーっ


130701-5.jpg


どんだけ自己中なんだよーーーっ


それでもニコザルも遊んでもらってるときは嬉しそう。
ほいほいボスのところへ行く。

が、眠いとき。
ボスが声を掛け、ちょびちょびし出すと睨む。
それでもボスが手を引かないと4本の足で突っぱね距離をとろうとする。
それでもしつこいと『ワニコ』に変身する。

この攻防、見てると楽しんだけど、ちょっとニコザルに同情しちゃう。


130701-6.jpg


けど、なんだかいいコンビになってきてる気がする。

ってことは、三角関係じゃんっ
ボス・ニコ・ダイゴでさっ
けけっ ニコザルはどっちを優先するのか?

そこにまさかのイチロ・・・
は、ないねっ(笑)