今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

「オマエに使いこなせるわけがないっ」

けっ
そんなの『馬の耳に念仏』

さっそく注文しちゃったもーんっ
明日届くんだもーんっ


130704-1.jpg


便利な世の中だよねっ
山に籠ってたってクロネコさんが運んできてくれるんだもんっ
早く写真を撮りたいなぁ。

おーっと
ちゃんと専用本も買いましたよっ
アイツの鼻を明かしてやるんだっ


最近のニコザルはといいますと。
「女王様になるんじゃーないの」と言われておりましたが、
着々と女王になるべく素質を露わにしてきました。


130704-2.jpg


ダイゴ母さんのもとですくすくとわがままに成長し、
イチロに至っては『年上』の感覚は全くない。

高いところに届かない時にイチロにとびかかって台の代わりにしてる始末。
それでも怒らないイチロ。
健気でかわいいんだなぁ。


130704-3.jpg


オモチャも投げると一緒に取りに行くんだけど、
どんくさいイチロはニコザルに追い抜かれ、いつも奪われる。

ずっと口の中に隠していたオモチャもニコに狙われ避難。
が、カノジョが見逃すはずもなく。


130704-4.jpg


こうなるよねっ


カノジョの態度がでかくなる要因のもう一つ。
なにも教えようとしなかったボスだ。

やっとスワレ・マテしかわからず、ぽぺこは必死にフセを教えた。
まだ、怪しいけどねっ

一般常識としてこの3つはクリアしたいと思っていた。

「チュッ」
まっまさか・・・


130704-5.jpg


「ニコ、チュッは」

アフガンたちがするほっぺにチュッを必死に教えているボス。

「ねぇーっ 出来てるか見てよーっ」とニコを抱えて現れたボス。
ニコにおやつを見せ「チュッ」とせがむボス。

ニコザルもおやつの為になんとか鼻先でボスの顔にアタック。
満面の笑みのボス。

いろんなことを教えるのはいいけど、その前にやるべきことがあるでしょっ
まだ、リードで散歩もろくにできないのにさっ

子供会に出席したら赤っ恥かくね、うちは・・・