今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

早くぽぺこハウスに帰りたいけど、帰れない。
高校野球の神奈川県大会が終わらない限りは。

今日は朝から小雨がパラパラ。
じっとテレビの前で待ち、データ放送でチェックを続けた。


130729-1.jpg


昨日の二の舞にならぬよう、買い物へも行かず、ただひたすら待った。
が・・・

がーんっ
決勝戦は雨の為中止と。

暑いから早いとこ山に帰りたいのにぃー

「まだ甲子園じゃーないんだからいいじゃんかっ」とボス。
「だめよっだめっ 横浜が甲子園に行ったらどうすんのよっ」
「それでいいんだろっ」
「ばかねっ なに言ってるのよっ
 選手のこと何も知らないのにぶっつけ本番で応援なんてできないじゃないっ
 ちゃんとデータ集めなきゃいけないのよっ わかってないなぁーっ」


130729-2.jpg


っと言うわけで、まだボスハウスに残留。

バカルテットはまだいい。
こっちでの生活にも慣れてるから。

困るのがニコザル。
山の子となったニコザルは不満の嵐。

何かを破壊して困らせたり、これといっていたずらをするわけではないのだが・・・


ボスとイチロと就寝しているニコザル。
昼間も暑くて外で遊べないし、イチロは大してかまってくれない。
ぶんむくれ状態だった。


130729-3.jpg


そしてボスは締め切りに追われ、深夜3時、一度仮眠をとろうと布団の中へ。

たたたたたーっ
ばたっ
くちゃくちゃっ
たたたーっ
どすっ

さんざん寝させられていたニコザルはこれ見よがしにボスに遊ぼうと誘う。
眠いボスは無視。

どどどどーっ
ばすんっ
ピーピー ピコッピコ プピーッ
ぱたぱたっ
だだだだだーっ


130729-4.jpg


無視されたニコザルは誘うのを諦め、ひとりで遊びだした。
5時まで。

やっと静かになったと思ったら目覚ましをセットした6時。
結局ろくに寝れなかったそうだ。

それでもニコザルを撫でながら嬉しそうに話すボス。
『人って変われるものねっ』と思いながら聞いていた。

が、ご飯の準備をしていたら「早くぅーっ お腹空いたぁーっ」
と鳴き出したシープドッグたちに向かって「うるせーっ」と一喝。


130729-5.jpg


『三つ子の魂百まで』だっ