今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

帰ってきました。


130916-1.jpg


状況を獣医さんに説明してもらった。
貧血と炎症反応はまだあるものの、ご飯は完食、便も出てると。

「カラーはまだつけたままにするんですか?」とボスが聞くと
「もう傷口はふさがってます、が、太ももの方は何かでひっかいたようで、
 血が滲んでる箇所もありますが、もう傷が開くことはないとは思います」
「そうなんですかっ カラーつけなくていいならラクだね」
「で、抜糸なんですが1週間後位に来ていただければ」
「先生、抜糸の必要ないかも」
「はぃ?」
「イチロ、自分で抜くと思います」
「はぁ。実は自分で抜糸をしていたようで、1・2本糸がないんで」
「やっぱりーっ」
「パンツやTシャツなんかを着せておいた方がいいかもしれませんね」
「わかりましたっ」


その後、看護師さんが連れてきてくれたんだけど、
ぽぺこの顔を見るなりギャウーッギャウーッ吠えたてタックル。

看護師さん笑ってた。

連れてこられたイチロはカラーを装着。
「あの、先生はカラーはもうつけなくてもいいと言ってましたが」
「イチロちゃん、きっと抜糸するからぁ」
「そうですねーっ」
「まだ必要かと思いますっ」と言い切られた。

当然だけどね。

とりあえず帰ってきた解放感にゆったり寝れる環境にするためカラーを外した。
寝室の犬布団にさっそく寝っころがってぐーりんぐりん臭い付け。


130916-2.jpg


まぁー、静かな1週間でした。
なんとなく物足りなくて寂しい感じで。

犬はもちろん、ぽぺこもボスも。
やっぱりイチロのキャラはイチロにしかないわけで。


130916-3.jpg


でも、きっと数時間後には
「イチーっ もう一度入院して来いぃーっ」
と言いたくなるかもしれないけどね。

いや、きっと「病院へ戻れーっ」と叫ぶよ、ぽぺこもボスも(笑)