今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

なんなのよっ
親の顔が見てみたいものだわっ


131129-1.jpg


ぽぺこの病院もあって、今はボスハウスに滞在中。

「まだ咳が出てるね、山に帰るなら30日分薬出しておくから」とS医師。
「そうしてぇ げほげほっ」
「いいぃ、まだ咳が出て酷くなるようなら山から下りて病院に来なさいよ」
「うんっ げほげほっ」
「はははーっ 酷いわ、この咳、当分苦しいね」
「はぁー げほげほっ」
「同僚も咳が酷くて、もう1か月咳に苦しんでるわよっ」
「えーっ そんなに長 げほげほっ」


ま、いつも通り、咳は長引いてます。
でも想定内。

街にきたからにはちょっとくらい選べるショッピングをしておきたい。
欲しかったものがあったから、ボスに連れてってもらった。


131129-2.jpg


街はどこもクリスマス色。
今年は何をプレゼントしてもらうか、くまなくチェックさっ

昼食も済ませ、3時間後の帰宅。

廊下には紙屑が散らばっていた。

 どうせボスの部屋から何か持ってきてビリッビリしてたんだろっ
 そう、片付けないボスが悪いんだから思いっきりやっちゃいなさいっ
 ぽぺこは怒りませんよーっ


素知らぬ顔してその場を通過し、買ってきたものを片付ける。

「おいっ 大変だっ」とボスが廊下で騒ぐ。
「なにっ どうせ紙屑でしょっ」
「違うっ よく見てみろよっ」

ちっ 面倒だっ
と思いながらその場へ行くと、声が出なかった。

ま、まさか・・・
山姥の娘だとは重々承知していた。
が、今まで何もなく過ごしてきたのに。
姉妹犬の話は聞いていたが。
ま、まさか、ウチまで・・・


131129-3.jpg


廊下の壁にぽっかり穴が。
床じゃーなくて、壁だよっ
それも横6センチ縦20センチの穴。
クロスはビリビリ、石膏ボードの屑が雪のように積もっている。

穴掘りって地面でしょ、普通は。
なんで縦なのっ
どうやったら立って穴掘りができるのよっ

イチロやダイゴも一緒に居た。
が、どう考えたってこの2匹の犯行ではない。

ちょっと前に姉妹犬が同じことをしていた。
起きたら玄関横の壁に穴が開いてたと。
「まぁーたいへんね」と他人事だったのに。


131129-4.jpg


どっ、どうしようーっ
ボスハウスは賃貸なのよっ
穴なんて開けちゃったら、退去するとき大変じゃーないのよっ

「あぁーーーっ おおばかものーーーっ」

ほっといたらもっと大きな穴になりそうなので、さっそく穴埋め。
同じクロスはないし、どうせ全面張り替えになるだろうから適当に汚い色をチョイス。

同じDNAの怖さを痛感した一件だった。