今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

なんなのよっ
親の顔が見てみたいものだわっ


131205-3.jpg


ボスハウス滞在中でのこと。

夕方の散歩はボスがシープドッグを担当。
ダイエットに目覚めてからは散歩時間が長くなったボス。
最近は暗くなるのが早いから、公園に連れてって放し、思いっきり走り回ってくる。

ニコはダイゴより足が遅いが、イチロよりは速い。
ボスが遠くから呼ぶとダイゴが一番に戻ってくる。
ニコが次、でも、立ち止まってイチロが来るのを待つ。

『なんとも健気な』なんて思っちゃーいけないっ

ニコはイチロが追いつくとギャウギャウ突っかかる。
「おまえおせーよっ」とからかう子供のように。
イチロがムキになってニコに仕返ししようとしてもニコはさっさと走り去る。


131205-5.jpg


負けっぱなしってこと。

で、自由に遊んでいても、ニコはイチロの首元を突き、イチロの周りを回る。
イチロが怒って跳びかかってもニコはすっとかわして逃げ切る。
そんなニコに腹が立ったイチロはずーっとニコを追いかける。
が、ニコが捕まるはずがない。
おちょくり走りでイチロをからかい続けるニコ。

帰ってくるとイチロはぐったり。
なんとも情けないイチロだっ

そんな2匹を遠目に見ているダイゴ。
ニコはダイゴの方が足が速いから、ダイゴにはちょっかいを出さない。
ずるがしこいオンナだこと。


131205-2.jpg


だから公園に行ってもダイゴはぼっさーっとしてる。
で、ボスがダイゴの相手をするために走る。
ダイゴはボスが走ると追いかける。

どう考えたって、ボスよりダイゴの方が足が速い。
隙をついて走り出してもダイゴの俊敏さには敵わない。

いつものようによそ見をしているすきに走り出したボス。
気配を感じたダイゴが追う。
追い抜き、前に回って足を止めようとするダイゴ。
そのダイゴをかわしきれなかったボス。

「もう家にいるの」とボスから電話。
「いるけどご飯の支度してる」と返す。
「迎えに来てくれない?○○から帰ろうと思うんだけど」
「はぁ?なんで散歩に行った人を車で迎えに行くのよっ」
「ダイゴのせいで脚を怪我したっ」
「へ?」
「肉離れだーっ 絶対に肉離れ、歩くと痛いもん」
「はぁ・・・」
「だから迎えにきてー」
「今すぐはむりっ」
「じゃ、いいよ、歩いて帰るから」

歩いて帰れるんなら帰ってこいよっ


131205-1.jpg


さすがに3匹のことが気になって、ご飯の支度を一段落させ迎えに行くことに。
とぼとぼ3匹を連れて歩いているボスを発見。
痛々しそうに片足びっこをひきながら歩いていた。

さっさと3匹を車に乗せ、自宅に帰る。
「痛いっ 痛いっ」
「さっさと病院行けば?」
「えーっ」


翌日。
朝から普通に散歩へ行き、ジョギングにも行ったボス。

「脚痛いんでしょ?」
「え? あぁーうん、痛いよ」
「肉離れなんでしょっ」
「んんーっ なんかね、走った方がラクなんだよね」
「はぁ?」


131205-4.jpg


ふざけるなぁーっ
肉離れだって大騒ぎして、ダイゴのせいだって喚いてたくせにーっ
おまけに迎えに来いって言っといてーっ

どういう育ち方をしたのかしら?

ぽぺこには理解不能だっ


ちなみにこの写真は2週間前のモノ。
昨日ぽぺこハウスに戻ると、すべて落ち葉となっていた。
家の中は5度・・・冷蔵庫かよっ