今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

昨日の箱根駅伝。

ウチから3キロ、山道を必死になって歩き、小涌園まで。
すっごい人だかりをぬい、2年前と同じ閑散とした場所での応援。

今年初の運試しだっ


140103-1.jpg


一位の東洋が来たっ
今年は旗も貰えず、拍手と声での応援。

先導車には報道のカメラも。
ボスの陰に隠れないよう、一歩前に。


数秒後、観戦してた友からメールがきた。
「さっき小涌園を抜けて坂を上って行ったけど、すぐに長いCMに入った」と。

ま、まさか・・・


そのCM中にぽぺこの前を通過したらしい。

はぁーっ
元気な姿を全国ネットで流してもらいたかったのにーっ


140103-2.jpg


それにしても選手はすごい!
あの坂を平気そうな顔で上がっていく選手に脱帽だっ

ぽぺこなんて、3キロの山道歩いただけで息苦しくてぜーぜーっ
情けなっ

一緒に観戦してたボスも、いつになく声を出して応援してた。
自分がダイエットで始めたジョギングで、この辺りの坂で相当苦しんでるから、
彼らのすごさを目の当たりにして感動だったらしい。

「オレの太ももの1/2しかないよなっ」
そっちかよっ
選手の走りに感動じゃーなくて、体系かっ


帰り道、途中で『甘酒・お汁粉』の出店が。
昼ご飯がまだだったぽぺこはお腹が空いて、普段は食べないが興味がわく。
じーっとみていると
「食べたいのか?」とボス。
「うんっ お腹空いたもん、でもお財布持ってこなかったぁ」
「じゃー、オレがおごってやる」

ポケットから小銭入れを取り出したボスが「あっ」と。
出店に釘づけだったぽぺこが振り返ると「120円しかないやっ」だって。


140103-3.jpg


甘酒300円・お汁粉500円

購入するであろうぽぺこに向けた店員の笑顔から顔を背け、匂いだけで堪能しその場を去る。
また3キロの山道をお腹空かせて帰ってきた。

今年の運は良くなさそうだ・・・