今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

野球が終わって、犬たちと遊ぼうと思ったら昨日は一日雨。
今朝は雨が上がり、思う存分外で遊べた。


午後のこと。
残っていたさつまいもを犬のおやつにしようと蒸した。
ま、ブルジィとウィリーは食べないんだけどね。
炭水化物大好き、飲み込めるものなら何でもOKのシープドッグたちは大喜びさっ

せっかくだから、芋で釣って写真でも撮ろうっ


140404-1.jpg


イチロはくわえてたオモチャを放したらニコに捕られちゃうから、
オモチャ死守に没頭。
でっかい鼻がついてるのに、あんまり役に立たないんだよねーっ

「よしっ」の掛け声とともに駆け寄る2匹。


140404-2.jpg


普段からこれだけテキパキ動いてくれるといいんだけどなっ

それでも一目散に駆け寄ってくれる姿を見ると嬉しい。
芋の力を借りてるけどね(笑)


そんな微笑ましい光景とはうって変わって、悲劇は起きた。

「おいでっ」の合図に大喜びで走ってきたニコ。
勢いそのままでぽぺこが手にしていた芋に突撃。

いつものようにこれでもかってくらい跳びはねた。
ぽぺこは危険を察知し、芋をよけた。
その芋から目を離さず、くっと顔を芋に向けたニコ。

前足が芋を直撃。
その反動でぽぺこが首からぶら下げていたカメラに芋が直撃。

きぃーーーーーっ

芋はレンズに押しつぶされた。
よって、ぽぺこの大切なロクちゃんのレンズは芋まみれ。
凹んだ箇所には芋が入り込み、どうしようもない状態。


心の狭いぽぺこは、この憤りをどうしようもできなく。
その後、ニコが何度もケロちゃんをくわえてきても無視。
イチロをかまっていると、またケロちゃんを運んできて足元に落とすが無視。
ニコとは遊ぶのをやめた。

頭の中は『?』でいっぱいだっただろうなぁ。

そして、このことをネタにしようと写真を見ていた。
あっ・・・


140404-3.jpg


確かに芋に向かってきているが、それでも愛らしい姿だ。
芋が欲しいだけだとわかっていても、こんな姿を見たら嬉しい。

ちょっと反省。

ニコに謝ろうと思い、ニコのところへ行ってみるとイチロを枕に寝てる。
グーピーと。

けっ
反省したぽぺこがバカだったよっ