今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

昨日に引き続き、今日も日中は23度ほどで過ごしやすい一日。


140804-1.jpg


秋には迷惑な葉っぱも、夏には大活躍。
木陰の中を楽しく遊びまわっているシープドッグ。

たまに、ほんとっ、たまーにハシビロコウも動きます。


140804-2.jpg


ハシビロコウになりつつあるウィリー。

ブルーが寝込んだ頃から、ブルーよりも体調を崩すことが。
ウィリーのいいところはゲリをしないところだと思っていた。
それなのに、下痢ばかりだし、ご飯食べないし。

ブルーとお別れしてからは萎んじゃって、どうしたものかと思っていた。


友から聞いていた。
2週間くらいは側にいてくれるものだと。


140804-3.jpg


だから、ブルーがいた場所から布団を片付けることができず、そのままに。
きっと、側にいてくれたとしても、ぐーすかぴーすか寝てるだろうからね。

ウィリーは一切近づかなかった。

それが、2週間過ぎてから。
布団の匂いを嗅ぎにいったり、ブルーがいた場所に寝てみたり。

あんなに避けてたのに、急に。

もう、ここに居なくなっちゃったのかもなぁ。


140804-4.jpg


昨日。
ブルーの布団の上に載っていたぬいぐるみの一つをくわえて持ち出しだウィリー。
以前のウィリーならびりっびりに破いて、綿を引き出すんだけど。

運んではきたけど、その場にぽとっと落とした。
そして、そのオモチャを拾おうとしない。

ブルーに睨まれたのか(笑)


そして、今日。

布団を引っかき、ぬいぐるみを散らけ。
なんだか、ちょっと吹っ切れたような顔をしていた。


140804-5.jpg


一番気を使って、一番寂しい思いをしてたんだろうなぁ。
いなくなった直後は一生懸命シープドッグたちに近づこうとしていたけど。
それは性格上ちょっと無理だとわかり、ぽつーんっとしていたけど。

でも、もう大丈夫そう。
シープドッグたちがワラワラしても、自分のペースは乱さず。
ニコに誘われても、走る気がなければ無視。
食べたくなければ食べないし、卵には敏感に反応し、目力でアピール。
ブルーがいなくなった夜にゲリをしてからぴたりと止まった。

強くなれよっ
孤高のアフガン。

の、はずのへっぽこウィリーさん。