今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

本日。
そこそこ天気も良く、すがすがしい日中。

来月のマラソン大会に向けて、毎日走るようになってきたボス。
今日も15時過ぎからジョギングに出かけた。


140905-1.jpg


1時間くらいたったころ、ぽぺこの携帯に着信が。
「なに?」
「あのさーっ 今どこにいるのかわからなくなっちゃってさーっ」
「そんなこと言われたって、ぽぺにわかるわけないじゃんっ」
「そうなんだけどさっ 調べてほしいんだよね」
「どう調べろっていってるの?」
「ヒリュウはどこ?この道?」

まったく意味がわからない。
勝手にしゃべらせると話がまったく見えてこないボス。
質問形式で主語・述語を確認していく。


140905-2.jpg


どうやら今日は『飛龍の滝』まで行くつもりで走り出した。
が、覚えていったはずの場所がどこだかわからなくなり、目印の角はどこだったのかと。

そんなさーっ
ボスの行きたいところなんていちいち興味ないしぃーっ

ネットで検索し、現地と確認しながら場所を伝える。

それから30分。
「わからないから諦めた」とメールが入った。

が、それから30分経っても1時間たってもボスは帰ってこない。
でも、もう、辺りは真っ暗。

もっ、もしかして、猪に遭遇、いや正面衝突なんてことになってたりして・・・
大丈夫なのか、確認のメールを送ってみた。
そしたら「滝を探してて、見つかった」とのん気な返信が。


140905-3.jpg


「行くって決めたらどうしても行きたくなっちゃって。
 そしたらね、引き返して1キロくらい走ったところに看板があったんだよっ」

せっかちにも程がある・・・



さて、ぽぺことウィリーの朝の散歩。

犬と一緒に歩くのは気持ちいいから、ぽぺこは好きだ。
だけど・・・
やっぱり猪に遭遇するのは怖い。

ましてや親子そろってなんて、絶対にイヤだっ
あどけないウリボウはかわいいんだけど、母猪の威圧感は半端ない。

それに、ウィリーには期待できないからさっ
己の身の安全はおろか、サイトハウンドであるはずのウィリーの身を守るのは至難だ。
まさか、あそこまでグズだとは・・・


140905-4.jpg


と、言うわけで人も車も恐れない猪に完敗だ。
朝の散歩は当分の間は中止。

散歩に行けなくたって、ここなら走り回れるんだしね。


って、思っても。

この腑抜け感。


140905-6.jpg


近づいて行っても、身体は動かさず。


140905-7.jpg


目だけ。
呆れちゃうよっ
このハシビロコウっぷりには!


そして、イチロにも。


140905-5.jpg


ボールキャッチのはずが、ヘディングになってしまったイチロ。
前を見据えて口を開けないってことは、もともとキャッチではなくヘディングがしたかったのか・・・