今日の○○

フィクション?ノンフィクション?

今日は敬老の日。

該当するのはダイゴ。
年末に10歳に。
人間で言ったら75歳。

まだまだ若いもんには負けられんとばかりに、ニコを追いかけイチロを操り。
現役バリバリ『とっちゃん坊や』丸出しではしゃいでいる。
それでも、以前よりは寝てる時間が増えたような。


140915-1.jpg


一応、我が家ではトップの座に君臨しているが、当犬だけの意識らしく。
他にぞんざいに扱われているような気がしないでもない・・・

まぁ、いつも楽しそうにしているからいいだろうけどねっ
いつまでも楽しく充実した日々をおくれますように!



話は変わって。

散歩で遭遇して怖かった猪の母親。
子連れに出会っちゃったら最悪だっ

あれ以来、怖くて散歩へ行くのをやめている。
四輪駆動の犬たちは逃げ切れても、二駆のぽぺこには無理だっ

こんなことで全国ネットのニュースに『犬に逃げられた飼い主、猪に襲われる』なぁーんて
残念な感じで流されたくはないからね(笑)


それと、もう一つ怖いモノが。
山にはつきもの。

スズメバチだっ


140915-2.jpg


毎年、お顔を拝見するが、まだ襲われたことはない。
敷地内を行き交っているが、人間や犬に興味はないよう。

それでも頭上をブーンッと飛ばれたら背筋がぞくっと。
慌てちゃーいけないとはいうが、内心ハラハラ、そろーっと逃げる。
が、そんなときに限って滑ったりして声を出しちゃうもの。

我が家にいるのに、このヒヤヒヤ感って、どうよっ

で、ボスが見つけてきた『ハチホイホイ』
樹液や蜜の芳しい香りでおびき寄せ、ハウスの中に誘い込む。
ススーッと中に入ったら最後。
心も体も幸せに満ち溢れるはずだった空間は、羽を休めたら終わり。
蜜のプールに水没するのみ、止まる場所がないのだ。
おまけに入ってきた入口は出口にはならない。
なんだか、仕掛けがあるらしい。

500円ぽっちのチープなハウス。
こんなんでスズメバチがひっかかるものかと、半信半疑。


が、なんとっ!
一日で10匹程、入居。
二日目には入る隙がなくなり、入居者を強制退去させ、また設置。
すると、ホイホイ、吸い込まれるように入っていく。

自然界にはないデザイナーズ物件にスズメバチたちは喜んでくれたようだ。


140915-3.jpg


けけけっ
甘いわねっ
そんな簡単に、苦労せず楽に得られるものなんてないのよっ

何ごともそうなのよっ
真面目にコツコツ頑張らないとダメっ

みなさんも甘ーい誘惑にはご注意を(笑)


それにしても、どれだけのスズメバチが近隣に住んでいたのか・・・
まだまだ入居者殺到中。

恐ろしーっ